台湾

古跡もあるよ!台湾の老屋を利用したスターバックスが雰囲気◎

台湾の町を歩いていると、なんだかレトロで懐かしさを覚える風景が視界に飛び込んでくることがあります。
それは例えば、赤い煉瓦の建物だとか、精緻なレリーフの刻まれた建物だとか、ミントグリーンの框の窓のある建物だとか。
そうした一昔前の風景は、日本では今や数少ないエリアでしかお目にかかることができませんが、
そんな「懐かしい」と感じられるような風景が今も現役でそこここに残っているのが台湾という国です。

もちろん故意に残されているものもあれば、偶然残っているものもあります。

また昔の風景を再現するために新しく建てられたものもありますので、
新旧については建物ごとに確認する必要があります。
とにかく、懐かしさを感じる町並みの中に、30年〜50年以上も昔のものや台湾がまだ日本の統治下にあった頃から存在する建物、
それより更に昔からある建物が存在していたりするのです。
しかもそれらの建物のうちのいくつかは、現在も十分使用に耐えうるものとして、普通にお店として利用されていたりします。
日本語でいうところの古民家のようなそれらの建物は中国語で「老屋(ラオウー)、老房子(ラファンズ)」などと呼ばれるのですが、
何がすごいって台湾ではそうした歴史的にも価値のある建物を、チェーン店のカフェがバリバリカフェのイメージ通りに内部を改装、
店舗として使用していたりするところです。
台湾の有名なコーヒーチェーン店で老房子を利用した店舗を経営しているものといえば「85℃」「路易莎咖啡(Louisa Coffee)」などがありますが、
今回はそうした老房子の店舗をもつチェーン店から「星巴克」、スターバックスの老房子店舗をご紹介いたしましょう。

 

台北観光の王道、西門町にある老房子スターバックス


MRTのグリーンラインとブルーライン、2本の路線が交わる所、西門
西門の駅を出てすぐ目の前に広がる西門町は、台北観光の王道というべき有名観光地のうちの1つです。
西門町に足を踏み入れれば、視界に飛び込んでくるのは人、人、人。その大半は、おしゃれに着飾った若者たち。
若年層向けの店舗やアミューズメント施設の多い西門町は、いわば若者たちの交流の場。
そんな若者たちが友達同士やカップルで楽しくおしゃべりしながら歩いている様は、
渋谷のセンター街や原宿竹下通りを彷彿とさせます。

そんなエネルギッシュで若者らしい活気に溢れた西門町ですが、大きく発展し始めたのは日本人の娯楽町として栄え始めた1900年頃からでした。
100年以上もの歴史を持つエリアというだけあって、日本統治時代に建てられた建物を始め、

比較的古い時期に建てられた建物もいくつか残っています。
1908年に落成した西門紅樓やもとは真言宗の弘法寺で戦後に媽祖廟となった西門町媽祖廟など、
時代の流れを写し取った建物をいくらか見ることができるのですが、
比較的新しいものでは、1982年に建てられた旧「蓮苑」という建物を挙げることができます。
蓮苑はもともと、1980年代に救国団という団体が建築士数名を招いて作った自習スペースでした。
建築物としての完成度の高さから、その年の「中華名國建築師雜誌獎」の銀牌獎(獎は賞という意味)を獲得しています。
その蓮苑を改装する形で作られたのが、現在のスターバックス漢中門市です。

こちらのスターバックス、注文カウンターのある一番下の階はこぢんまりとしているのですが、
カウンター脇の階段を登って2階へ上がると、その上に巨大な空間が広がっていて大変に驚かされます。
内部の構造としては、各階のフロアが建物の壁に沿うように作られており、中央は天井までまるごと吹き抜けになっています。
そうした建物の構造も、空間を大きく解放的に見せるのに一役買っているのでしょう。


一番上のフロアには席が配置されておらず、そこから展望台のような形で階下を見下ろすことができます。
温かい空気が上に登る性質がある都合一番上のフロアは暑くてあまり長居はしたくないですが(一番上のフロアには空調がないので)、
高いところから下に広がる空間を見下ろすというのは、なんとも心地が良いです。

