タイ

インスタ映え!で人気のワットパクナム、隣接のワットクンチャンもいいですよ♪

こんにちは!

観光のベストシーズン乾季に入ったバンコクからトムヤムクンがお届けします。

バンコクには、基本的に3つの季節があります。

雨季(4月後半〜10月頃)
1時間ほどで止みますが、バケツをひっくり返したような激しい雨が降り、雷も多いです。

乾季(11月〜2月)
全く雨は降らずすっきりとした晴天が続きます。中でも、12月〜1月は気温が少し下がります。

暑気(3月〜4月後半)
引き続き雨は降りませんが、痛いくらいの日差しが降り注ぎます。

今回は、インスタ映えとして人気を集める「ワットパクナム」
隣接するB級スポット「ワットクンチャン」をご紹介します。

旅のお役立ちツール

インスタ映え「ワットパクナム」


エメラルド色の天井が美しい「ワットパクナム」
仏塔自体はガラスでできており、
下からライトアップされることでエメラルドのような輝きを放っています。
仏塔の頭上には、多数の星と仏陀(ブッダ)の生涯が描かれた仏教画が描かれています。

5階に足を踏み入れた瞬間、幻想的な世界が広がります!
うっとりと眺めていると時間を忘れるほど!


5階建の白い大仏塔の最上階に、
プラネタリウムのような天井画とエメラルド色に輝く仏塔があります。


1階〜5階までは、階段を利用して1階ごとに上がっていくか、
エレベーターで一気に上ることもできます。

  • 1階:タイの芸術、文化遺産
  • 2階:集会所(宗教儀式などを行う。)
  • 3階:博物館(仏像や資料など)
  • 4階:ルアンポーソッド師の仏像
  • 5階:仏塔と天井画、インスタ映えポイント‼︎

白い仏塔の前にトイレがあります。

日本人には知られてませんが、本堂はこちら!


日本人の間では、エメラルド色の仏塔と天井画で超有名ですが、本堂は別の場所にあります。
こちらの看板の通り、左側が白い仏塔、右側が本堂です。
ワットパクナムの本堂では、タイで新しい座禅を生み出した高僧「ルアン・ポーソッド師」
棺と仏像が安置されています。


こちらの仏像に金箔を貼ることで、良縁と交通安全を祈願できると言われています。


参拝の方法としては他にも、専用の柄杓で油を蓮の花を模した灯明にかける方法があります。


オレンジの袈裟を着た僧侶には、お供え物が渡されていました!


お寺の周りには、僧侶にお渡しするためのお供え物が店が並んでいます。
中には、日用品や食べ物など僧侶が生活で利用できる物が入っています。


仏像の前にある建物の2階に、高僧ルアン・ポーソッド師の棺が安置されており、
仏教の日であった当日は白い衣装を着た人で大にぎわい。


厳しい修行を終えたであろう僧侶と参拝客が念仏を合唱していました。

仏教関連の日にバンコクを訪れる際には、お寺へ行くのもおすすめです!
ワットパクナムだけでなく、各地のお寺で行事が行われているので、タイの地元文化に触れることができます!

仏教関連の祝日にはお寺へ

私が訪れた日は、オークパンサーという仏教の日でした。
旧暦8月のカオパンサーという仏教の日から3ヶ月間厳しい修行をした僧侶が修行を終える日がオークパンサーです。

タイには幾つか仏教の日があり、当日は禁酒日(酒類販売が禁止)になります。

バンコク旅行に行く際は、バーやレストランでアルコールを販売してくれないので、気をつけてください!
ホテル内などでは稀に販売してくれることもありますが、どうしても飲みたい方は、
前日までに購入しておくのがおすすめです。

旧暦の満月の日と決められているので、毎年日にちが変わりますので、
旅行に訪れる年の仏教日(禁酒日)を旅行前に確認しておくことをおすすめします。

隣接するワットクンチャン(Wat Kun Chan)へ

ワットパクナムの観光が終わったら、すぐ隣にあるワットクンチャンがおすすめです。


白い仏塔の前にあるトイレ近くに、このような露店が並ぶ細い路地があります。


タイでは高僧な僧侶のミニ仏像を飾ると幸運を招くと言われており、首から下げている人も多いです。
このお店は、アンティークのミニ仏像を売っているお店。

見る人が見れば、どこのお寺の何という僧侶だということが分かるそうで、
年代と人物によって幸運の大小があるようです。
レアな物や御利益が高いものは高値で取引されています!

