台湾

台北「高記」全店で小籠包を食べ比べ☆メニューや店内もご紹介!

こんにちは♡台湾在住のLuanaです。

台湾グルメで不動の人気の小籠包は、庶民的なお店でも、お洒落なレストランでも食べられます。

今回私が訪れたのは後者の方で、すでに70年もの歴史を持つ上海料理のお店「高記」

しかも、台北市内にある全3店舗を回り、小籠包4種類を食べ比べてみました!

その他の人気メニューや、店内の様子もご紹介します☆

高記(ガオジー)は屋台から始まった有名な店

中国の浙江省に生まれた創立者の高さんは、16歳の時に故郷を離れ、上海で料理を修行。

そして1949年、台北の “永康街” という所に上海料理の屋台をオープンしました。

その腕前はと言うと、総統府(台湾の大統領が執務する公邸)に呼ばれ料理を披露するほど!

だから、点心を扱うお店のオーナーさんの中には、高さんの元お弟子さんという人達が多いんです。

今では3代目に受け継がれ、台北市内に永康店、中山店、小團圓のレストラン3店舗を構えます。

国内外のVIPも訪れるなど、雰囲気やサービスも高い評価を得る有名店♪

1度は訪れてみたい本店の貫禄!永康店

それでは早速、お店を順番にご紹介します!

まずは、MRTの駅から徒歩1分の、アクセスが非常に便利な永康店。

マンゴーかき氷や牛肉麺などの台湾グルメ、そして、お土産があれこれ見つかる永康街にあります。

下の記事で、チッヒーさんがその見どころをご紹介していますよ☆

まるで竜宮城♡お店の外観と内観

高記永康店の外観

お店の外からガラス越しに、職人さん達がせっせと点心を作っている様子が分かります。

向かい側の道路に立たないと写真に入らないほど、いや、それでも入っていませんが、

とにかく・・・

大きいっ (´⊙ω⊙`)

これぞ有名店の本店!と言わんばかりの貫禄で目立ちます。
 

3階まであるレストランの中に入ってみると、

まず目についたのは、ショーケースに並ぶ美味しそうな小皿料理や点心♡
 

少人数で訪れる時は1,2階を、大人数の場合は3階を店員さんに案内されます。

そして今回は、階段を上がったところにある、

高記永康店の内観

こちらの2階。

お店の外観も内観も、何となく宮廷っぽいと言うか・・・

竜宮城みたいです (・∀・)

1番のおすすめ!香りが口いっぱいに広がる “蟹黃小籠包”

飲み物からデザートまで、何でも揃うメニューは品数豊富!

全部は載せきれないので、幾つか選んでご覧頂きます。

高記の日本語メニュー

こちらの永康店は点心が比較的多め、また、店舗限定メニューは6品です。

そして小籠包は全部で5種類

  • 上海鐵鍋生煎包(鉄鍋焼肉まん)
  • 元籠小籠包
  • 蟹黃小籠包(カニみそ)
  • 絲瓜蝦仁小籠包(ヘチマと海老 / 夏季限定)
  • 花菇蝦仁小籠包(豚肉、海老、椎茸)

でも残念ながら夏季限定の “ヘチマと海老” は食べられません・・・。

何故なら台北は今、冬の真っ只中!
 

という事で、オーダーするのは永康店で人気の “蟹黃小籠包”

あとは美味しいとネットで評判の、

“蟹黃蒸燒賣(カニシュウマイ)”“極品流沙包(カスタードクリームまん)”

さらに!

友人が「超美味しい~」と絶賛していた、

“蒜香牛菲力(牛のカリカリにんにく炒め)” も食べてみたいと思います!

カニみその香りが最高!蟹黃小籠包

熱々でツヤツヤのこちらは “カニみそ小籠包”。

皮を破ってみると、

高記の蟹黃小籠包

うわぁ~ (≧∇≦)

すごい量のスープが入っています!

そのまま何も付けずに食べてみると、口の中が全部カニみその香り。

生姜とお酢で食べるよりも、そのままが絶対おすすめです!

320TWD(約1,135円)

海老も入って食感はプリプリ。蟹黃蒸燒賣

高記の蟹黃蒸燒賣

見た目と名前から、豚肉、カニ、椎茸が入っていると分かる “カニシュウマイ”。

更に海老まで入っているので、とってもプリプリした食感!

でも美味しいですが、カニみその味が引き立つのは小籠包の方です。

140TWD(約496円)

流れ出すクリーム。極品流沙包

ふかふかの皮が魅力の “カスタードクリームまん”。

可愛い見かけによらず、実は、食べる時に注意が必要です d( ̄  ̄)

なぜなら・・・

高記の極品流沙包

ソース状のクリームが流れ出すからっ!

デザートではなく点心の部類に入っているだけあって、甘さはとっても控えめ

箸休めとしてもピッタリな一品です。

140TWD(約496円)

柔らかいお肉は絶品。蒜香牛菲力

高記の蒜香牛菲力



牛肉好きなら食べて欲しいのが、こちらの “牛のカリカリにんにく炒め”。

塩コショウ、にんにくの香ばしい風味がきいた、一口大のフィレ肉がすごく柔らかいんです!

