台湾

台湾のソウルフード!「鼎王麻辣鍋」のピリ辛&酸っぱい火鍋を食べ尽くす♪

你好!チッヒーです。

日本国内でブームの「火鍋」

日本でも食べる機会はあるけれど、やっぱり本場台湾で、火鍋を味わいたいですよね!

今回は、鍋好き台湾人がこぞっておススメするお店「鼎王麻辣鍋」をご紹介したいと思います。

「どんなメニューがあるの?」「お味は??」

など、気になる疑問を、お店の雰囲気、アクセス方法と合わせて、詳しくレポート致します!

旅のお役立ちツール

鼎王麻辣鍋はどんなお店?

台湾で「超」がつくほどの人気店!

元々は、台中忠孝夜市の屋台からスタートしたお店ですが、

30種類以上の漢方を使った身体に優しいお鍋に、一度食べたら忘れられないお味が評判を呼び、

現在では、台北市内に3店、台中市内に3店、桃園・新竹に各1店、高雄に2店、更に台湾のお隣・香港に1店舗のお店を構えるようになりました。

そもそも火鍋とはどんなもの?

「火鍋」の文字を見て、火を噴くほど辛い鍋‼だとイメージする方もいると思いますが・・。

中国語で言う火鍋の意味は、「火にかけて煮込みながら食べる鍋料理」になります。

日本とは異なる火鍋の特徴は、鍋が2つに仕切られており、

片方に香辛料がたっぷり入った赤くて辛いスープ「麻辣鍋(マーラー鍋)」

もう片方に、豚骨や鶏から出汁をとった「高湯(ガオタン)スープ」

といった一つのお鍋で、2種類のスープが楽しめるお鍋です♡

鼎王麻辣鍋人気のお鍋は、「鴛鴦鍋(おしどり鍋)」

スパイシーな麻辣鍋に、酸味のある「東北酸菜(スウヮンツァイ)鍋」の2種類です!

単品でもオーダーが可能ですが、お店に来るほとんどのお客さんは、この鴛鴦鍋をオーダーします!

2種類のお鍋の中に、肉や魚介類、野菜などお好きな具材を入れて、ぐつぐつ煮込みます♡

★高級感溢れる中華スタイル★お店の外観&内観!

お店の外観は、なんともいえない貫禄と存在感‼ 

胸が躍る興奮を抑えながら、早速中へ入ります!

 

店内に入ると、茶系を基調にした落ち着いた雰囲気。

アンティーク感のある木製のテーブル席に、しなやかで美しい花や女性が描かれた漢画が魅力的です♡

椅子の座る部分が日本人に馴染み深き「畳」になっているので、リラックスした状態で、食事を楽しむことができます♪

他、お店に飾られている高級感のある花瓶や

歴史が感じられる鉄製のポットも素敵♡

スタッフはとってもフレンドリー!

洗練されたシックな空間で、家族や恋人、仲間達と特別な時間を過ごすことができます!

日本語も記載あり!鼎王麻辣鍋のメニュー

観光客が多く訪れる「鼎王麻辣鍋」

メニューには、

  • 中国語
  • 英語
  • 日本語
  • 韓国語

で記載されており、店員さんも英語や日本語を話すことができます!

観光客には慣れているので、初めて訪れる方でも問題なしです♪

メニューをめくると、

まずは、お鍋のスープについてのご紹介!

お店1番人気の「鴛鴦鍋(おしどり鍋)」

麻辣鍋&酸菜白肉鍋の2種類のスープです。

こちらは、酸菜白肉鍋、麻辣鍋の単品スープ!

麻辣鍋の辛さは、

  • 小辣(小辛)、
  • 中辣(中辛)
  • 大辣(大辛)
  • 特辣(激辛)

の4段階に分かれています。

辛いのが苦手な方は、小辣にすると良いでしょう!

酸菜白肉鍋の酸味も

  • 小酸
  • 中酸
  • 大酸

の3段階に分かれています。

初めて食べる方は、好き嫌いが分かれやすいスープなので、小酸がおススメです!

お店推薦メニューの数々。

牛リブロースや牛豚2種類のお肉セット!

