タイ

プーパッポンカレーの元祖!バンコク「ソンブーン」本店は美味い!

こんばんは!トムヤムクンがタイからお届けします♪

今回は、お店の看板がすでに蟹!老舗シーフードレストラン「ソンブーン」の本店です。
中華料理とタイ料理が合わさったシーフードレストランとして1,969年創業。

ソンブーンの外観

日本人の口に合う「プーパッポンカレー(蟹のカレー炒め)」が生まれたお店です。

バンコク市内に現在では8店舗ありますが、今回はプーパッポンカレー発祥店で本場の味
楽しみたいということで、「ソンブーン・シーフードレストラン バンタットン店」をご紹介します。
高級シーフードレストランとして知られており、2003年には小泉元首相も訪れたそうです。

「ソンブーン・ディー」という偽ソンブーンもあるので、要注意です!

店の様子

店の前には、生きているシャコ、海老、蟹や魚が水槽に!

立派な伊勢エビもいます!美味しそう!

蟹は紐で縛られていますが、ちゃんと生きていました!

さすがシーフードレストラン!料理に使われている海鮮が新鮮なことが分かりますね。
レストランで注文が入るとここから生きたまま調理場に運ばれて、
美味しい料理となって提供されます。

2階建ての店内は、老舗ですが改装されており綺麗!
ずらっとテーブルが並んでおり、ガラス戸の個室もあります。
1つ1つのテーブルは隣と程よく離れているので、周りを気にせずに仲間内でわいわい楽しますよ。

ソンブーンの日本語メニュー
観光客も多いので、メニューには英語表記や中国語表記と日本語表記もあります。
観光でタイを訪れた人にも安心です。

日本語表記は少しおかしな表現もありますが、
メニューには料理の写真もあるのでどんな料理かは伝わりやすいです。

タイに遊びに来た友人や家族をアテンドすると必ず喜ばれるお店なので、
必ず訪れてほしいお店の1つです!

プーパッポンカレー(蟹のカレー炒め)

ソンブーンのプーパッポンカレー

ソンブーンの「プーパッポンカレー(蟹のカレー炒め)」は、元祖だと言われています。
サイズは3つ。S・420B=約1,470円、M・600B=2,100円、L・1,200B=4,200円。
今回は、1番小さいサイズのSサイズを注文しましたが、蟹が一杯分しっかり入っています。

他の料理も楽しみたいので、4名くらいまでであればSサイズで十分です。

プー=蟹
パッ(ト)=炒める
ポン=粉
カレー=カレー

映える写真を撮影したい人には蟹の甲羅が丸々入ったこちらがおすすめです!
日本でもタイでも蟹を食べるときは無言になるものですね。

タイカレーというと、グリーンカレー、イエローカレー、レッドカレーなど
辛さが激しいカレーが多いですが、プーパッポンカレーは辛さ控えめなので
私の中では辛い料理が苦手な人にもおすすめしたいタイ料理1位の料理です。

しっかりした蟹身の旨みと、ココナッツミルクのまろやかさをふわふわのたまごで
包みこんだプーパッポンカレーは最高!

甲羅から蟹身を取って食べるのが面倒な人には蟹身だけが入った
プーパッポンカレー「ヌアプーパッポンカレー」がおすすめですよ。

濃厚な味わいなので、カレーのお供にはご飯をオーダーすることを
おすすめします。

しゃこの蒸し焼き 1尾850B=約2,975円

ソンブーンのしゃこの蒸し焼き

日本でもお寿司などでシャコを食べることはできますが、タイのシャコはとにかく大きい!
大きいだけでなく、味も濃厚なんです。
今回は、大きなシャコ本来の味を楽しみたいので、蒸し焼きにしました。

他にも、「しゃこのガーリック揚げ」や「しゃこの唐辛子炒め」などがありましたが、
どのメニューも注文は1尾単位で1尾850B=約2,975円です。

割ってびっくり!子持ちシャコでオレンジ色の卵が中心にびっしりと入っていました。
しゃこは1尾まるごとで提供されますが、食べやすいようにカットされています。
硬い殻には切り込みも入っているので食べやすい◎

大きな硬い殻に包まれたしっかりした身と卵が美味しい♪
タイ近海で巨大シャコは獲れるそうで、タイではシーフードレストランに行くと
「海老・蟹」と並ぶほど「シャコ」も定番です。

海老と黒オリーブの熱々鉄板焼き350B=約1,225円

ソンブーンの海老と黒オリーブの熱々鉄板焼き

こちらは、完全にメニューの写真とメニュー名で選びました。
オリーブ感はあまりなく…揚げてある海老がスパイスと一緒に炒められている感じの料理です。

しっかり味なのでビールのツマミに!

苦瓜とオイスターソースの炒め=ヨット・マーラー・ファット・ナムマン

ソンブーンの苦瓜とオイスターソースの炒め

シーフードだけではなく、野菜も食べたいということでこちらも注文。

タイ料理で葉物の炒め物といえば、「空心菜炒め=パックブーンファイデーン」が有名ですが、
私のイチオシは「ハヤトウリの炒め物=ヨー(ト)・マーラー」です。
サイズは2種類、S・160B=約560円、M・220B=約770円です。

少しシャキッとした食べ応えで、日本の山菜のような味わいが楽しめる野菜を
オイスターソースで炒めているので、中華料理のような味です。

日本でも沖縄などでは食べられているそうですが、珍しい野菜なので
タイにいる間にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ソンブーンバンタットン店への行き方

ソンブーンの行き方



BTSナショナルスタジアム駅で電車を降りて、大きな道路沿いに歩いて行きます。
駅から徒歩10分以内です。

大きな道路「Thanon Banthat Thong」を左に曲がって、もう少し歩き続けます。


「CHULA 8」という小道に「ソンブーン バンタットン本店」があります。

ソンブーン・シーフードレストラン バンタットン本店 Somboon Seafood (Bantadthong)

住所:895/6-12 Chula Soi8, Bangthadthong Road, Pathumwan, Bangkok 10330
BTSナショナルスタジアム駅から徒歩約7分
営業時間:16:00-23:30
電話番号:02-216-4203-5、02-216-7999
WEB(日本語): <a href="http://www.somboonseafood.com/index.php/ch/site/home
その他にも、7店舗あります。
ラチャダー店、スラウォン店、ウドムスック店、サームヤーン店、
サイアムスクエア・ワン店、セントラル・エンバシー店、セントラル・ワールド店

学生時代はアメリカに留学!
海外で働きたいという夢を叶えに
たどり着いたバンコク7年目です。
定番のタイ観光地~美味しいレストランまで
おすすめスポットをご紹介していきます♪
サイト責任者:こまたろ

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

関連記事

  1. ワンランク上のストリートタイ料理!セントラルエンバシーを堪能☆
  2. タイシルク王が8年住んだ!?ジムトンプソンハウスは行く価値あり!…
  3. タイスキ発祥の老舗店!コカ・レストランは何を食べても美味しい♪
  4. 土産に!タイ王室御用達アロマブランド「カルマカメット バンコク」…
  5. バンコクのおすすめタピオカミルクティー屋まとめ♪
  6. ジムトンプソンをお得に購入!駅近のアウトレット店
  7. 雨季でも濡れない!エムクオーティエフードホール♪
  8. ワットアルンの夜景が見えるレストラン!スパンニガーは料理も美味し…

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。
PAGE TOP