これは台湾ビールに合うと思いますよ~。

460TWD(約1,631円)

永康店

住所:台北市永康街1號
電話:02-2341-9984
営業時間:月~金09:30-22:30/土、日08:30-22:30
クレジットカード:使用可能

 

ホテルからでもアクセス便利。中山店

続いてご紹介する2つ目の店舗は、ホテルやデパートがたくさん並び、日本人に遭遇する確率100%の中山エリアにあります。

MRTの駅から徒歩3分と、こちらもアクセスが便利です♪

落ち着いた感じの外観と内観

高記中山店の外観

3階まであるレストランは、永康店ほどは大きくないものの、落ち着いた感じで素敵☆

中に入ると、

高記中山店の内観

ゆっくり食事が楽しめそうな雰囲気です。

円卓もある2階と3階は、大勢で食卓を囲むのにピッタリ♪

しかもエレベーターがあるので、階段の上り下りが難しい人でも安心です。

熱々の “上海鐵鍋生煎包” & スープが溢れる “元籠小籠包”

こちらの肉料理、そして

魚や海鮮料理は、お値段が結構・・・

しますっ (; ̄ェ ̄)

でも、

手が出しやすい、麺、ご飯、スープ類もあります。

また、店舗限定メニューは12品も!
 

オーダーするのは、中山店で人気1、2位を誇る “上海鐵鍋生煎包”“元籠小籠包”

さらに、

デザートの “桂花酒釀湯圓”

だってコレは・・・

“中山店&季節” のWで限定ですから ( ̄▽ ̄)

Luana

冬はヘチマと海老の小籠包がなくて残念ですが、代わりに、この季節しかないメニューが楽しめます!

肉汁入りの熱々肉まん。上海鐵鍋生煎包

ジュージューと音を立てながら運ばれてきた “鉄鍋焼肉まん” は、お店の名物メニュー。

ひっくり返して底を見てみると、

高記の上海鐵鍋生煎包

こんがりキツネ色♡

と喜びつつも、実は心の中で思っていたのは・・・

道端でも売ってるB級グルメ “水煎包” のミニ版でしょ?

だから予想がつく味なんですけど、とりあえず中を確認 (。・ω・。)

(´⊙ω⊙`)

肉汁が入ってるよっ!

厚い皮の焼き色の部分はカリカリした食感で、あなどれない美味しさ。

味は小籠包と似ていますが、ボリュームは2,3倍あります。
 

2個目は思い切ってかぶりつくと、中から熱~い肉汁が飛び出し、

あっ!服がっっ ( ゚д゚)

知ったかぶりをしたせいで、まさかの逆襲をされました。

220TWD(約780円)

スープが出てくる出てくる!元籠小籠包

日本語で “高記小籠包” と書かれた、基本の味とも言える小籠包。

高記の元籠小籠包

お箸で皮を破ると、スープがどんどん出てきました!

レンゲから零れ落ちそうっ

で、すかさず口に入れてみると、

美味しい~(≧∇≦)
 
胡椒はほとんどきいていないので、苦手な人も美味しく食べられるはず。

皮はとっても薄いのに、ちゃんとモチモチの食感があります♡

220TWD(約780円)

冬に食べたいデザート。桂花酒釀湯圓

高記の桂花酒釀湯圓

お酒を加えた糯米を発酵させた酒釀(ジョウニャン)は、血行促進や利尿作用などがある健康食品。

日本の甘酒にも似ていますが、少しだけ酸味があるのが特徴です。

トロミのついた甘酸っぱいスープに入っているのは、溶き卵と2種類の白玉団子。

その、やわらか~いお団子から、

花生(ピーナッツ)と

芝麻(ゴマ)が、マグマのように溢れだします!

上に浮かぶ桂花(キンモクセイ)の香りも楽しめる、さっぱりとした甘さのデザートです。

120TWD(約426円)

中山店

住所:台北市中山北路一段133號
電話:02-2571-3133
営業時間:10:30~22:30
クレジットカード:使用可能

 

お洒落な巨大本屋さんの地下にある♡小團圓

それでは、最後となる3つ目の店舗「小團圓」をご紹介します!

訪れたのは「台北101」や「世界貿易センター」、他にも高級ホテルやデパートなどが集まる信義エリア。

こちらのお店が入る巨大な本屋さんでは、色々なジャンルの物が売られているので、お買い物も楽しめます♪

レトロな上海風の外観と内観

エレベーターでB2へ下りたら、フロアーの右手奥にお店を発見。

高記小團圓の外観

入り口から中に入ると、

昔の上海の港口をイメージした店内は、

高記小團圓の内観

とっても情緒溢れる

ステキな雰囲気 (*´∇`*)

椎茸好きなら迷わず “花菇蝦仁小龍包” を

驚いたことに、店舗限定メニューは何と26品!

