台湾

日本の昼ドラロケに登場♡小籠包の達人が作る台北「明月湯包」

こんにちわ!チッヒーです♡

今回は、台北101からほど近い小籠包の名店!「明月湯包」からグルメレポートをお届け致します!

なんと!こちらのお店は、観光ガイドブックに掲載される有名店であり、「花嫁のれん」という以前日本で放送されていた昼ドラに使用されたお店です。

台北市内に、本店と支店の2店舗を構え、地元民はもちろん、日本人にも大人気の小籠包が食べられると評判なんですよ!

今年も台湾グルメを!

そして台湾に来たら、絶対に食べたくなる小籠包を食べて、元気いっぱい過ごしていきましょう!

台北在住の日本人も太鼓判を押す「明月湯包」とは?

明月湯包(支店)の外観

2001年創業、赤い看板が目印の明月湯包!

・・何やら、小籠包の達人がいるといわれるお店。

そんな小籠包達人は、オーナーの張明煌(チョウミンフォアン)さん。

台北の有名老舗ホテル圓山大飯店で修業を積んだ後、独立。

2004年小籠湯包亞軍的獎項(小籠包の料理コンテストで受賞)、2008年にもネット投票による10大人気店の一つとして賞を獲得!

台湾人の胃袋はもちろん、日本人もの胃袋を掴む豊富なメニューが盛沢山。

人気の秘訣は、化学調味料一切不使用。

素材の味を生かした料理をモットーに小籠包や餃子の皮、一枚一枚を手作りしていること。

そして、数々の困難を乗り越え、味の探求に努めてきたオーナーだからこそ作れる味が明月湯包にあるからです。

明月湯包の本店と支店に訪問!徹底リサーチ!!

意外や意外、目と鼻の先にある本店と支店。

赤い看板が左右に見えるがお分かりですか?

さてさて、本店と支店に違いはあるのでしょうか?

気になるお店の雰囲気、メニュー、味をリサーチしました(^^)/

ローカル感漂う明月湯包本店!

お店の雰囲気

明月湯包(本店)の外観

こちらが、2001年最初にオープンした本店。

基隆路沿いにあるこじんまりとした商店街の一角にある小吃店です。

明月湯包(本店)の内観

店内は6席。約20名ほどが座れる小さなスぺ―ス。

小さなお店であるがゆえ、お昼時は、すぐに満員!

席待ちのお客さんにテイクアウトのお客さんと外に列ができるほどになっていました。

席の横には、お店の厨房あり。

そして、ガラス越しに見える厨房では、小籠包達人!オーナーの張さんが、小籠包の生地をこねていました!

忙しそうだったので、声はかけられず・・。

店内の壁には、数々の賞が飾られています。

どんな小籠包なのか・・食べるのがワクワク!楽しみになりますね!!

明月湯包のメニュー

明月湯包のメニュー

小吃店によくみられるメニュー表が壁に立て掛けてあります。

こちらを見てオーダー!

・・ではなく、このようなオーダー用紙に、注文する個数を記入して、お店の人に渡すスタイルです。

すべてのメニューは、中国語で記載。

明月湯包の日本語メニュー



日本人だとわかると、「明月湯包にようこそ」と書かれた日本語のメニューをみせてくれます。

ちなみにお店の方は、日本語及び英語はあまり通じません。

割と若めの男性店員さんは、片言の日本語を日本人観光客に話してたかな?という感じでした。

リピーター続出!グルメファンも釘付け!明月湯包のお味は?

いただいたメニューは、こちら↓

  • 蝦仁絲瓜湯包(8粒)$210
  • 抹茶小包(8粒)$170
  • 圓盅燉雞湯 $140
  1. さっぱり味が魅力!「蝦仁絲瓜湯包」
  2. 明月湯包の蝦仁絲瓜湯包

    蝦とヘチマの小籠包!中ぶりな小籠包が8個入

    もちあげてみるとけっこう弾力があります!

    皮は、他のお店と比べると薄くもなく、厚くもなくといった中間的なちょうどよい感じで、食感はモチモチ。

    お決まりの、中身をみてみると、小さく刻んだヘチマがたっぷり。

    小ぶりなエビもゴロっと入っているので、食べ応えありです。

    小籠包に含まれるスープもたっぷり入っているので、文句なしの一品!

