台湾

東アジア最大規模!人気の動物達が大集結「台北市立動物園」ナビ!

你好!チッヒーです。

東アジア最大、広大な敷地面積に、たくさんの動物が生息する台北市立動物園!

台北観光で動物園は、ちょっと・・なんて思っている方!

一度訪れてみて下さい!

日本の動物園とは180度違った、興奮と感動が体験できる動物園です!

恐らく片手以上は訪れている筆者ですが、何回行っても飽きません!

今回は、動物園の見どころや園内施設、チケット料金、行き方を詳しくご紹介致します。

広大な規模を誇る「台北市立動物園」

台北市立動物園は、猫空のふもと「木柵」に位置します。

園内マップはこちら↑

9つの屋外エリアに6つの室内展示館。教育館、食事処、記念品ショップなど、

敷地面積165haある超大型動物園です。(東京ドーム約35倍‼)

行き方&入場料は?

【交通情報】

  1. MRT
  2. BR文湖線の終点「動物園駅」1番出口下車。

    駅を降りて、右側を直進します。

    徒歩5分以内で到着!

    チケット売り場右側の公衆電話が動物モチーフ♡

    可愛い(*^^*)

  3. バス
  4. 台北市内から236(含區間車)、237、282(含副線)、294、295、611、676、679、793、小12、棕3、棕6、棕11(含副線)、棕15(含區間車)、粽21、1501、1503、1558

  5. タクシー
  6. 台北市内から約15㎞圏内になるので、料金はおおよそ500元前後です。

【購入方法&料金】

こちらの自動発券機から入場券が購入できます。

発券機では、

中国語・台湾語・客家語・日本語・韓国語・英語が対応! 

WOW!グローバル‼

料金は、

  • 大人TW$60(日本円:約204円)
  • 優待券TW$30(日本円:約102円)※18歳未満の方、学生証提示。
  • 未就学児は無料です。

安いっ( ゚Д゚)

チケットを無事購入!

全票専用場所のゲートにカードを通して、入場します!

また、入場券を購入しなくても

  • Easycard(悠遊卡)
  • iPass(一卡通)
  • HappyCash(有錢卡)
  • icash2.0(愛金卡)

上記4種類の電子マネーをICカードリーダーにタッチすれば入場することができます。

園内を楽しく回る為の心得

  1. 見たいエリアを決める
  2. 全エリアをゆっくり見て回るとなると、入園時間から閉園まで1日かかります。

    時間が限られている方や小さいお子様をお連れの方は、園内マップにて、行きたいエリアを決めて回るのが良いでしょう!

  3. 園内シャトルバスを利用する
  4. シャトルターミナル駅(動物園の入り口付近)⇔鳥園ターミナル駅までを運行するシャトルバスがあります。

    実は、動物園全体がちょっとした山になっているので、結構坂がありキツイです。

    バスに乗って上まで行き、降りて見て回るか、

    各屋外エリアを見て回った後、バスにのって動物園の入り口まで戻ることができます。

  5. UV対策は万全に!
  6. 帽子・日焼け止め・サングラス・日傘等を用意しましょう。(特に夏場は必須!)

    夏の暑い時は、熱中症対策も必須です!

  7. 虫よけスプレーを使用する
  8. 緑豊かな園内は、多くの蚊や虫がいます。

    デング熱を予防する為にも、虫よけスプレーを使用し、なるべく肌を露出しない衣類が好ましいでしょう。

    虫よけスプレーは、各売店・サービスセンターにて販売しています。

  9. ベビーカー/車いすのレンタルサービスが利用できる
  10. 入り口右側の遊客服務中心(サービスセンター)・鳥園ターミナルの2か所にて、輪椅與娃娃車租借(車いす/ベビーカー)のレンタルができます。

    ベビーカーは、一台あたり50元/預り金1000元。(ベビーカー返却時に、預り金は返金)

    身長105㎝以下、体重20㎏の乳幼児対象。

    車いすは、預り金1000元・身分証明書の提示が必要。

    筆者も以前、子供が小さい時にベビーカーを使用したことがあり、とても助かりました!