他、台湾食材ホルモンや中華揚げパン等の8種類‼

次に続くは、

極上の上質なお肉からリーズナブルなお肉までいろいろ選べる「肉類」

そのまま食べても大丈夫!台湾の煮込み料理「燙滷」

お鍋に欠かせない!練り物料理「丸滑」

ちょっとリッチに☆「海鮮」

台湾っぽい鍋具材は、「伝統」から・・

お鍋にマストな新鮮野菜「疏菜」

更に、喉の渇きを潤す「ドリンクやお酒類」です。

 

メニューの最後には、お店でのご利用方式が、日本語で詳しく記載されています!

※お店のシステムが気になる方は、最後のページをご確認下さい。

お店NO1!具だくさん‼病みつきになる絶品火鍋!

今回オーダーしたメニューは以下の7種類!

  • 鴛鴦鍋(おしどり鍋) 【鍋底スープ代1名】TW$150(日本円:約534円)
  • 特級牛肉(特選霜降り牛肩ロース) TW$298(日本円:約1061円)
  • 梅花豬肉(豚肩ロース)TW$288(日本円:約1025円)
  • 豆皮(硬め・揚げ湯葉)TW$98(日本円:約349円)
  • 蛋餃(卵餃子)TW$98(日本円:約349円)
  • 高麗菜(キャベツ)TW$88(日本円:約313円)
  • 韓国不到翁拉麺(韓国風ラーメン)TW$98(日本円:約349円)

 

鉄瓶の急須に入ったサービスのお茶は、スイートな香り漂うピーチティー☆

飲みやすくて美味しい♡

ポットの中のお茶を飲み終えてしまっても、再度お湯を注いでくれます。

 

さてさて、やって来ました~‼ お待ちかね♡ 2つに仕切られた鴛鴦鍋‼

これが食べたかった~♡

鍋が運ばれてきた時から、すでに、具がたくさん♡

麻辣鍋の中には、

  • 滷鴨血(鴨の血の豆腐)
  • 滷豆腐(煮込み豆腐
  • 蒜苗(ニンニクの芽

がたっぷり入っています!(^^)!

プルプル、お豆腐食感の滷鴨血!

スープがしっかり染み込んだ滷豆腐!

こちらの食材は、スープと一緒にどんどん補充してくれるので、食べども食べどもなかなか具が減らない(^^) 

 

もう一方の酸菜白肉鍋にも、酸っぱい酸菜がた~くさん入っていました♡

こちらも同様、スープがなくなれば、スープと一緒に、たくさんの酸菜を入れてくれます!

チッヒー

発酵食品である酸菜には、酵素やビタミンCががたくさん含まれています!

毛穴対策、シミ予防、緩和、お肌のハリ感を高める美容効果が期待できるんですよ!

更に、豚肉と合わせることで、糖質の代謝を助ける働きがあり、ダイエット中の方にもおススメです!

両方とも、食べ応えアリアリ‼

熱々の煮立ったお鍋の中に、お肉・キャベツ・豆皮・蛋餃を、均等に入れて、いただきま~す!

お味は噂通り!

バターや選りすぐりの野菜&フルーツ、数十種類の香辛料を混ぜ合わせた麻辣スープは、

芳醇な香りと旨味が楽しめる絶品スープ!

辛さは、小辣にしたので、若干の辛さはありますが、口当たりはまろやかなので、スープだけでも飲みやすい!

小学生の子供も食べられました。

酸菜スープは、とにかく酸菜の酸味が中毒的にくせになる♡

どちらもすごく美味しいけど、筆者はどちらかというと、酸菜鍋の方が好きかな(*^^*)

 

一通り食べ終えたところで、ご飯とタレを取りにいきました。

2種類のタレ(麻辣鍋用と酸菜鍋用)に刻み葱

炊飯ジャーの中にホクホクの白米があります。

ご飯はおかわり自由のセルフサービスになっています♡

第二段開始!

ご飯を食べながら、お肉をタレにつけて食べる♡

薄くスライスされた牛肉や豚肉は、鍋に入れてから、6秒後ぐらいが食べ頃だそうです。

お店で、一番お手頃なお肉をオーダーしましたが、柔らかくて美味しかったです★

※お肉の煮すぎには注意しましょう!

最後の〆には、ラーメン!(^^)!

