旅行知識

世界68か国で使える海外用格安SIM「変なSIM」を検証。1日単位で使える

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

海外に行く際に、絶対に確保したいのがネット環境ですよね。

最近では無料WiFiが世界的にちゃんと整備されていますが、

やっぱり国や地域、場所によってなかったり、

移動中に使えないネットできない可能性も。

基本的にはネット環境を何らかの手段で整えるのが良いですが、

その方法の一つとして変なSIMがあります。

変なSIMってなに?


HISモバイルページより

変なSIMは旅行会社のHISが提供する、海外用のデータ通信専用SIMです。

最大の特長が世界68か国で使えること、

アプリで1日単位からデータ利用できること、

APNなどスマホの面倒な設定が不要なことが挙げられます。

通常は国ごとに格安SIM設定を行ったり、何日間かまとまった契約が必要にありますが、

変なSIMは国ごとの面倒な手続き不要で、かつ1日単位で細かく利用を選べるのがメリットになります。

つまりは良く海外に行く人、毎回面倒な手続きがイヤな人にはかなり向いています。

金額について

変なSIMを利用するには、初回にSIMカード本体価格1,980円と、

国によって違うものの、主要国では下記の料金で利用できます。

現地で使えるモバイルルーター系のWiFiよりも安く利用できるのがポイントです。

またデータ超過しても低速無制限でつなげることは可能なので、途中でネット接続不可ということにはなり難いです。

1日あたり通信容量200MB 500円
1日あたり通信容量500MB 1,000円
1日あたり通信容量1GB 1,500円
8日間有効通信容量4GB 3,500円
変なSIMを使える主な国

アイスランド、アイルランド、アメリカ、アルバニア、アルメニア、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、ウクライナ、ウズベキスタン、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カタール、カナダ、カンボジア、キプロス、ギリシャ、グアム、クロアチア、ジョージア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スリランカ、スロバキア、スロベニア、セルビア、タイ、チェコ、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ネパール、ノルウェー、ハンガリー、ハワイ、フィリピン、フィンランド、ブルネイ、フランス、ブルガリア、ベトナム、ベラルーシ、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マカオ、マケドニア、マルタ、マレーシア、ミャンマー、モンテネグロ、ラオス、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、ロシア、韓国、香港、台湾、中国、日本

さっそく使ってみました

変なSIMの外装

ということでさっそく利用してみました(*’▽’)

申し込みは後ほど記載しますが、ネットから申し込むとSIMカードが郵送されます。

スマホの格安SIMと同様ですね。

中にはSIMカードがあるので、こちらをスマホに挿します。

ダブルSIM対応なら、ずっと挿入したままでも良いですが、

そうでないスマホも一度設定するために、海外に行く前に挿入する必要があります。

変なSIMのガイドブック

え?自分でやるの不安というひとも全然問題ないです。

挿入の仕方や基本的な流れは詳細にガイドブックにありますし、

挿しこんだら、変なSim専用のアプリをiPhoneならAppストアから、

AndroidならGooglePlayからダウンロードするだけで設定してくれます。

台北で使ってみた感想

まずは日本人の人気観光地台北での計測です。

台北ではいくつかのSIM会社がありますが、

最も台湾ではポピュラー(日本でいうドコモ)である中華電信のSIMと比較しています。

場所は多くの格安航空が発着する桃園空港、

交通の要所である台北駅周辺、少し都心から外れた地域で計測しました!

なお変なSIMは現地に合わせて通信会社が代わり、台湾の場合は台湾之星になります。

場所 中華電信 変なSIM
桃園空港 下り:22.6Mbps
上り:37.4Mbps
下り:29.1Mbps
上り:18.9Mbps
台北駅周辺 下り:16.7Mbps
上り:27.9Mbps
下り:11.42Mbps
上り:25.8Mbps
郊外 下り:8.84Mbps
上り:8.57Mbps
下り:6.18Mbps
上り:10.3Mbps

基本的にネットの快適さは下りのほうが重要ですが、

計測したところ、若干中華電信のほうが上ですがほぼ遜色ない結果になりました(*’▽’)

実際の使用感でも、変なSIMが「遅い!」「繋がらない!」といったことは一切なく、

何も問題なく快適に動かすことができました!

ハワイで使ってみた感想

次も日本人には人気の観光地ハワイです!

ハワイでもポピュラーであるT-Mobileのmostsimと比較しています。

場所はオアフ島内で、

ダニエル・K・イノウエ国際空港、ワイキキ中心市内、北側に位置する郊外(ノースショア)にて同様に計測しました!

