ベトナム

ハノイのフォー‼︎「PHO THIN(フォーティン)」

ベトナム料理といえば米麺のフォーを一番に思い浮かべる人も多いのでは?!
北部のハノイでは、細い米麺のブンが日常的に食べられていますが、フォーが美味しいお店ももちろんあります!

今回は、牛骨をじっくり煮込んだスープが絶品のPhở Bò=牛肉フォーが
有名な「PHO THIN(フォーティン)」をご紹介します。

ベトナム人からお勧めされたハノイの人気フォー店です。

PHO THIN(フォーティン)店内の様子


店の外に調理台がある定食屋スタイル。
朝7:00ぐらいに訪れましたが、既に満席状態
まさに、地元の人に愛されるフォー屋さん!


朝から満席になるほど人気なので、夜にはスープがなくなって早く閉店することもあるそう。
絶対に食べたい!という方は朝、昼に訪れることをおすすめします。

フォーが提供されるまでの時間も短く!
食べると長居する人もいない!
回転率は非常に早い!
ので、満席で待つことになってもすぐに入れます。


ベトナムの食堂あるあるですが、テーブルの下にゴミ箱が設置されています。
しかし、几帳面な国民性ではないのか、ゴミ箱に入りきっていないゴミがテーブル下に散乱しています。

「ゴミが多い=来客が多い」ということで、
テーブルの下を確認すれば人気があるお店を見分けることができますね。


人気店すぎて元の店舗だけでは席が足りず、
2軒隣のカフェがあったスペースにも拡大しています。
本店からトレイに乗せてフォーが運ばれてきます。
さすが、人気店ですね!

ちなみに、先払い制なので注文したら席に座る前に代金を支払いましょう。

メニューはシンプルにフォーのみ!


メニューはフォーボーの一種類のみ。
フォーは、一杯65,000ドン(約310円)!

タイ料理の麺料理は一食の量が少ないですが、
ベトナムの麺料理は量がたっぷりで満腹感を得られます。
優しい味付けなので、お腹いっぱいになっても胃もたれするほどではありません!


注文してから1分ほどでフォーが運ばれてきました。
こちらのお店の特徴は、麺の上に乗った山盛りのネギとパクチー
ちなみに、パクチーが苦手な方は、「ノーパクチー」といえば抜いてもらえますよ。


牛骨をじっくり煮込んだ熱々のクリアスープが堪らなく美味しい!
塩味はあっさりとしていますが、牛肉の旨味がたっぷり溶け込んでいます。

日本では鶏肉のフォーなどが有名ですが、
元々はPHO TIN(フォーティン)のような牛骨スープの牛肉入りフォーがオリジナルと言われています。


店の前に、山盛り揚げパンが置かれていました。こちらも注文可能!
他にも、トッピングとして生玉子5,000ドン(約25円)を追加するとまろやかな味になるそうです。


そのまま揚げパンだけで食べるのではなく、スープに浸して麺や具材と一緒に食べるのがベトナム流
しっかりとスープを吸った揚げパンが最高に美味しい!シチューにパンを漬けて食べる感覚ですかね?!


食べ進めるながら味が飽きてくれば、
テーブルに置かれたジャコウライム、チリソースなどで味を変えながら楽しむことができます。

注文して1分以内に出てくるフォーを食べてすぐに帰る!
まさに、日本のラーメン屋のようなお店でした。

PHO(フォー)とは


ベトナム料理の代名詞「PHO(フォー)」とは、米麺の一種です。
米麺もパスタのようにいろんな形状があるのですが、
フォーはきしめんのように少し平たい形をしています。

小麦粉のうどんよりも軽い食感で、
コシを楽しむというよりもツルツルなすすり心地を楽しむ麺料理です。

フォーに入っている具材はお店によって異なります。

牛肉のフォー

オリジナルのPHO BO(フォー・ボー)は、牛骨をじっくり煮込んだ濃厚スープが特徴!
具材は牛すじ、脂身入り牛肉、生肉など店によって違います。

鶏肉のフォー

日本でも人気が高いPHO GA(フォー・ガー)は、鳥スープに鶏肉が入っています。
牛肉のフォー・ボーよりもあっさりしたスープで朝ごはんにもおすすめです。

お店によっては、蟹入りのフォーもありますよ!

日本にも支店がある?!世界に広がるフォーティン


ハノイの人気店であったフォーティンは、2018年までは1店舗しか営業していませんでしたが、
2019年3月に東京にも支店を作ったことを皮切りに、韓国、インドネシア、オーストラリアなどにも展開しています。

東京にあるPHO THIN(フォーティン)の支店は、
ハノイで同店のフォーに魅了された日本人が本店のオーナーに許可を取ってオープンさせたお店です。

また、ハノイ市内にも3店舗ほど支店があります。
本店では、定番のフォー1種類ですが支店では牛すじの赤ワイン煮込みのフォーなど、新メニューも楽しめるそうです。

本店の食堂という雰囲気が私は好きでしたが、支店の方は空調が効いたレストランなので、
清潔感や気温が気になる方は支店の方がおすすめです。

Pho Thin(フォーティン)本店

電話番号:+84 162 769 7056
営業時間:6:00-20:30
住所:13 Lò Đúc,Ngô Thì Nhậm,Hai Bà Trưng,Hà Nội




関連記事

  1. オバマ元大統領も訪れた!ハノイのブン料理「ブンチャーフォンリエン…
  2. 絶品!ハノイグルメの和え麺が美味しいBUN BO NAM BO …
  3. ベトナムのフーコック島はどんなところ?最後の秘境で癒される~♪
  4. ホーチミンの定番の観光してみて、行ったほうが良いと感じた場所とは…
  5. ベトナム「メコン川ツアー」に参加!教科書に載っていた情緒を堪能♪…
学生時代はアメリカに留学!
海外で働きたいという夢を叶えに
たどり着いたバンコク7年目です。
定番のタイ観光地~美味しいレストランまで
おすすめスポットをご紹介していきます♪
サイト責任者:こまたろ

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。

旅行に役立つツール

PAGE TOP