台湾

台湾式朝ごはん☆台北の人気店「味鼎」で食べる手作りサクサク蛋餅

こんにちは♡Luanaです。

グルメ天国の台湾を訪れる旅行者は、ホテルの朝食を付けないという人が多くいます。

そんな時「せっかくなら台湾式の朝ごはんを食べてみたい!」と思いませんか?

今日ご紹介するのは、個人的にもオススメの人気の朝ごはん店「味鼎」

路地裏にあるカフェのような可愛いお店で、手作りの “台湾式朝ごはん” が食べられます。

サクサクな食感の蛋餅など、オーナーさんのオススメ3品を早速ご紹介しましょう☆

味鼎で食べられる台湾式朝ごはんとは?

メニューは台湾式のクレープやおにぎり、豆乳など・・・たくさんあります!

昔から親しまれている庶民的な朝ごはんが揃い、中には今風にアレンジされている物も。

お店の魅力は、小麦粉を練って作る生地でさえオーナーさんの手作りであるところ♪

特にクレープはサクっと軽い口当たりで、他店にはない美味しさです!

台北で十数年暮らす私は、今回初めてそれを食べてビックリ (´⊙ω⊙`) しました。

小さいカフェのようなお店の外観と内観

住宅の1階にたたずむお店。

こう見ると非常に小さいんですが、

店内は縦長の作りで意外と奥が広そうです。

入り口の所からキッチンになっており、外からでも調理する様子が見られます。

カウンター上に無造作に置かれた黄色い籠は無視して・・・( ̄▽ ̄)
 
とりあえず中に入ってみましょう!

パステルカラーで可愛い店内には、30人位が座れそうです。

正直言ってこのカフェっぽい雰囲気が、ものすごく意外!!

なぜなら私が知る “台湾式の朝ごはん店” と言えば・・・

うちは食堂 (*・ω・)ノ

みたいな所ばっかりなので。

しかも、こちらは50年の歴史があるお店

だから椅子やテーブルがベタついているような、時の流れを感じるお店だと思い込んでいました。

こんな素敵なお店だったとはっ (・∀・)

種類豊富なメニューをチェック

カウンターの真ん中に置かれているオーダー表を見てみると、

内容は日本語でも書かれているから分かりやすい!

種類がたくさんあるので、半分づつチェックしてみたいと思います。

まず、表の左半分に書いてあるのは

  • 蛋餅(台湾式クレープ)
  • 燒餅(焼きクレープ)
  • 飯糰(台湾式おにぎり)
  • 自製品(自家製品/予約制)

燒餅(サオビン)はモチモチ感がないピザ生地、または、表面がカリカリのパンに近いです。

1つのメニューを除き、蛋餅、燒餅、飯糰の全てにチーズまたは卵がトッピング可能

あと他にも、お持ち帰り用で自家製品の唐辛子と蛋餅の生地も売られています。
 

そして右半分には何があるのかと言うと、

  • 饅頭(おまんじゅう)
  • 單品(単品)
  • 飲料(飲み物)

饅頭(マントウ)は中華蒸しパンのこと。

こちらのお店では、ハンバーガーみたいに具を挟んだものが食べられます。

そして注目すべきなのが飲み物!

豆乳や、豆乳を使った物が多いんです。

それらを書き出してみると、

  • 豆漿(豆乳)
  • 無糖豆漿(無糖豆乳)
  • 豆漿紅茶(豆乳入り紅茶)
  • 豆米漿(豆乳のビーナッツドリンク
  • 鮮奶豆漿(牛乳+豆乳)
  • 豆花
  • 鹹豆漿(しょっぱい豆乳)

これは・・豆乳好きの私は・・・

気分が上がってきたーっ o(≧▽≦)o

絶対食べてほしい!蛋餅と鹹豆漿

初めて訪れるお店なので、30歳台くらいの3代目オーナーさんにオススメを聞きました。

「日本人のお客さんに人気があるよ~」と言って教えてくれのが、

  • 豬扒蛋餅加起司(ジューバーダンビンジャーチースー)
  • 漿爆飯糰(ジャンバオファントワァン)
  • 鹹豆漿(シェンドウジャン)

もちろん今回はこの3つをオーダーします!

店員さんの中には、オーダーする際に使う程度の簡単な日本語が話せる人も♪

待っている間にテーブルをチラリ。

置いてある調味料は、お醤油(白い蓋のボトル)と、醤油膏(理科室にありそうな緑のボトル)。

醤油膏(ジャンヨウガオ)はトロミがあるお醤油で、台湾ではよく蛋餅にかけて食べます。

ちなみに私は・・・何もかけない派!

とろ~りチーズと柔らかい豚肉の “豬扒蛋餅加起司”

それでは食レポ始めます♪

まずは豚肉クレープにチーズをトッピングした “豬扒蛋餅加起司”

お皿からはみ出た状態で堂々と登場!

そう言えば、日本のコンビニでも売られている “ブリトー” に見えなくもない蛋餅は、

皮はサックサクで、中には大量のチーズが入っています♡

ほんのりお醤油味の厚めに切られた豚肉は柔らかく、ブラックペッパーがきいた味。

やっぱり調味料は何も付けずにそのままで

かなり美味しいっ (≧∇≦)
 

そして食べている途中に、店員さんが自家製の唐辛子を持って来てくれました。

せっかくだから、ちょっとだけ取って食べてみたんです。

そしたらですね・・・

超激辛っ ( ゚д゚)

あまりの辛さに汗まで出てきました!