    ヘチマの甘みが生かされて、ヘルシーに、さっぱりといただきました(*^^*)

  3. デザートに食べたい「抹茶小包」
  4. 明月湯包の抹茶小包

    抹茶餡を使った抹茶味の小籠包♡

    生地から見える抹茶色。これがど~しても食べたかった♡

    プニプニ!弾力あり!ずしっとした重みがあります。

    中身を見てみると、抹茶餡がた~っぷり(*^^*)

    真ん中にある黄色いものは、おもちのような食感でした。

    若干甘さが強いけど、ほのかな苦みも味わえる抹茶餡。

    お店サービスの、烏龍茶香片(ジャスミン烏龍茶)と一緒にいただくと、更に美味しい!

    デザートに是非召し上がってみて下さい!!

  5. 台湾人のソウルフード「圓盅燉雞湯」
  6. 明月湯包の圓盅燉雞湯

    小さなポットに入ったチキンスープ!

    燉雞湯とは、鶏肉を柔らかくなるまで数時間煮込んだ台湾家庭料理お馴染みのスープ!

    鶏の油がお碗に溢れんばかりっ!

    スープの上部分は油多めなので、混ぜてからホロホロになった鶏肉と一緒に食べて、飲むが鉄則!

    鶏肉の味はもちろん野菜の旨味もある熱々スープ。

    飲んで、食べた後は、身体の底からエネルギーが沸いてきます!

    筆者は、スープしか頼みませんでしたが、乾拌麵(スープなし麺)又は、拌細粉絲(スープ入り細麺)と一緒にオーダーしていただいても美味しくいただけますよ!

明月湯包【本店】

住所:台北市大安區基隆路二段162‐4號
電話:02‐2736‐7192
営業時間:昼11:00~14:00 夜17:00~20:30
定休日:月曜日(※旧正月期間は、6日間定休日あり)

モダンスタイル!明月湯包支店

お店の雰囲気

明月湯包(支店)の内観

本店とは対照的!2008年にオープンした通化街沿いの支店は、ローカル式が強い本店に比べ、綺麗で広々としたモダンなお店。

開店を少し過ぎた時間に行くと、すでに3組ほどのお客さんがいました! 席数が多いので、お昼の混雑する時間帯を避ければ、予約なしでもいけそうな感じです!

大人数用の円卓テーブルもあり。

壁には、中文・日本文のお店紹介記事がたくさん飾られています!

支店にも、賞状や写真が飾られていました☆

そして、こちらはお店自慢の小菜!!

1皿40元~100元で、お好きな小菜をお選びいただくことができます!(^^)!

明月湯包のメニュー

メニューは本店と変わらず、同じメニュー・同じオーダー方法にて、提供しています!(日本語のメニューもあり)

支店でいただく明月湯包の食事♪

オーダーメニューはこちら↓

  • 明月湯包(8粒)$130
  • 韓式湯包(8粒) $190
  • 付乳炒空芯菜 $130
  1. お店の看板メニュー!明月湯包
  2. オーソドックスなノーマル小籠包♡

    明月湯包の明月湯包

    一気にパクっと食べてしまいたくなりますが、まずは気になる中身をチェック! 

    中を開けた瞬間、じゅわ~っとスープが溢れ出てきました!

    豚肉は、味がしっかりとついてるのに、さっぱり味!

    皮の厚さは、本店でいただいたヘチマ小籠包同様、厚すぎず、薄すぎずで、モチモチの絶妙な美味しさです! 

  3. ピリッとした辛さが癖になる!韓式湯包
  4. お店の変わり種!キムチ小籠包♡

    明月湯包の韓式湯包

    豚ひき肉にキムチって、最高の相性なんですよね(#^^#) 

    小籠包のスープに、肉汁に・・言うことなしに美味しいです!

    サイコ~~!!何個でも口に入っちゃう♡ こんな小籠包を考案したオーナーに感謝です!

    筆者的には、一番ヒットかも♡

  5. 台湾ならではの最強サイドメニュー「付乳炒空芯菜」!
  6. 明月湯包の付乳炒空芯菜

    空心菜の豆乳炒め!

    中華料理店のお野菜定番メニューとして名が挙がる空心菜の炒め物ですが、

    明月湯包では、豆乳を使って炒めているので、と~ってもマイルド!

    とうがらしと一緒に炒めているので、ピリッとした辛さも味わえます!