台湾人も外国人旅行客も多い西門町のスターバックスというだけあって、土日に訪れるとなかなか席が見つからないという難点はありますが、
それでも西門町に行ったときにはぜひ訪れてみていただきたいです。
台湾のスターバックスの中では老屋を利用して開店した店舗の第1号店だそうですよ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

星巴克 漢中門市

住所:台北市萬華區漢中街51號

最寄駅:MRT西門駅(台北駅から板南線で3分)

営業時間:8:00〜23:00

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

迪化街から歩いて行けるところにある老房子スターバックス

MRT北門駅を出て北上したところにある迪化街は、台北に残る古い市街地のうちの1つ。
古くから営まれているお茶屋さんや乾物の問屋があったり霞海城隍廟の月下老人が有名なことなどから、
西門町と並んで多くの観光客が足を踏み入れるエリアです。

迪化街をがある大稻埕エリアが発展し始めたのは1850年代。
艋舺を始めとしたいくつかのエリアで住民同士の争いが勃発し、
争いに負けた人々がこの地に移り住んだことにより人口が増加していきました。

のちに同じく淡水河の水運を利用していた艋舺エリアが土砂の堆積により船の停泊に不都合をきたすようになったため、

貿易の中心が大稻埕に移り変わっていったという、なんとも皮肉な経緯を経て発展していった場所でもあります。

淡水河の水運を利用した交易が盛んで、淡水港が開港した1860年代には茶葉貿易、
日本統治時代に入ってからはそれに漢方薬や繊維などの商品も加わり、町はどんどん栄えていきました。

それら当時の交易商材は、今なお当時の面影を色濃く残した迪化街の其処此処で、
商品として取り扱われているのを見ることができます。

そんな大稻埕の一角で当時の面影を今に伝えているのが、スターバックス保安門市です。

スターバックス保安門市は、大元はパイナップルの缶詰の販売により財をなした葉金塗さんという商人の邸宅でした。
大稻埕に建てられた建物の様式は作られた時代によって少しづつ異なるため、同じエリアの中に閩南式、洋楼式、バロック式など
複数の建築様式の建物を見ることができるのが特徴です。こちらの邸宅はそのうちバロック式の様相を呈しています。


外側は鮮やかな赤いレンガの建物で、外部のレリーフの一部に、
屋号である「金泰享商行」から取った「泰」という字が刻まれているのを見ることができます。
レリーフの下にパイナップルの彫刻があるのが可愛らしいです。

内部はいかにもスターバックスらしいモダンな家具やライトが配置されています。
古い豪邸らしい高い天井の下、それらの家具にたくさんの人が腰掛けて楽しそうに会話している様を見るのは、
どこぞの富豪の家のサロンにでも迷い込んでしまったような錯覚をおぼえさせます。

窓の外に見えるマッサージ屋のオレンジ色の看板のほうが却って不釣り合いに思えてしまう、そんな不思議な空間です。

こちらも日曜の昼などに訪れるともれなく満席御礼ですので、その場合は気長に席が空くのを待つ必要があります。
上の階へ上がるための階段がカウンターと直結していないので、一度店の外に出て専用の階段を登ってくださいね。
ちなみに、表題は迪化街から歩いていけると記載していますが、一番近いMRTの駅はイエローラインの大橋頭駅です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

星巴克 保安門市

住所:台北市大同區保安街11號

最寄駅:MRT大橋頭駅(台北駅から淡水信義線と中和新蘆線で9分)