動物好き必見!おススメエリア紹介‼

入園すると、目の前にフラミンゴがお出迎え!

ここから右側は、台湾動物区、左は、子供動物園区と道が分かれます。

まずは、この2つのエリアを飛ばして、保全大道(メインストリート)に沿った各動物エリアへ進みます!

今回筆者が回ったエリア&プランはこちら↓

チッヒー

熱帯雨林区→パンダ館(※整理券の時間によります)→砂漠動物区→カバ広場のフードコートでランチ→アフリカ動物区→温帯動物区→爬虫類館→鳥園→鳥園ターミナルから園内シャトルに乗って、園内バスターミナルへ→コアラ間→子供動物区

【熱帯林区】

豊かな自然がある熱帯雨林区は、木々が生い茂るジャングルをイメージ!

広大な自然に囲まれているので、動物園にいることを忘れてしまいそうなエリアです♪

ここには、

アジアゾウ

マレーバク

オラウータン!ワイルドすぎる。

他、

  • ベンガルトラ
  • ヒョウ
  • コツメカワウソ
  • フクロテナガザル
  • カピパラ

などの動物が生息!

特に興味深かったのが、
天井が高~い室内ドーム状の「熱帶雨林室內館(穿山甲館)」

この施設内には、

くちばしがオレンジ色のオオハシ

ナマケモノ

オウム

これはキジ?かな・・??

近距離で、動物の生態を見ることができて、大興奮‼

アマゾン川流域に生息する淡水魚もたくさんいました!

大きな水槽の中で優雅に泳ぐ魚達!これだけでも見る価値ありです。

※毎月第二月曜日休館

【新光特展館(パンダ館)】

台湾で大人気のパンダ館!

パンダは中国語で、大熊猫(dàxióngmāo) と言います。

入り口から5分ほどの場所にあるパンダ館ですが、

週末は入口にて、パンダ館へ入場できる整理券が配られます。

整理券に記載している時間帯に合わせて、いざ入館!

円錐状の建物の中に・・パンダがいました~♡

前回は、お昼寝中だった為パンダの姿も見れず、大混雑で、人を見に来たような感じだったのですが(*ノωノ)

今回は、入館者が少なかったので、ゆっくり見れました♪

無邪気に遊んでる‼

愛くるしい(*^^*) 

週末でも時期や時間帯によっては、ゆっくりと見学することができます!

とはいえ、大抵は混雑が予想されるので、平日に訪れた方が良いでしょう。

※毎月第一月曜日休館

 

パンダ館には、PANDA SHOPがあります!

ぬいぐるみなどのお土産類が販売されています!

更に、この施設の2階には、「猫熊餐廳」というレストランがあります!

パンダを上から眺めながらお食事が楽しめます♪

 

運がよければ、施設の外にいるパンダを見ることもできます!(見学自由)

うん、やっぱり可愛い♪

 

さて、次の目的地へ!

メインストリート上にある太陽光発電時計の横を通りすぎて、砂漠動物区へ!

【砂漠動物区】

乾燥した大地に生息する動物!

砂漠のイメージといえば、ラクダ⁉

フタコブラクダです‼

他、ロバ・アダックスが生息。

ここは、小さなエリアでした。

【オーストラリア動物区】

砂漠動物区同様、小さなエリアになります。

  • コアラ
  • オオカンガルー
  • ヒクイドリ

が生息!

残念ながらコアラの姿が見られませんでした・・

【アフリカ動物区】

人気の動物達がほぼみられるといっていいほど、

見ごたえありのアフリカ動物区!