なお変なSIMは現地に合わせて通信会社が代わり、オアフ島ではAT&TかT-mobileになります。

場所 T-mobile 変なSIM
ダニエル・K・イノウエ国際空港 下り:11.0Mbps
上り:3.17Mbps
下り:5.31Mbps
上り:2.31Mbps
ワイキキ中心市内 下り:24.9Mbps
上り:16.3Mbps
下り:6.86Mbps
上り:3.93Mbps
郊外 下り:11.35Mbps
上り:6.11Mbps
下り:5.99Mbps
上り:2.15Mbps

ハワイに関してはmostsimのほうが全体的には高めの傾向。

変なSIMはどれも低い結果になっています。

ただし、実際のネットでは遅い!という感じが無く、繋がらないといった場所もなかったので、

まったく問題なく使える感じです。

バンコクで使ってみた感想

バンコクではTrueモバイル、AIS、DTACの3社がメインになりますが、

今回AISと変なSIMを比較しました。

なお変なSIMをバンコクで使用するとDTACになりました。

場所 AIS 変なSIM
スワンナプーム空港 下り:48.4Mbps
上り:45.3Mbps
下り:14.9Mbps
上り:3.57Mbps
プロンポン駅周辺 下り:10.4Mbps
上り:18.1Mbps
下り:1.33Mbps
上り:5.85Mbps
サイアム 下り:3.76Mbps
上り:2.74Mbps
下り:43.1Mbps
上り:5.89Mbps
アユタヤ 下り:4.53Mbps
上り:3.90Mbps
下り:13.2Mbps
上り:17.1Mbps
メークロン市場 下り:5.00Mbps
上り:4.50Mbps
下り:25.5Mbps
上り:5.02Mbps
アリー駅 下り:2.31Mbps
上り:4.34Mbps
下り:13.8Mbps
上り:7.75Mbps

スワンナプームやサイアム、プロンポン駅など、

町の中心街や主要公共施設ではAISが強い印象ですが、

少し市街地から離れた場所、有名観光地であるアユタヤやメークロン市場など地方になると、

変なSIMが圧勝となっています。

全体的には繋がらない場所はなく安心して使うことができました。

変なSIMを使うには?

ここからは変なSIMを使うにはどうするか?について説明していきます。

前提として使用予定のスマホがSIMフリースマホであることが絶対条件です。

SIMフリー以外は使えませんので注意ください。

ご自身のスマホがSIMフリーかわからない場合は、購入先に問い合わせれば答えてくれるかと思います。

HISモバイルページにて申し込み

まずはHISモバイルページから申し込みをします。

名前や住所などを入力すれば、後日郵送にてSIMカードがきますので、

スマホに挿入します。

その後、変なSIMのアプリをAppStoreもしくはGooglePlayからダウンロード、

後は設定画面に従えば、すぐに使える状態になります。

旅行前、もしくは旅行中でOK

変なSIMは毎回使う量だけプラン購入し、何度でも使えることが特長です。

なので海外旅行が近づいたら、事前に日本でプランを購入するのがおすすめ。

旅行中でも使えますが、プラン購入にネット環境が必要なので、

始めはネットできない状態なので無線WiFiが飛んでいる場所でないと購入できないので注意です。

アプリを起動したら、

渡航予定の国を指定と何日間利用するかを選びます。

別に滞在日数と併せる必要はないので、

例えば都心で無線WiFiが利用できそうな期間は利用せず、

郊外に出るなどネット必須!という日程だけ購入するなど、自由に決めてください。

また同様に通常の格安SIMでは連続して何日間利用しなければいけませんが、

変なSIMは最初の2日、中2日利用しないで、最終2日間利用みたいな、

日付を飛び飛びで利用することが可能なのも便利な点です。

プラン購入を進めると、下記のような注意書きが出るのでチェック。

ポイントはプラン購入日から3か月以内まで有効ということです。

なのですぐに利用しなければいけない!ということではありません。

プラン購入を進めて、無事完了♪

あとは使いたいときにプランを使うを選択すれば、

勝手にネットが繋がるようになります。

変なSIMはAPNといったスマホ側の設定が一切不要ですぐネットにつながる点もおおきい。

通常格安SIMは都度設定が必要なので、不要なのは簡単で便利です(*’▽’)

関連記事

  1. 成田⇔グアム《JALビジネスクラス搭乗記》ラウンジ、座席、機内食…
  2. スカイチケットの評判や購入の流れは?安く航空券を買う方法も!
  3. 《ホテル日航成田の宿泊記》シャトルでアクセス!朝食もおすすめ!!…
  4. 台湾旅行にビザは必要?種類や申請の方法は?
  5. ベトナム旅行にビザは必要?種類や申請の方法は?
  6. 韓国旅行にビザは必要?種類や申請の方法は?
  7. タイ旅行にビザは必要?種類や申請の方法は?
  8. スカイスキャナーの便利な使い方 安いな航空券の買い方とは?

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。

旅行に役立つツール

PAGE TOP