旅行知識

博多にお越しの際は是非♪ 空港にも近い民泊をオープンしました!

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

突然ではありますが、九州福岡にて民泊をオープンいたしました!

今回その紹介といいますか、PRさせてもらえればと思います。

場所について

場所は博多駅から7分の笹原駅という周辺になります。

 

地図通り天神や福岡空港から近い立地

例えば空港から帰着、出発時の前泊や、

博多、天神、大宰府観光の拠点にも使いやすいです。
(それぞれの中間点に立地)

お部屋:IREACO Airport 603

お部屋は「IREACO Airport 603」という名前です。

マンションの1室の民泊施設になっており、6階になります。


↑眺めは結構いいと思ってます♪

部屋は3DKタイプで最大7人まで宿泊可能です。

部屋も区切れるので、最大3世帯までOKです。

赤ちゃんや小さなお子様も安心

ごろっと横になれる低ソファも用意しました。

段差がほぼありませんので、赤ちゃんや小さなお子さんが使っても安心です。

丸クッションはもちろん移動できますので、畳にゴロンとしてもOKです♪

民泊ならではの料理もOK

キッチンには必要な食器や調理器具、冷蔵庫、コンロ、電子レンジは備えていますので、料理もできます。

近くにはスーパーもあるので、買い出しも便利かと(*’▽’)

もちろん洗濯機もあるので、使った衣類を干してもよいです。

あ、テレビももちろんあります。

上記はAirBnbのサイトです。

アゴダやBooking.comでも掲載しています。(手数料の関係で宿泊料は前後します)

IREACO Airport 603のウリって!?

民泊って海外ではもうお馴染みらしいですが、日本人はまだまだって気がします。

僕自身もつい最近初めて民泊に宿泊したぐらいなので(;^_^A

ということで、IREACO Airport 603のウリや民泊のメリットについて紹介していきます。

人数が多いほど安い、泊まりやすい

最近では4人くらい泊まれる部屋も増えてきましたが、

基本的にホテルは2人部屋が多いです。

3人対応も、エクストラベッドで追加料金が発生するタイプが多く、

さらに日本は1人増えるごとに料金が高くなっていくので、

大人数になるほど費用がかかるわけです・・・・。

そもそも大部屋の部屋数もホテルは限られます

 

対して民泊は物件にもよりますが、総じて5人以上泊まれることが多いです。

中には16人泊まれるとかね(笑)

さらに人数が増えたことによる料金の増加が明らかにホテルより安い

つまり人数あたりに換算すると、ホテル・旅館よりもめちゃくちゃ安く済むんです。

ここが訪日外国人に人気のポイント。

IREACO Airport 603も7人まで宿泊可能となっており、大人数ほどお得になっています♪

アットホームで、ホテルよりやれることが多い

民泊は住居用を宿泊施設として貸し出すので、

自分の家で出来ることは基本できると思ってかまいません。

特にキッチンが使えるのは大きいとおもいます。

ホテルにもレジデンスタイプというキッチン付がありますが、

日本は圧倒的に少なく、基本はついていません。

例えば赤ちゃんやお子さん用の料理を作りたい、

ジュースやお酒、お菓子などを買い出しして食べたい、

ちょっと簡単な朝食を食べたいといったニーズにも対応できます。

チェックイン、アウト手続きが要らない

意外に待たされたり、面倒なのがチェックイン/アウトの手続きです。

民泊にもよりますが、基本的に電子錠を使ったチェックシステムを採用しているので、

予約後、私たちホストから暗証番号をお伝えするので、

ドアに設置された電子錠に入力するだけで入室できます。

つまり鍵が不要なので、チェックアウトも何もせず退出するだけでOKなんです。

デメリットってあるの?

ホテルと違うということは、ホテルに対するデメリットもあります。

このデメリットの分、宿泊料が安くできるということですね♪

ハウスキーピングはない

民泊はホテルのように毎日ハウスキーピングがありません。

宿泊前と後だけおこなわれます。

なのでバスタオルなどは最初に提供しているもので使う形になります。

ゴミなども退出後に回収になります。

フロントサービスは受けられない

ホテルのサービスフロントなどはありませんので、

フロントサービスの提供もありません。

ただ何か質問やトラブルの際は、ホストに連絡することはもちろんできます。

民泊によっては大人数だと狭い

民泊物件によりますが、部屋一杯までベッドや布団を置いたりする場所もあります。
(1人用賃貸なのに4~5人泊まるとか)

規則には従っているはずですが、ホテルよりも狭さを感じるところもあるので留意が必要。

IREACO Airport 603は十分に広くとっていますので、そのあたりは安心を。

博多による際は是非使ってください!

ということでIREACO Airport 603と民泊についてご紹介させていただきました!

私は初めはホテル派だったのですが、

やっぱりコスパの良さが民泊は良くて、さらに内装もきれいなところも沢山あるので、

もし民泊を利用したことが無い方は一度体験してみても良いかと思います!

その選択肢の一つとして、IREACO Airport 603も健闘していただければ幸いです(笑)




関連記事

  1. スカイスキャナーの便利な使い方 安いな航空券の買い方とは?
  2. タイ旅行にビザは必要?種類や申請の方法は?
  3. 2019年版!台湾の航空券を安く手に入れる見つけ方、買い方につい…
  4. 韓国旅行にビザは必要?種類や申請の方法は?
  5. 成田⇔グアム《JALビジネスクラス搭乗記》ラウンジ、座席、機内食…
  6. スカイチケットの評判や購入の流れは?安く航空券を買う方法も!
  7. 台湾旅行にビザは必要?種類や申請の方法は?
  8. 成田空港のナインアワーズに泊まってみた!カプセルホテルの感想

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?です。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。

旅行に役立つツール

PAGE TOP