台湾

MRT搭乗レポ☆超簡単!台湾・桃園国際空港から台北駅への行き方

こんにちは♡台湾在住のLuanaです。

海外から台湾を訪れる多くの人が利用する「台北松山空港(臺北松山機場)」と「桃園国際空港(桃園國際機場)」。

市内にあって入国後の移動がラクな台北松山空港は、羽田-台北間の便が就航して以来、私たち日本人にとっても人気があります。

一方の桃園国際空港も、2017年に桃園メトロ(MRT)が開通し、台北市内へのアクセスが非常に便利になりました!

最近、そのMRTに乗って第1ターミナルから台北駅へ行ってみたので、切符の買い方から車内の様子について、搭乗レポをお届けします☆

MRT乗り場への行き方は?

1階到着ロビー南側の奥にある、

こちらの通路を通って出発ロビーの方へ向かいます。

その突き当りにあるエスカレーター、またはエレベーターで地下2階へ。

そして、MRTの表示に従って歩いて行くと

改札口に到着です。

Luana

何か飲んだり食べたりしたい時は、途中の地下1階にあるフードコートが便利。
MRTの改札口を通った後は飲食禁止です。

時刻表の調べ方は?

MRTの時刻表は、こちらの桃園メトロの日本語ウェブサイトで簡単に検索できます。

https://www.tymetro.com.tw/tymetro-new/jp/index.php

実際に検索してみましょう (・∀・)

最初に現れる画面の右下の「時刻表と運賃の検索」で内容を選択していきます。

  • 列車の種類 クリックすると快速列車と普通列車(直達車)を選べる。両方見たい時は “全体”  
  • 乗車駅 クリックして乗車駅を選択
  • 到着駅 クリックして到着駅を選択
  • 日付 枠の中をクリックして表示されるカレンダーから選択
  • 時間 クリックして出発時間を選択

例えば、桃園国際空港の第1ターミナルから台北駅までだと画面はこんな感じ。

“検索” をクリックすると

選んだ出発時間以降にある10本のMRTの時刻が分かります。

“更に早い(遅い)列車” の所で、表示されている時刻表の前後にある時間帯も検索可能。

また、その下には運賃に関する情報も細かく載っています。

乗車券の買い方は?

乗車券は、トークン(コイン式乗車券)と、ICカードの2種類。

買える場所は様々で、販売機、インフォメーション窓口、サービスセンターがあります。

片道トークンを販売機で買う

販売機が改札口の手前に並んでおり、

紫色の「單程票售票機」と書かれた機械で、トークンが買えます。

では早速、1~3の番号に従って操作してみましょう (・∀・)

1: 画面をタッチすると、

運賃も分かる路線図が表示され、黒く塗りつぶされている所がここの第1ターミナル駅。

行き先の「台北車站」を押して、その下にある「購買張數」の所で枚数を選びます。

2: 台北駅までの乗車券1枚分150元(551円)をこちらから投入。

お札とコインの両方が使えます。

入れた後に少し待っていると……

3: 下から紫色のトークンや、お釣りが出てきます。

簡単ですねっ ( ̄▽ ̄)

ICカードを販売機で買う

こちらの4種類はMRTだけでなく、バス、コンビニ、提携しているお店でも使えます。

カード代が100元(約367円)かかりますが、無期限で使える上に、運賃割引などの特典付き。

日本のSuica的な使い方が出来るので、台湾をまた訪れる可能性がある人にはおススメです。

そして、中でも最も多く使われているのは悠遊卡(EASYCARD)

現地で暮らす人は誰もが知っていて、私の周りで持っていない人はいません d( ̄  ̄)

青色の「售卡・加值機」と書かれた販売機でICカードが買えます。

トークンと同じように、順番に従って操作すればOKです!

分からなくても、近くに立っている係の人が優しく教えてくれるので、心配ご無用。

その他にもある購入場所は、こちらの記事でチェックしてみて下さい d( ̄  ̄)

 

外国人旅行者専用の割引トークンとICカード

改札口に辿り着く少し手前に、こちらのカウンターがあります。

改札前の販売機で買うのと何が違うのかと言うと……

  • 外国人旅行者が買える
  • 販売機と比べると、片道5元/往復10元(約18円/37円)安い
  • クレジットカード支払いのみ

割引はあるし、クレジットカードも使えて旅行者には嬉しいんですが……

大変混んでいるカウンターなので、買うまで時間がかかります (; ̄ェ ̄)

MRT乗り放題!ICカードのセット

滞在中はもっぱらMRTで移動!という人にはおススメの「ジョイントチケット(JOINT TICKET)」。

空港の往復と、主に台北市内を走るMRT乗車券のお得なセットです。

  • 桃園メトロ往復乗車券+台北メトロ48時間乗車券 520元(約1908円)
  • 桃園メトロ往復乗車券+台北メトロ72時間乗車券 600元(約2202円)

台北メトロの乗車券は、改札口を通った時点から継続して48/72時間は乗り放題です☆

こちらのジョイントチケットは、下記の窓口とカウンターで買えます。

購入場所1: 桃園メトロ駅インフォメーション窓口(詢問處)
  • 台北駅
  • 空港第1ターミナル駅
  • 空港第2ターミナル駅


 

購入場所2: 桃園国際空港MRTサービスカウンター(桃園國際機場捷運服務)
  • 第1ターミナル1階
  • 第2ターミナル1階

他にも、回数券や、日本の「南海電鉄」「京成電鉄」の乗車券とのセットなどもあります。

詳しくは桃園メトロのサイトにある、乗車券についての案内を確認して下さいね。

https://www.tymetro.com.tw/tymetro-new/jp/_pages/travel-guide/ticket.html

MRTのホームはどこ?乗り方は?