営業時間:7:00〜22:30

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

台北駅からも歩いて行くことができる老房子スターバックス

台湾は1895年〜1945年までの50年間、日本政府が統治していた時期がありました。
台北駅からレッドラインに乗って台大醫院駅で降りると、駅の付近にいくつか日本統治時代に建てられた建築物を見ることができます。
駅の名前にもなっている台大醫學院舊館を始め、駅のすぐ隣にある二二八和平公園と公園内にある國立台灣博物館や、
重慶南路沿いにある台灣總統府と司法院。
少し範囲を広げれば、西門町の近くにある中山堂や北門の真ん前にある台北郵政なども、
日本統治時代に建てられ、多少の改修工事を経つつも今でも現役で活躍している建築物たちです。

このようにして数多く日本統治時代に建てられた建物が残っているエリアにも1つ、

老房子を利用して営業しているスターバックスの店舗があります。

店舗の名前はスターバックス重慶門市

1899年に日本の辻利茶屋が台北で茶舗を営んでいた建物を利用したスターバックスの店舗です。

こちらの店舗もカウンター部分は比較的小さくいつも混雑しているのですが、
注文カウンターを抜けて上の階へいくと、2階、3階ともに広い飲食スペースが広がっていてとても驚かされます。

窓が大きく設計されており、3階のフロアには強い日差しを防ぐためか、

天井から床まで届く長くて分厚い緞帳のようなカーテンが架けられていました。
このカーテンは勝手に開けても問題ありませんが、建物の採光がめちゃくちゃ良いので、
晴れている時に開けるとちょっと暑そうです。

2階にはカーテンは掛かっていませんでした。

台大醫院駅か西門町駅から行くのが比較的近いですが、台北駅からも十分歩いて行ける距離のところにあります。
付近の歴史ある建築物めぐりと一緒に訪れてみてください。
お店の扉の向かいに清光緒〜民国初年間の写真が掛けてありますので、そちらも忘れずに見てみてくださいね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

星巴克 重慶門市

住所:台北市中正區重慶南路一段104號

最寄駅:MRT台大醫院駅(台北駅から淡水信義線で2分)

営業時間:7:00〜21:30(金土は〜22:00)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

龍山寺へのお参りと共に訪れたい老房子スターバックス

台北で古い町並みが残されているところといえば、なんと言っても艋舺です。
艋舺とは現在の萬華區にあたるエリアのことで、台北でもっとも古い時期から発展したエリアです。
1700年代に開墾が始まったという長い歴史を持つため、艋舺龍山寺や剝皮寮をはじめ数多くの古跡を有しているのです。
ちなみに、西門町もこちらのエリアに含まれるんですよ。

こちら艋舺エリアの老房子スターバックスへ行きたかったら、MRTブルーラインの龍山寺駅で下車し、
艋舺服飾商圏側の出口から地上へ出ましょう。
道路の反対側の艋舺公園を横目に、和平西路三段から西園路一段の方へ曲がってそのまままっすぐ進んでいくと、
やがて萬華林宅という名称の台北市市定古跡が見えてきます。


レンガづくりの洋館であるこの建物、龍山寺のある方から見るとただの(?)市定古跡なのですが、
建物の前を通り過ぎて古跡の方を振り返ると丸い緑地に白で抜かれたセイレーンの看板が洋館の壁に貼り付けられていて、度肝を抜かれます。
そう、この市定古跡こそが、スターバックス艋舺門市なのです。

こちらの建物は1930年代に建てられた建物。
台北市の市定古跡に認定されたのが2000年で、2016年にスターバックス艋舺門市として営業をするようになりました。
1階と2階はスターバックスの飲食スペースとして提供されていますが、
3階部分は時間を限定して開放されており、老房子の古跡らしくガイドさんによる案内ツアーなどが行われています。


かといって1、2階に老房子らしい雰囲気が残されていないかというと決してそういうことではなく、
当時より使用されていると思しき扉などがガラスケースに覆われていたり、2階のスペースを映像資料室として開放したりしています。

映像資料室のあるスペースはもともとは厨房だったのだそうな。

また1階から2階に登るためには大変風格のある階段を登ります。
石造りの階段はつるつるしていて雨の日などは怖そうなのですが、
冷たい石の素材でできているはずのそれが却って温かみを帯びたもののように見えのは、
この階段が長らく人の暮らしを支えてきたものだからでしょうか。