その間にも2回ほど、スープや具材の補充に、店員さんがきてくれました♡

休日だったので、90分の時間制限がありましたが、60分を過ぎた頃には、満腹すぎて動けず・・(*ノωノ) 

残りの時間は、お茶を飲みながら、まったりと過ごしました。

鼎王麻辣鍋への行き方は?

台北市中山區に位置する「鼎王麻辣鍋(長安店)」

最寄駅は、松山新店線「松江南京站」

4番出口を出たら、駅を背にして、松江路を直進します。

EVAGREENのホテルを超えて、遠東国際商業銀行の信号手前を左折します。

長安東路沿いをそのまま直進します。

左手に、パイナップルケーキの有名店「台北犁記(Taipei Leechi)」があります!

更に超えてまっすぐ歩くと、左側に、鼎王麻辣鍋店があります!

斜め向かい側には、台北火鍋有名店「老四川」もありますよ!

↓↓↓

お鍋といえば・・以前、Luanaさんがご紹介した「長白小館」の酸菜白肉鍋もおススメです!

松江南京站の2つ隣の駅、「台北小巨蛋(Taipei Arena)」駅の近くには、

人気の台湾式朝ごはん屋さん「秦小姐豆漿店」があります。

ご参考にして下さいね♡

鼎王麻辣鍋の基本情報!

  • スープ1種類につき、お一人様120元がかかります。鴛鴦鍋の場合は、お一人様150元。
  • 1テーブルにつき650元のミニマムチャージが設定されています。
  • 単体鍋を注文した後でも、150元を追加すれば、鴛鴦鍋に変更が可能です。
  • 鴛鴦鍋は、麻辣鍋+白だし鍋にすることも可能です。白だし鍋の場合は、酸菜ではなく、キャベツ或いは白菜に変更になります。
    野菜の追加は有料になります。
  • 土日祝日等の混み合う時間は、90分の時間制限があります。
  • 食材の持ち込みは原則禁止ですが、清掃料として100元の支払い義務があります。
  • アルコール及びドリンクの持ち込みは、1本毎につき、100元の追加料金があります。
  • お店で注文したスープは、持ち帰り(打包=ダーバオ)が可能です。
    その際にお包みする袋は、2元かかります。
  • お会計は、10%のサービス料がかかります。

夏は、汗をダラダラ流しながら食べる火鍋。冬は、身体の芯から温まる火鍋。

一年を通して、美味しい火鍋をお楽しみ下さい!

以上、鼎王麻辣鍋レポでした♡

鼎王麻辣鍋

住所:台北市中山區長安東路二段131-1號

電話:02‐2507‐8018

営業時間:11時30分~4時00分

Website:鼎王麻辣鍋(線上訂位から席の予約が可能です)




関連記事

  1. 台湾グルメ&お土産の聖地「永康街」の魅力に密着レポート
  2. これぞ人気の台湾式トロトロお粥!台北「三娘香菇肉粥」の朝ごはん
  3. 台湾スイーツトといえば⁉の有名店!伝統の味を守る「古早味豆花」
  4. 世界のグルメ屋台が集結!台湾MAJIMAJI集食行樂へぶらり散歩…
  5. 台北「長白小館」の超おすすめ火鍋!酸味が人気の酸菜白肉火鍋
  6. 台北「蘇杭餐廳」の人気メニュー☆ミシュランおすすめのグルメとは?…
  7. 絶品アイスが食べられる♡台中「第四信用合作社」の美味しいスイーツ…
  8. ここ知ってる?台北「737夜市」と絶対はずせない台湾の屋台グルメ…

台湾在住歴12年!フリーライター。
2006年に台湾人の主人との結婚を機に台北の隣・新北市に移住。
来台後、台湾師範大学語学センターにて中国語を習得。
日本語教師を経て、現在は、自営業である宝石店に勤務する傍ら、
台湾グルメ・観光情報・子育て・生活・美容などの記事をWebメディアで発信中!
趣味は、週末に台湾グルメを食べ歩くこととジムで身体を鍛えること!
ポーセラーツにもハマっています。
皆さまの為に役立つ台湾情報を発信したいと思います。

サイト責任者:こまたろ

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。

旅行に役立つツール

PAGE TOP