ベトナム

ベトナムのフーコック島はどんなところ?最後の秘境で癒される~♪

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)

ベトナムのリゾート地として最近人気なのが、

中部にあるダナンやニャチャンがです。

ただ当然そこ以外にもベトナムには色々なリゾート地があるそうです。

その中でもフーコック島は最近欧米人を中心に徐々に人気が高まっている島。

そこで私も休暇を兼ねていってまいりました!

ここではまだあまり情報源がないフーコック島についてレポートします(^o^)/

フーコック島とは?

『ベトナム最後の秘境』と呼ばれる島で、ベトナムで一番綺麗なビーチと称されるほどの場所です。

最近のベトナムの発展状況は目覚ましいものがあるそうですが、

フーコック島は今なお良い意味で田舎を維持している場所といえます。

大きさは丁度日本の淡路島くらい。

場所はどちらかというとカンボジア寄りで、

ホーチミンの大体西側にあります。

ベトナム人が結婚式のハネムーンで行く島らしく、

フーコック島に行ったよとベトナムの人にいうと、なんども『ハネムーンかい?』と聞かれました(笑)

フーコック島の観光は?何をする?

そんな最後の秘境で何をするか?

私が感じたのは『何もしないことをする』です(笑)

厳密には海やプールでのんびりするために多くの観光客がきます。

もちろんフーコック島にもいくつか観光地があります。

フーコック島の主な観光地
  • ディンカウナイトマーケット
  • ヌクマム工場見学する
  • 胡椒畑見学する
  • ヴィンパルランドで遊ぶ
  • サオビーチで遊ぶ

しかしながら各スポットが島に点在していて非常に行き難く、

そして・・・

はっきりいって交通は不便

田舎の島なのではっきりいって交通は不便です。

電車はもちろん、バスもありません。

現地の人はほとんどがバイクで移動しています。

タクシーはあるのですが流しのタクシーがほぼ無いので、

観光客が細かく移動するにはかなり不向きです。

また東南アジアで有名なランドシェアサービス「Grab(グラブ)」もエリア外でした( ゚Д゚)

 

なので各スポットを周るならレンタルバイクを利用するか、

タクシーと交渉し時間制で貸切る、

もしくは地元のツアーに申し込むことになります。

フーコック島最大のウリは海

とはいえやっぱりフーコック島にきたなら海を堪能することが一番です。

ビーチでのんびりするもよし、シュノーケルするもよし、

ビーチ近くのプールを泳ぐもよし。

とにかくベトナム一番の美しい海と称されるビーチを堪能するのが、

フーコック島とメインです。

フーコック島の海をご紹介!

ということで早速フーコック島の海をご紹介したいのですが、

私が行ったのはベトナムでいうと丁度雨季(4~11月)だったため・・・

どよ~ん・・・・

あ・・・れ?

ベトナムで一番美しい海はどこ?

なんか日本海みたいな海だ・・・( ;∀;)

雨季をなめてましたねえ・・・

ランカウイの時も雨季だったのですが天候が大丈夫だったので、

『今回もいけるだろ~!!』

と思ったのですが当てが外れました。

せっかく海に近いホテルを宿泊したのですが、

思うような景色にはめぐまれず。。。

完全に失敗かと思ったのですが、

 

なんとか最終日だけ晴れました。

日頃の行いが良かったおかげです。

宿やプールからの眺めもなかなか良い感じです♪

海の気温は25~27°くらいで少し冷たく感じますが、

外が暑いので丁度良いです。

ただ透明度は残念ながらそこまで高くありませんでした。

フーコック島の砂浜はサンゴではないため、

波で砂が舞ってしまうことが原因ですね。

海水はご覧のように非常に透明でキレイです。

本来ホテルが多く存在する西側のビーチは透明度が高くないといわれていますが、

その通りだとおもいます。

もっと美しい海を堪能するなら南にあるサオビーチが良いです。

ただしサオビーチに近いホテルはかなり数が限られます。

フーコックのナイトマーケットを訪れる

海のほかに夜はナイトマーケットに観光に行く人が多いのがフーコック島。

私も1日だけ行ってみることにしました♪

フーコック島には一応2つのナイトマーケットがあるようですが、

ディンカウナイトマーケットが一番大きいようです。

こちらは夕方くらいの写真。

まだ何もありませんが・・・

18時以降になってくるとお店がオープンしてきます。

この日はスコールがあったのためかあまり人がいませんでしたが・・・(;゚Д゚)

どちらかといえば屋台はそこまで出店していなくて、

レストランやお土産屋さん、アクセサリー屋さん、名産の真珠屋、胡椒、ナッツ屋さんが多い感じ。

正直規模は決して大きくありませんが、そこがまた田舎町のナイトマーケットという感じで雰囲気があります^^

UFOキャッチャーも。世界中で人気なんですね(笑)
(UFOキャッチャーが置いてある建物は靴を脱いで入館します)

フーコック島といえば海の幸が豊富なので、

シーフードレストランに入ることに。

どの店がおいしいか事前情報がなかったので、こちらにしました。

XU’s RESTRANT。観光客?が結構入っていったので、おいしいかも?