    中には辛くない唐辛子もあるので、空心菜と一緒に食べられますが、辛い唐辛子をたべてしまうと、舌が麻痺してしまうくらいカラ~イので、要注意。笑。

明月湯包【支店】

住所:台北市大安區通化街‘171巷40號
電話:02‐2733‐8770
営業時間:昼11:00~14:00 夜17:00~20:30
定休日:年中無休(※旧正月期間は、6日間定休日あり)

明月湯包【本店・支店】へのアクセス方法!

台北駅から約12分! 淡水信義線MRT「信義安和」駅、4番出口から、

台北101が見える方向を目指して、歩きます。

その先、「光復南路」の交差点を右折して、直進。

光復南路沿いを直進すると、基隆路二段と書かれ看板あり。

その横の小さな神社を通って、基隆路沿いを直進します。

ペット専門店が数軒立ち並ぶお店を通りすぎて、

中油のガソリンスタンドを境に、数メートル先を歩いた場所が、本店!

ガソリンスタンドを通化路方向に右折した数メートル先が、支店になります。

※信義安和からの行き方の他にも、MRT「六張犁」からのアクセスも可能です。

【番外編】

明月湯包へ向かう途中、基隆路沿い、富貴大發利市という提灯看板の伝統市場があります。(夜は、臨江街夜市になる場所です!)

台湾茶を販売する露店や

パイナップルケーキに台湾の人気スナック、インスタントラーメン等、リーズナブルな台湾土産店を購入することができるお店があります!

お昼すぎまでやっているので、小籠包を食べた帰り道に、台湾の市場を散策するのも楽しいですよ♡

チッヒー

地元民で賑わう地元民の台所「市場!」 
新たな台湾を発見できますよ~!

どちらのお店が好み?「明月湯包」へ足を運んでみてね!

本店・支店共にご紹介致しましたが、いかがでしたか?

どちらのお店も味は変わらず、どのメニューをいただいても美味しくて満足ですが、あえて決定的な違いを挙げるなら、

    【本店】

  • 小籠包達人のオーナーに出会える
  • 台湾ならではのローカル感を味わえる
  • お店がこじんまりしているので、アットフォーム
  • テーブルに用意されたお碗やお皿が濡れており、テッシュで拭く必要がある(台湾あるある)
  • お店が古い
  • 日本語が話せる店員が少ない
  • レシートがでない。
    【支店】

  • 店内、広くて綺麗。清潔感あり
  • 席数が多い
  • 一般的に日本人好みなレストランである
  • 店員の数が多い
  • 日本語が話せる店員さんが割と多い
  • レシートがでる

と、いった感じです。

筆者も数年前に、日本の友達や日本の家族と支店を訪れたことがあり、今回の取材で3回目でした!(本店訪問は初!)

いつまでたっても変わらない味には、感動です!

台北を訪れたら、是非明月湯包へ行ってみて下さいね♡

台湾在住歴12年!フリーライター。
2006年に台湾人の主人との結婚を機に台北の隣・新北市に移住。
来台後、台湾師範大学語学センターにて中国語を習得。
日本語教師を経て、現在は、自営業である宝石店に勤務する傍ら、
台湾グルメ・観光情報・子育て・生活・美容などの記事をWebメディアで発信中!
趣味は、週末に台湾グルメを食べ歩くこととジムで身体を鍛えること!
ポーセラーツにもハマっています。
皆さまの為に役立つ台湾情報を発信したいと思います。

サイト責任者:こまたろ

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

関連記事

  1. 一度は見たい!台湾の絶景!台中「高美湿地」鏡張りの美しい世界
  2. 台湾の朝ごはん♪「劉媽媽飯糰」の具がいっぱいモチモチおにぎり
  3. 夜市No.1!?台北の下町情緒溢れる南機場夜市で食べまくりの夜♪…
  4. 台湾の純金は安い?購入するならインゴットがお得!
  5. 台北から電車で行くことができる海水浴場、福隆へ行ってきました!
  6. 台北から車で1時間のダイビングスポット、龍洞を満喫してきたよ!
  7. ビバノンノン温泉旅行記♪北投〜紗帽山エリアをタイプ別でご紹介!
  8. 台湾101の欣葉食藝軒のコース料理を食べてみた!

カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。
PAGE TOP