それらが比較的多く載るページを見てみると・・・


 

 

品数がとにかく多くて、これは本当に迷います (; ̄ェ ̄)

とりあえずオーダーが決まっているのは、残る1種類の小籠包、

“花菇蝦仁小龍包”

あとは、店員さんおすすめの店舗限定メニュー “韭菜鮮蝦餃” と、

“蟹黃蝦仁麵”でいきましょう!

主役は……椎茸?花菇蝦仁小龍包

まずは “豚肉、海老、椎茸味の小籠包” から。

高記の花菇蝦仁小龍包

皮を破っても、肉汁はほとんど出てきません。

片栗粉で肉汁を閉じ込めているみたいな、トロミがある感じ

1番インパクトがある味は、椎茸です!

黒コショウみたいに超小さいんですけどね (。・ω・。)

珍しいことに豚肉と海老が脇役でした。

330TWD(約1,170円)

期待を裏切らない美味しさ。韭菜鮮蝦餃

“海老とニラの蒸し餃子” には、

高記の韭菜鮮蝦餃

海老のすり身と塊、風味豊かな黄ニラが入っています。

皮のモチモチ感と海老のプリプリ感は期待通り!

何も付けずに、そのままでも十分に美味しい味付けです♪

280TWD(約993円)

大きな海老がプリップリ!蟹黃蝦仁麵

高記の蟹黃蝦仁麵

“海老のカニ味噌炒めとタン麺セット” は、スープの有無が選べます

今回は非常に薄い麺つゆの味がする、スープ麺にしてみました。

てっきり、海老のカニ味噌炒めを麺にドバっと入れて食べるのかと思いきや、

小さいお碗に、それぞれ少しづつ取って食べるんだそうです。

プリプリ感がものっすごい海老の他に、大きく切られたエリンギも入っています。

カニ味噌が入っているソースは非常にまろやかで、超薄い甘口カレーみたい味です。

190TWD(約674円)

小團圓

住所:台北市信義區菸廠路88號(誠品B2F)
電話:02-6639-6589
営業時間:11:00-22:00
クレジットカード:使用可能

お店の行き方

ご紹介した上記3店舗へは、快適で便利な市内を走る電車のMRTを利用しました。

こちらの行き方を参考にして下さい。

永康店

 

淡水信義線または中和新蘆線に乗って、お店から最寄りの「東門駅」で下車。

5番出口から出て真っすぐ歩き、

最初にぶつかる通り “永康街” の横断歩道の所から、右斜め前にお店が見えます!
 

中山店

 

淡水信義線または松山新店線に乗って、お店から最寄りの「中山駅」で下車。

2番出口から出て、そのまま真っすぐ歩いて下さい。

最初にぶつかる大通り “中山北路” の横断歩道を渡って右に行くと、レンガ造りのお店があります!
 

小團圓

 

板南線に乗って、お店から最寄りの「國父紀念館駅」で下車。

遠くに見える尖ったビルが台北101です!

5番出口から出て、目の前の通り “光復南路” を右へ真っすぐ歩いて下さい。

次の通り “菸廠路” を更に右へ進むと、お店が入るカラフルな大きな建物が出現します。

これが「誠品生活」という巨大な本屋さん。

出入口は、更に奥にある

こちらからです。

駅から歩いて約10分位かかります。

 

この建物は見た事がある (。・ω・。)

と思ったら、以前こまたろさんが泊まった評判の良いホテルと同じ建物でした!

高記の全店舗がおすすめ!でも、まずは永康店へ

全ての店舗において、味、雰囲気、接客態度が評判通り良いレストランです。

店員さんは簡単な日本語ならOKなので、オーダーの際も全く問題なし!

ちなみに私が旅行者の立場なら・・・まず訪れたいのは、

駅から非常に近く建物は貫禄があり、周辺には台湾ならではのお店が多い永康店です。

比較的並ぶ必要がない、平日のお食事時間帯以外が狙い目ですよ☆

学生時代はハワイで楽しく留学。
日本に帰国後、航空会社で働き
2003年の結婚を機に台北市へ移住。

現在は中高生の息子2人を相手に
日々奮闘する生活を送りながら、
自由奔放で魅力にあふれる台湾の
HOUBOUレポーターとして息抜き中.。.:*☆

サイト責任者:こまたろ

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

関連記事

  1. ミシュランガイド台北のお店「杭州小籠湯包」4種の味を食レポ!
  2. 台湾南部にあるもう一つの故宮博物院「故宮南院」とは?
  3. 台湾は薬膳も美味しい♡知る人は通う台北の「唐太盅養生燉品甜湯」
  4. 【2019年版】台北駅で何しよう!?おすすめのグルメ、施設につい…
  5. MRT搭乗レポ☆超簡単!台湾・桃園国際空港から台北駅への行き方
  6. 龍山寺近く「周記肉粥店」量と値段が変わる!?人気の台湾式朝ごはん…
  7. ここ知ってる?台北「737夜市」と絶対はずせない台湾の屋台グルメ…
  8. 陽明山のリノベカフェ「亜尼克夢想村」のスイーツファクトリー♪

カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。
PAGE TOP