右を見ても左を見ても雰囲気抜群の素敵な店舗です。


こちらの店舗を訪れる際は、ぜひともこの店舗だけで味わうことができるサイフォン式のコーヒーを注文して、
それを味わいながら、ゆっくり過ごしてくださいね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

星巴克 艋舺門市

住所:台北市萬華區西園路一段306巷24號&26號

最寄駅:MRT龍山寺駅(台北駅から板南線で5分)

営業時間:7:00〜21:30(土日は8:00〜)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

台北から少し足を伸ばした港町、基隆にある老房子スターバックス

基隆は台湾の最も北に位置する市です。
目的地にもよりますが、台北から基隆へ行こうとすると、バスで行っても電車で行っても、大体基隆港の前で降りることになります。


基隆港は、水深の深さと太平洋に接しながらも基隆島と和平島が外界を遮る形になっているという地形的な条件から、

天然の良港と称されています。
そうした理由から古より外海からの侵攻を受けた地でもあり、古い時代には豊臣秀吉の侵攻(これは途中台風にあったため引き返した)、
1600年代にはスペインと北上してきたオランダの侵攻を受けてます。
港が急速な発展を遂げたのは清朝の統治下にあった頃です。
その後日本の統治時代にも発展を遂げ、一時は淡水港や高雄港を超えて、台湾一の貿易額を誇る港にもなりました。
これはおそらく、日本から一番入港しやすい港が基隆港であったためでしょう。

軍事港の役割も果たしていたため、太平洋戦争下では米軍の攻撃を受け、壊滅的な状態にもなりました。
以前和平島を訪れた時に、和平島を案内してくださったガイドさんが同島に残された防壁の銃眼(銃を出すための小さな窓)を指さして、
ここから海の上を狙うのだと教えてくださったのが妙に印象に残っています。

今でこそ港の前の丘にハリウッドの如く設置された「KEELUNG」の文字を仰ぎながらのんびり海を眺めてぼんやりすることができる町ですが、
そこに至るまでに大変な経緯を経てきたエリアでもあるわけです。

さて、そんな基隆にも1つ、老房子を使用したスターバックスがあります。
場所は基隆港の中正公園側、「KEELUNG」の文字を背中にしつつ基隆公會堂と接する川沿いの道に入り、
1つ目の角を曲がって少し行ったところにあるのが、スターバックスの義14門市です。
薄い茶色の外観に金色のレリーフが飾られているのが、なんとなく豪華客船を想起させます。
なんだかいかにも港町に建てられた洋館らしい雰囲気を持つスターバックスなのです。

こちらの建物が建てられたのは1950年代で、建物はルネッサンス様式の風格を帯びています。
壁に施された彫刻や柱は当時のまま保存されているそうです。

帽子のようにカーブを描いた屋根の部分も特徴的です。

窓の配置の関係か適度に暗い空間は、訪れる人を落ち着いた心地にさせてくれます。

午前中の静かな時間に訪れて、のんびりと読書などするのに適しているかもしれません。

ただ……私は日曜日に訪れたのですが、午前中はまだ人もまばらで落ち着いていたのですが、

午後からはお客さんが増えて大変に混んでいました。

午前中の静かな時間に行くのがおすすめです。

階段のところにある八角形の窓も当時のままのものなのだとか。

この窓、八角形ではありますが、ちょっと舷窓っぽくて面白いなぁと思います。港町だけに。
こんな風に店内の色々な所を観察して、いろいろな発見をしてみてくださいね。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

星巴克 義14門市

住所:基隆市中正區義一路14號

最寄駅:台灣鐵路基隆車站(台鐵台北駅から50分程度),

基隆火車站バス停(國光客運臺北車站からバスで1時間程度)など

営業時間:7:00〜22:30(金土は〜23:00)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

台北から少し足を伸ばして第二弾、鶯歌にある老房子スターバックス

台北から台灣鐵路に乗って1時間ほどのところに、鶯の歌というなんとも風流な名前の町があります。
鶯歌は新北市の行政区画のうちの1つで、市の西側に位置しています。
老街という昔の建物や景観を保存したエリアが残っており、観光地として週末には多くの人で賑わうエリアです。