キリン

グレビーシマウマ

カバ

シロサイ

デカくてびっくりしたゾウガメ

赤ちゃんを腕に抱くゴリラ

ケンカの様子を間近で観察!アヌビスヒヒ

ライオンもいたのですが、お昼寝中・・

写真だとよくわかりませんが、結構至近距離で見られます!

サバンナに身を置いている気分で、動物の生態が観察できました!

【温帯動物区】

温帯動物区の目玉!ペンギン館‼

館内は少しヒヤッとします。

よちよち姿で歩く皇帝ペンギンに癒されました♡

ペンギンの種類がたくさんあって、よくわからないのですが、

一般的な黒白が特徴のケープペンギン⁉も可愛かったです♪

※毎月第二月曜日休館

他、このエリアには、

  • ヒグマ
  • レッサーパンダ
  • ツキノワグマ

・・がいるようですが、みかけませんでした・・冬眠中?

美女と野獣のモデル「アメリカバイソン」

もいるのですが、お食事中の為、お尻しかみられず・・残念。

【両生爬虫類館】

90種類以上の爬虫類が生息!

トカゲ

カエル

これ何??

爬虫類詳しくないから、よくわからない(*ノωノ)

他にも、亀やヘビ・・等、ここでしか見ることのできない珍しい爬虫類がいました!

博物館で開かれているような展示場もあるので、爬虫類の生態を学ぶことができます。

※毎月第三月曜日休館

 

すでにいろいろなエリアを回ってきているので、お疲れモードの筆者。

一通りさっと見て回って、次のエリアへ!

【鳥園広場】

解放度100%!バードウォッチングが好きな方は、大興奮する場所!

オウム、キジ、クロツラヘラサギ、トキ、ハト、ペリカン、ワシタカ、カモ

など、135種類、1200羽の鳥達が生息しているエリアです!

 

入り口はこちらから↑

鳥達が外へ飛んでいかないようになっています。

中へ入ると、仕切りがないので、自然に最も近い形で、鳥達を観察することができます!

えっ・・(*’ω’*) 近すぎちゃってどうしよう⁇ 

煌びやかなオーラを漂わせている君は??

孔雀~‼

美しすぎる。一瞬で一目ぼれ♡

 

その後は、メスの元へ・・

この子↓ 

写真に収めることができませんでしたが、羽を広げる求愛のポーズも見れました♡

チッヒー

一番興奮と感動のあったエリアでした♡

【コアラ館】

オーストラリア区ではお目にかかれませんでしたが、コアラ館には、たくさんのコアラがいました♡

コアラって結構大きいんですよね!

ママコアラが子供をおんぶしている姿にきゅんきゅん♬

【子供動物区】

コアラ館の真横にあります!

お散歩中のアルパカに遭遇!

ラクダもいました。

最後に訪れたエリアとあって、疲労感MAX!

手前だけ見て、奥までいくのは断念・・

ここには、

  • アライグマ
  • アカハナグマ
  • ミーアキャット
  • ロバ
  • ポニー
  • 水牛
  • ブタ

といった農村動物が見られます♪

動物園内のレストラン&カフェ!美味しいの?

動物園内の飲食店→Cafe&Resturant

たくさんのお店がある中で、今回、筆者が利用したレストラン・カフェは2か所!

「石尚熱雨珈琲館」

熱帯雨林室内館内にあるカフェで休憩しました!

蜜香紅茶をオーダー!

ホワイト一色のシンプルなカップです。

屋外フードコート「河馬広場」

  • モスバーガー
  • 鳥井亭(どんぶり、麺類)
  • 黒面蔡(ドリンクスタンド)
  • 頂呱呱(ファーストフード店)

のお店があります。

今回は、台湾版ケンタッキーの頂呱呱(T.K.K. Fried Chicken)のセットメニューをオーダーしました!

●TW$290(日本円:約1,021円)

 

チキンは、安定の美味しさです。

太めのポテトは、ほんのり甘めのサツマイモを使ったフライドポテト!

そして、筆者おススメの「頂呱包」!