メニューは日本語対応はありませんが、英語には対応しています。

なお定員さんは日本語もちろん、英語ができない人もいるので、

気合で頼みましょう!

事前情報もないので何がおいしいかわからなかったのですが、

とにかく魚介は外せません。

季節的に期待していたウニがなかったので、チーズカキをオーダーしました。

海外のカキって小さかったりするのですが、フーコック島のカキは違いました。

日本の広島や宮城のカキのように大きく

また味も非常にクリーミーでおいしい!!

臭みもなくむちゃくちゃうまいです(*’▽’)

しかも1つ約200円。安っ!

そしてこちらはロブスター!

日本だとロブスターってなかなか食べれませんが、東南アジアの島にいくと大抵あります。

そして日本よりも圧倒的にやすい!
(とはいっても高いけど・・・)

基本的には重さの量り売りで、このときは1kgで8000円。

700gだったので6500円くらいでした。

味はにんにくベースにしてもらったのですが当たり。

身がぷりぷりで、ベトナム特有の塩コショウ+ライムにつけて食べると美味です。

ビールにあう♪

こちらは魚介のチャーハン。

ベトナムの米ってどんなんだろう?と思ったのですが、

日本米とかわらない感じでパラパラしてておいしいです。

しかもよくわからない食欲のそそるソースの味付けで、

ご飯が泊まりません。

変わり種もご紹介。

こちらは何かわかりますか?

カエルです。ベトナムではカエルが食されることがあるそうで。

ここを逃すと食べる機会もなさそうなのでオーダー。

味は噂どおり鶏肉に近いですが、鶏肉よりもサッパリ。魚のカレイに近いかも。

カレイと鶏の中間でしょうか。

味は普通においしいのですが、とにかく食べずらい・・・(;゚Д゚)

カエルの・・・骨格が複雑なのでむちゃ面倒です。

正直カエルが世界で流行らず、鶏肉が重宝されている理由がわかりました。。。

フーコック島の名産も買えるコンビニもある

お腹が満たされた後はお買い物♪

ナイトマーケットでは偽物のストーンアクセサリーや花笠、

置物や民芸品など色々売っています。

が、フーコック島の特別って感じは正直しません。そこで、

ナイトマーケットメイン通り沿いにあるこちらのコンビニへ。

こちらはKING MART。

一般的な日用雑貨品も売っていますが、

フーコック島の名産のコショウやヌクマムに関連する商品が売っていました。

しかも地元のコンビニなので、空港などで買うより圧倒的に安いです。

また有名なベトナムコーヒー類も売っているので、

もしフーコック島だけの滞在なら町のコンビニでお土産調達しちゃうのもありです。

店員さんが簡単な日本語もできていました!

トイレはある?

ナイトマーケットで気になるのがトイレですが、

安心してください。私が確認しただけで3か所トイレがありました。

有料トイレになってしまいますが、1回3000ドン(15円程度)なので問題ありません。

勝手にベトナムのトイレって汚そうなイメージあったのですが、

私が間違っていました。むちゃくちゃ丁寧に掃除されています。

今までいくつか東南アジアいきましたが、もしかしたらベトナムが一番きれいかも。
(TOTO製ばっかだしね)

ちなみに紙は無いので、自分で用意しましょう。

少し予定外だったがのんびりできたフーコック島

本来はもっとフーコック島の観光スポットをご紹介したかったのですが、

あいにくの雨季でままなりませんでしたorz

フーコック島を満喫するなら雨季は避けたほうがよさそうです。

とはいえ、田舎特有ののんびりした雰囲気は日頃の疲れを癒すのには最高でした♪

日本人観光客は少なく、ほとんどが欧米人と中華、韓国人ですが、

だからこそ異国感があって旅!って感じがします。

遊ぶところは少ないですが、のんびーりするなら是非おすすめの島です。

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するポメ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。

関連記事

  1. ベトナム「メコン川ツアー」に参加!教科書に乗っていた情緒を堪能♪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ

当サイトの真の管理人。
来なくて良いのに旅には必ずついてくる。
基本的にサイトのことは副管理人に任せて自分は遊んでいる。

■副管理人

名前:こまたろ

当サイトの副管理人。
もしかしてうさぎにこき使われている。
WEBサイト運営やマーケティングなどを専門にフリーランスとして活動中。

趣味の一つが旅行♪
このサイトは、同じ目的地に旅行を考えている人に少しでも役に立てればと思い立ち上げました。

■はてなマン

名前:はてなマン

疑問に思ったときに突如として現れる。
PAGE TOP