鶯歌の名産品といったら、なんと言っても陶磁器です。
この地に陶磁器の作り方が伝わったのは200年ほど前。陶土が豊富で水もあったことから、陶業が発展していきました。
今では大小様々の陶磁器企業がこの地に会社を興し、「台湾陶磁器の郷」と「台湾陶磁器の都」という2つの呼び名を冠しています。
老街のあちこちで色とりどりの陶器が販売されていて、訪れる人の目を楽しませます。

そんな陶磁器の街にある老房子スターバックスは、さすが陶器の街らしく、入り口の前にでかでかと陶器のモザイクの看板が据えられています。
「陶瓷老街」という瓶の形のレリーフも鮮やかなスターバックス鶯歌門市の老房子は、

しかしそのレリーフのインパクトにも負けない華やかな外観をしています。
赤い煉瓦の壁に幾重にも取り付けられたベランダは白く、その白が煉瓦の赤と対比して、はっきりとした印象を受けるためです。
ベランダに取り付けられた背の低い勾欄は女兒牆といって、中華圏の建築物に見られる勾欄の1種だそうです。


そんなインパクトある外観のスターバックス鶯歌門市ですが、

内部は老房子らしい雰囲気の残るエリアとスターバックスらしいモダンな雰囲気が混交しています。

鶯歌というエリア自体が芸術方面にも力を入れているということもあり、
そうした新旧混交した街らしいスターバックスであるといえばそうでしょう。

老屋の雰囲気を存分に味わいたいのであれば、道路に面している側の席に座ると良いでしょう。
2階であれば当時の面影を残した木製の框の窓から、建物をぐるりと囲うベランダと女兒牆を見ることができますよ。
大きな家のなかから外を垣間見る深窓の千金(お嬢さん)になったつもりで、優雅なひとときをお過ごしください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

星巴克 鶯歌門市

住所:新北市鶯歌區育英街67號

最寄駅:台灣鐵路鶯歌車站(台北駅から台灣鐵路で30分程度)

営業時間:7:00〜21:30(金土日は〜22:00)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

台湾で今や2つしか操業していない製糖工場の近くにある老房子スターバックス

台湾といえば日本より暖かな気候を持ち、その気候によって収穫することのできる農産物も異なります。
かつて台湾が日本の統治下にあった頃、日本政府がその気候の違いを利用して台湾で大量生産を試みたもののひとつに、砂糖があります。
そうした理由でかつての台湾では、数多くの製糖工場が操業されていました。
今ではその数は大分減ってしまい、台南と雲林の二箇所に製糖工場が残っているのみです。

その製糖工場が残されているエリアのうちの1つ、雲林の虎尾ですが、
製糖工場の他にも同じ時期に建てられた建物がいくつか残っています。
現在は雲林布袋戲館として利用されている旧雲林郡役所やそのすぐ隣にある郡守官邸として建てられた雲林故事館などがそうですが、
その2つの建物の向かいにもう一つ、高い塔のようなものがついたコンクリートの建物があります。
こちらの建物が老屋を使用したスターバックス虎尾門市です。

こちらの建物、もとは何の建物だったかというと、消防署だったのだそう。
日本統治時代、製糖工場のある虎尾の街に火事が起こっては大変ということで、工場からほど近いところに消防署が建てられました。
建物に取り付けられた塔は、どこかで火事が起きてはいないか、

また火災が発生した際にはどこでそれが起こっているかを確認するための火の見櫓です。


建物の内部に入ると、消防士が出動要請を受けたときに速やかに階下に降りるために利用する滑り棒が残されています。
この建物は、第二次世界大戦後も消防署兼派出所として活躍を続けたのだとか。
そうして活躍してきた歴史がこの建物をそう見せるのか、他の老房子スターバックスとは異なり無骨な様相を呈しているのが、なんともらしいです。