乗車券を手に入れたら、改札へ向かいます。

「感應區」と書かれている所を、トークンまたはICカードでタッチします。

ピッ♪と音がしたら中に進みましょう。

ホームは下の階にあるため、目の前のエレベーターか

その脇にあるエスカレーターで降ります。

Luana

エスカレーターの奥にトイレがあるのが分かりますか?
MRTの中にはないので、利用する場合はこちらで♪

 

普通車と直達車。台北駅へは直達車に乗るべし!

降りる途中に、台北行きは2番ホームと書かれた案内を発見。

あれ? (。・ω・。)

青色の “普通車” と、紫色の “直達車” がある……。

というわけで、2つを比べてみます☆

普通車
  • 台北駅までの時間 50分
  • 始発列車 台北駅方面 06:07
  • 最終列車 台北駅方面 23:36
直達車
  • 台北駅までの時間 36分 
  • 始発列車 台北駅方面 05:59
  • 最終列車 台北駅方面 22:58

普通車と直達車は各々が15分間おきの発車で、交互にホームに入ってきます。

時刻表を確認したところ、全ての直達車が先発の普通車よりも8分早く台北駅に到着

だから。

とにかく早く台北駅に辿り着きたいっ ( ̄(工) ̄)

という人は、迷わず直達車に乗りましょう!

Luana

ただし、23時台は普通車のみの運行なので気を付けて下さい。

 

直達車に乗ろうと決めた直後、先にホームに入って来たのは普通車でした。

せっかくなので、ちょっと中を覗いてみると……。

日本の地下鉄みたいな感じですね!

そして、その数分後に直達車がやってきました☆

まるで新幹線。MRT直達車の快適な車内と乗り心地

さて、車内はどんな感じでしょうか (・∀・)

まず目に入ったのが、ドア付近に設置されているスーツケースなど大型の荷物が置ける場所

そして、ぐるっと全体的に見てみると……

先ほどの普通車とは違って、まるで新幹線のように座席が配列されています。

写真に写らなかった所もあるので、1車両が結構広いです☆

ドア付近にあるのは優先席。

座席は前向きと後ろ向きの両方があり、床に固定されているので回転させられません

座る場所によってはMRTが後ろ向きに走るような感じになります。

だから、酔いやすい人は注意が必要かも知れません。
 

座った時に感じる広さは飛行機のエコノミークラスくらい。

目の前には折り畳み式のテーブルがあるので、つい飲み物やお菓子を置きたくなるんですが……

やっぱり飲食禁止でした  (; ̄ェ ̄)

でも!

大きな窓から外の景色がよく見えるし、

無料のWi-Fiだってあります♡

そして、最も重要なMRT自体の乗り心地は、日本の新幹線みたいに音も静かで揺れが少ないので

とっても快適 ヽ(*´∀`)

到着したらトークンは返却、カードはタッチして出る

台北駅に到着したら、まずエスカレーターで上の階へ。

そして改札口を出る時、トークンの場合は投入して返却。

ICカードの場合は乗る時と同じように、「感應區」をカードでタッチします。

MRTを利用すれば桃園国際空港から台北がとっても近い!

台北市内で暮らす私は、今まで桃園国際空港は遠くて不便だと思っていたんですが……。

今回MRTに搭乗してみて、素直に “近いし便利” だと感じました!

しかも日本人の利用者が結構いるので、台湾初心者でも安心して乗れそうです。

更に近くなったと思える台北に、皆さん、どんどん遊びに来て下さ~い ヽ(*´∀`)
 

学生時代はハワイで楽しく留学。
日本に帰国後、航空会社で働き
2003年の結婚を機に台北市へ移住。

現在は中高生の息子2人を相手に
日々奮闘する生活を送りながら、
自由奔放で魅力にあふれる台湾の
HOUBOUレポーターとして息抜き中.。.:*☆

サイト責任者:こまたろ

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

関連記事

  1. 見どころ満載!300年の歴史を誇る台湾新荘「廟街夜市」のグルメ♪…
  2. 台北人気の朝ごはん!モーニングを食べるならココ!「永和豆漿大王」…
  3. 台湾高級茶と小籠包の人気コラボ♡台北レストラン「金品茶樓」
  4. 台湾で人気の仙草って?美味しいお店「來點」とおすすめ品を教えます…
  5. 台北松山空港の近く!「小上海」で食べる肉汁たっぷりの熱々小籠包
  6. 栄養満点モーニング!台北「秦小姐豆漿」のおススメメニュー5選!
  7. 妖艶な雰囲気に圧倒!!「梧州街観光夜市」で過ごす魅惑の夜
  8. ここ知ってる?台北「737夜市」と絶対はずせない台湾の屋台グルメ…

カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。

旅行に役立つツール

PAGE TOP