「食べる唐辛子」くらいの辛さでしょー、なんて大間違い。

蛋餅の皮だけでなく、唐辛子にもオーナーさん魂が込められています。

95元(約337円)

モチモチ、カリカリ、とろ~りが美味しい “飯糰”

次は、チーズ卵おにぎりの “漿爆飯糰”

台湾式朝ごはんの “おにぎり” は、太巻き型をしています。

前回の記事では、紫米の飯糰が美味しい専門店をご紹介しました!

食べやすいように半分に切られ、それぞれがビニール袋に入っています。

普通の白米ではなく、モチモチな食感の糯米に包まれた具は

  • 油條(香ばしい揚げパン)
  • 肉鬆(甘じょっぱい乾燥肉)
  • 菜圃(たくあん)
  • 半熟蛋(半熟卵)
  • 起司(チーズ)

このようにチーズと卵の他にも、色々と入っています d( ̄  ̄)

とろ~りチーズと半熟卵は安定の美味しさで、チーズが伸びる伸びる♪

香ばしくカリカリの油條を食べると、まるでトンカツとご飯を一緒に口に入れているような食感です。

肉鬆が甘じょっぱいので、おにぎりが全体的に少し甘みがあります。

お腹がいっぱいになること間違いなしのボリュームですよ!

60元(約213円)

熱々を食べたい絶品の豆乳スープ。鹹豆漿

最後に、日本ではなかなか食べられない豆乳スープの “鹹豆漿”

テーブルに運ばれた時、店員さんがラー油を片手に「辛い?」と聞いてきました。

「ラー油いる?」の意味だと分かり、少しだけ入れてもらうことに。

ラー油は普通の辛さなので安心してOK!

鹹豆漿の中にはザーサイ、干しエビ、ネギが、上には油條が浮かびます。

調味料の1つとしてお酢も入っているため、熱々の豆乳が少し固まって、

出来立てのおぼろ豆腐のようになるんです。

別のお店で食べた時は全く固まらないという事もあったので、見た瞬間に思わず

イエス♡ ( ̄▽ ̄) 
 

スープは丁度良い酸味がきいていて、ザーサイのコリコリした食感も楽しめます。

これはもう本当に絶品

60元(約213円)

お店がある場所

 

日本人の旅行者がよく泊まるホテルや、デパートが集まる場所で知られる中山区にあります。

でもお店の周辺には学校、オフィスビル、オートバイ修理店などが集まる、非常にローカルな所。

逆に、こんな場所だからこそ訪れたい夜市「遼寧街夜市」がすぐ近くにあるんです!

HOZさんが下の記事でご案内していますよ☆

ちなみに内湖区にも、オーナーさんのご家族が経営されている「味鼎蛋餅」があります。

同じく手作りのお店ですが、今回ご紹介した店舗の方がメニューは多めです♪

お店の行き方

台北を移動する際に便利な、電車のMRTで行きましょう!

 

緑色の松山新店線、または、茶色の文湖線に乗って「南京復興駅」で下車。

2番出口の出る方向にもよりますが、左または左にUターンをして真っすぐ歩きます。

(遠くに見える “兄弟大飯店” とは逆の方向に進む感じです。)

最初にぶつかる目の前の大通り「龍江路」を左へ

ひたすら真っすぐ歩き、途中にある交番を過ぎたら残りあと少しです!

目の前に “全聯” というスーパーが現れたら・・・

その路地を左へ行くとお店があります。

駅から徒歩7分ほどなのでアクセスも良し。

「味鼎」で美味しい蛋餅と鹹豆漿をぜひ食べてみて!

ご紹介した3品はオーナーさんのおすすめだけあって、全て美味しかったです。

「そんなに食べられない」という場合は、蛋餅と鹹豆漿が特におすすめ!

朝早くからお昼まで営業しているため、早起きの人にも、ゆっくり起きる人にも向いています♪

静かな路地裏にあるカフェのようなお店「味鼎」で、手作りの台湾式朝ごはんを楽しんで下さいね☆

味鼎

住所:台北市中山區龍江路21巷3號
電話:02-2772-3685
営業時間:5:45〜12:00(土日~13:00)
定休日:無休

 

学生時代はハワイで留学。
帰国して航空会社で働いた後、
結婚を機に台北市に移り住む。
台湾の自由奔放さに魅力を感じる、
息子2人のママ&HOUBOUレポーター☆

関連記事

  1. 台北西門町のグルメを堪能!おすすめの観光も行ってみた
  2. 台北の朝ごはん!香ばしさがやみつき「員林商店」の黒米おにぎり!
  3. 【台北東区】旨さ満点!とろ~っとチーズが魅力☆阿琪師小籠包
  4. 台湾人気の阜杭豆漿へ!場所や行列、待ち時間はどうなの?
  5. 台湾の人気B級グルメ!「金峰魯肉飯」の魯肉飯を食す♪
  6. ビバノンノン温泉旅行記♪北投〜紗帽山エリアをタイプ別でご紹介!
  7. 台湾は薬膳も美味しい♡知る人は通う台北の「唐太盅養生燉品甜湯」
  8. 台湾入国直後に役立つ「桃園国際空港」第1ターミナルの施設紹介

カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ

当サイトの真の管理人。
来なくて良いのに旅には必ずついてくる。
基本的にサイトのことは副管理人に任せて自分は遊んでいる。

■副管理人

名前:こまたろ

当サイトの副管理人。
もしかしてうさぎにこき使われている。
WEBサイト運営やマーケティングなどを専門にフリーランスとして活動中。

趣味の一つが旅行♪
このサイトは、同じ目的地に旅行を考えている人に少しでも役に立てればと思い立ち上げました。

■はてなマン

名前:はてなマン

疑問に思ったときに突如として現れる。
PAGE TOP