見た目はチキン⁉ですが、

チキンの中に台湾の油飯が入った肉巻きフライおにぎりです!

結構カロリー高めですが、旨いです!

 

駱駝(ラクダ)店限定のスイーツも惹かれました。

青蛙珈琲店の鶏蛋糕(蒸しカステラ)も人気です!

動物園の入り口には、マクドナルド、コンビニがあります。

園内、至る場所に、レストラン、カフェ、自動販売機、コンビニ、飲水用機器があります。

食事には困らず、美味しく食べられるので、お弁当を持参する必要はありません!

悠々楽々!園内シャトルバスに乗ろう‼

園内シャトルターミナル⇔鳥園ターミナルを結ぶシャトルバス。

鳥園ターミナルです。

4車両あるので、大人数を運ぶことができる快適列車バス!

山を下っているのがわかります。風が気持ちいい~!

あっという間に、入口近くの園内ターミナルに到着!

園内シャトル

運行時間:午前9:00~午後5:00

片道料金 TW$5(日本円:約17円)※4種類の電子マネー使用可/未就学児不用

最終列車時刻:園内ターミナル午後4:30/鳥園ターミナル午後5:00

鳥園ターミナル⇔猫空ロープウェイ動物園駅をつなぐ猫空ゴンドラ専用シャトルバスも運行しています。

動物園駅から、猫空へのアクセスが便利です!

猫空の記事はこちらから。

↓↓↓

猫空ゴンドラ専用シャトルバス

運行時間:午前9:00~午後4:40(最終便)

片道料金 TW$5(日本円:約17円)※4種類の電子マネー使用可/未就学児不用

※毎月、第一月曜日を除く月曜日は、ゴンドラのメンテナンスの為休業。

見ごたえ度100%!行ってよかった動物園♡

台湾が誇るビッグ規模な動物園はいかがでしたか?

今回、残念ながら台湾動物区と昆虫館、虫の谷はご紹介出来ず((+_+))

・・でしたが、

雄大な自然あり、近距離で動物の生態が観察できるBIGな動物園だということはお分かりいただけたかと思います!

ご自身のプランに合わせながら、シャトルバスを使って、効率よく園内を回ってみて下さいね。

体力がある方は、動物園から、猫空へも行ってみて下さい!

台北市立動物園

住所:台北市文山區新光路二段30號
営業時間:9時00分~17時00分(土・日曜日は、8時30分)
公式HP:Taipei Zoo




関連記事

  1. 一度は見たい!台湾の絶景!台中「高美湿地」鏡張りの美しい世界
  2. コンパクトながらも美味しいものがたくさん!遼寧街夜市へ行ってきま…
  3. 台北人気No1!美好年代のタピオカミルクティーパンケーキ♡
  4. 台湾の人気B級グルメ!「金峰魯肉飯」の魯肉飯を食す♪
  5. 台湾の新幹線(高鐵)の購入・予約方法、乗り方は?
  6. 台湾高級茶と小籠包の人気コラボ♡台北レストラン「金品茶樓」
  7. 龍山寺近く「周記肉粥店」量と値段が変わる!?人気の台湾式朝ごはん…
  8. 虎山渓流が美しい☆都会の桃花源ユートピア「虎山親山歩道」へハイキ…

台湾在住歴13年!フリーライター。
2006年に台湾人の主人との結婚を機に台北の隣・新北市に移住。
来台後、台湾師範大学語学センターにて中国語を習得。

日本語教師を経て、現在は、自営業である宝石店に勤務する傍ら、
台湾グルメ・観光情報・子育て・生活・美容などの記事をWebメディアで発信中!
趣味は、週末に台湾グルメを食べ歩くこととジムで身体を鍛えること!

皆さまの為に役立つ台湾情報を発信したいと思います。

サイト責任者:こまたろ

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

カテゴリー記事一覧

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。

旅行に役立つツール

PAGE TOP