建物の内部はこんな感じ。

こちらはもし台北から行く場合は、高速鐵路で雲林まで行きそこからタクシーで直接行くか、統聯などの高速バスで訪れる必要があります。
折角ですから、冬季限定で操業している雲林の製糖工場の操業期間にあわせて訪れてると良いでしょう。
その時期だけ運行している、サトウキビをいっぱいに積んだ列車を見ることができるかも知れませんよ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

星巴克 虎尾門市

住所:雲林縣虎尾鎮林森路一段491號

最寄駅:台湾高速鐵路雲林車站(台湾高速鐵路で1時間半→雲林から虎尾行きのバスで15分程度)、

各客運のバス停(統聯客運で3〜3時間半程度)など

営業時間:7:00〜22:00(金土は〜22:30)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

まとめ

台湾のちょっと特殊なスターバックス、いかがでしたでしょうか?

現在台湾には7つの老房子スターバックスがありますが、一番最近営業を開始した鶯歌の老房子スターバックスが2017年からの営業ですから、

この先まだまだ台湾国内に老房子スターバックスが増えていくのではないかと思っています。

 

ちなみに台湾のスターバックスのウェブサイトを覗いてみると「門市」という項目があって、
最寄のスターバックスを調べることができます。
この同じページ内に「特色門市」として今回ご紹介した老房子スターバックス

(ウェブサイト上では舊建築門市と記載されています)が紹介されているのですが、

舊建築門市のほかにもう一つ、

ユニークな建築物を利用したスターバックスの店舗を紹介している項目があります。

それぞれの建物が個性的な外観をしているので、こちらもこちらでとても面白いです。

台湾を訪れた際には、ぜひお泊りのホテルの近くにこうした一風変わったスターバックスがあるかどうか、
検索をかけてみると意外な発見があって楽しめるかもしれませんよ!

台湾が好きすぎて、ワーホリビザを利用し渡台した神奈川県産女子。
ワーキングホリデー期間中に仕事が見つかったのをいいことに、そのまま台湾に(合法的に)居着いて現在に至る。
都市部で美味しいものを食べ、古い町並みや廟を見るのも好きなら、海で泳いだり山を登ったりするのも好きと、
割と節操なく色々なところに出没しては遊び倒している。
主な燃料はコーヒーとミント。
時間がある時はよく新北市や台北市のカフェを巡って徘徊している。
最近は平日は看板猫のいるカフェでだらだらコーヒーを飲み、休日は海か山にいることが多い。

関連記事

  1. 台湾101の欣葉食藝軒のコース料理を食べてみた!
  2. 隠れた名所!?台湾北部最大「三井アウトレット林口」のみどころは?…
  3. 台北で美味しい麺が食べたい!台湾人おすすめのお店「林文必涼麵」
  4. 台北の鼎泰豐 (新光三越A4)に行ってみた!本店より空いている!…
  5. 台湾で運気UPの旅!林口のパワースポット竹林山寺へ参拝に行こう
  6. 世界のグルメ屋台が集結!台湾MAJIMAJI集食行樂へぶらり散歩…
  7. 台湾グルメ&お土産の聖地「永康街」の魅力に密着レポート
  8. 台湾人気の阜杭豆漿へ!場所や行列、待ち時間はどうなの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ

当サイトの真の管理人。
来なくて良いのに旅には必ずついてくる。
基本的にサイトのことは副管理人に任せて自分は遊んでいる。

■副管理人

名前:こまたろ

当サイトの副管理人。
もしかしてうさぎにこき使われている。
WEBサイト運営やマーケティングなどを専門にフリーランスとして活動中。

趣味の一つが旅行♪
このサイトは、同じ目的地に旅行を考えている人に少しでも役に立てればと思い立ち上げました。

■はてなマン

名前:はてなマン

疑問に思ったときに突如として現れる。
PAGE TOP