この細い路地を抜けて左に歩いていくと、川があります。


橋を渡ると、ワットクンチャンに到着です。
ワットパクナムからは徒歩3分ほど。


橋を渡る前から大きな仏像が三体向き合っているのが目に入ります。


ワットパクナムの荘厳な雰囲気とはうって変わって、テーマパークのような雰囲気のお寺があります。


チープな感じの仏像や涅槃像、動物の像などがお出迎え。
B級な雰囲気漂うお寺で、ワットパクナムとはひと味違いコレはコレであり‼︎


建物の中に祀られている仏像はきちんとしており、地元の人に愛されています。

ワットパクナムへの行き方

ワットパクナムは、ワットアルン、ワットポー、ワットプラケオがある
王宮周辺から車で30分ほどの場所にあります。

王宮周辺から目指す場合は、タクシーで直接向かうのが便利です。

電車で行く場合は、こんな感じです。


BTSシーロム線バンワー行きに乗ってTalatPhlu(タラートプルー)駅に向かいます。
BTSスクンビット線からは、Siam(サイアム)駅でシーロム線に乗り換えましょう。
チャオプラヤー川のボート乗り場として、有名なサパーンクワイ駅を通り過ぎて4駅目がタラートプルーです。

駅に着いたら、2番出口を探しましょう。
駅からは、ソンテウ(乗合バス)、バイクタクシー、タクシーなどでお寺を目指しましょう。


ソンテウが1番安い乗り物ですが、乗合バスのため、待ち時間がかかります。
ソンテウが来たら、「ワットパクナム?」と運転手に聞いてから乗り込みましょう。

バイクタクシーも、ソンテウ乗り場の近くにあります。
オレンジ色のベストを着ているのがバイクタクシーの運転手です。
ソンテウよりも値段は高いですが、待ち時間がないので便利です。
ちなみに、私が利用した時はワットパクナムまで40Bでした。

タクシーは、クーラーが効いているので1番快適な移動手段です。
道端に出て手をお腹の位置ぐらいまで上げて止めましょう。
空きタクシーは、フロントガラスのところにライトが点いています。
ライトが消えている場合は、既に乗車しているという合図です。

タクシーが止まったら、行き先(ワットパクナム)を伝えて、OKであれば乗り込みます。
タイのタクシーは乗車拒否もあるので、気をつけてください。

ワットパクナム・パーシーチャルーン

02-467-0811
8:00-18:00
300 Ratchamongkhon Prasat Alley,Pak Khlong Phasi Charoen,Phasi Charoen,Bangkok 10160

関連記事

  1. タピオカ入りのデザートをバンコクで食べるならここ!Grey Ho…
  2. バンコクのインスタ映えナイトマーケット!タラートロットファイ・ラ…
  3. ワンランク上のストリートタイ料理!セントラルエンバシーを堪能☆
  4. おすすめな老舗タイ料理店♪バンコクのバーンクンメーは親切で美味し…
  5. マッサマンカレーが絶品な南タイ料理の名店!「プーケットタウン」
  6. タイ料理と雑貨選びが同時に楽しめるお店「nearequal(ニア…
  7. タイシルク王が8年住んだ!?ジムトンプソンハウスは行く価値あり!…
  8. 24時間オープンエアで!ローカルタイ料理を楽しめるBanrie …
学生時代はアメリカに留学!
海外で働きたいという夢を叶えに
たどり着いたバンコク7年目です。
定番のタイ観光地~美味しいレストランまで
おすすめスポットをご紹介していきます♪
サイト責任者:こまたろ

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。

旅行に役立つツール

PAGE TOP