台湾

朝ご飯屋台の聖地!台北一美味しいスープが味わえる「廟口原汁排骨湯」

皆さん你好!チッヒーです‼

グルメ大国台湾からローカルな朝食店をお届けしまーす!

台北朝ごはんシリーズ第⑥弾は、知る人ぞ知る朝ごはん屋台の一角!大稻埕慈聖宮の目の前にあるなんとも台湾チックな「廟口原汁排骨湯」から!

お店の看板名にある通り、お店自慢の絶品排骨湯(軟骨スペアリブスープ)が味わえる、一度食べたらヤミツキ店の概要をレポート致します♡

忘れられない昔懐かしの味!廟口原汁排骨湯とは?

なんと表現したらよいだろう?このローカル感満載!人情味あふれる屋台街!

こんな場所に、地元っ子が口を揃えていう絶品スープのお店がある!・・なんていう事を誰が知りえるだろう!

この屋台で食べる朝ごはんは、昔懐かしの味と表現するに値する朝ごはん♪とあり、地元っ子に大人気♡

廟口原汁排骨湯のメニュー

そんな廟口原汁排骨湯は、創業から60年!

元々の名前は、慈聖宮エリアに位置することから、「廟口(場所)」+「原汁排骨湯」で、「廟口原汁排骨湯」という7文字のネーミングでありましたが、

台北市内で排骨湯を販売しているお店が数多く、この大稻埕エリアでも数軒のお店があることから、店主の名前「阿桂姨」を加えて、

阿桂姨原汁排骨湯のネーミングとして親しまれるようになりました♪

台湾地元っ子グルメを満喫!廟口原汁排骨湯の美味しいご飯♪

廟口原汁排骨湯の外観

屋台が所狭しと並んでいる一角に、廟口原汁排骨湯のお店を発見(*^^*)

お店の看板前には席が3席ほど・・そして、その3席は、おじちゃん達が座っているので満席(;’∀’)

座る場所がないなぁ~なんて、お店の前で立ち往生していると・・

おじちゃんの一人が「店の反対側にたくさん席があるよ!」と、教えてくれました!

知らなかった~‼

由緒正しき、慈聖宮の境内!

ガジュマルの木の下に、席がたくさん!(^^)!

この趣きある台湾らしい光景・・見ているだけでテンションUP~↑

この辺りならどこにでも座ってよいのか・・?

と、いうと、そうではないみたいで、机に「○○専用」といった、各お店の名前がかかれた専用席に座る決まりみたいです!

筆者は、排骨湯専用席!

まずは、席を確保してから、店の裏口、キッチンの様子が良く見える場所からオーダーです!

それでは、食レポに参りましょう~♪

廟口原汁排骨湯のオーダーメニュー

オーダーメニューは3品!

  • 原汁排骨湯
  • 魯肉飯
  • 酸菜
お店一押し!看板メニュー「原汁排骨湯」

廟口原汁排骨湯の原汁排骨湯

トロットロに煮込まれた排骨肉(軟骨スペアリブ)に、大根といった一般的な台湾家庭料理ならではのスープ!

この分厚いスペアリブは、食べやすいように切った後、再度スープの中に流し込む!

先ずは一口、スープから♡

一見透明感があるので、味が薄いのかな?と思いますが・・

じゅわ~っとした肉の旨味がスープに凝縮され、お肉の香りに、大根の香りが合わさっているスープなので、味がしっかりしています!

お肉や大根を食べなくても、スープだけで大満足‼~のような♡

更にスープの中にぎっしり詰まった柔らかお肉♪

硬くもなく、柔らくもなくといった、歯ごたえバッチリの大根もいい味を出してます!

スープの味が染みてて、美味しい♪

筆者は、お店手前に置いてある唐辛子と醤油の特性ダレを大根にたっぷりつけて、いただきました(^_-)-☆



この特性ダレは、お肉につけても美味しいですよ!

スープは、何回でもおかわり自由!

老板娘(オーナー)の心使いがあったかくって嬉しいですね♪

台湾ご飯の代名詞「魯肉飯」

廟口原汁排骨湯の魯肉飯

スープのお供にぴったり!台湾小吃グルメ!大人気の魯肉飯♪

こちらのお店の魯肉飯は、ごろっとした角切り&大ぶりのお肉が特徴!

ご飯に魯肉飯タレの味がしみていますが・・・

肝心のご飯がボソボソ”(-“”-)”

もっとご飯が美味しければ、角切りのお肉とタレも美味しい~と思うのですが、正直ご飯がいけてないので、魯肉飯自体がまずまず(;_:)

とっても残念です”(-“”-)”

ご飯のお供!酸っぱさがはまる!「酸菜」

廟口原汁排骨湯の酸菜

お店の小菜は、「キャベツ」「酸菜」「タケノコ」の三種類から、好きなものを選べます♪

キャベツの炒めものやタケノコの煮物は、家でもよく食べるお料理なので、「酸菜」をチョイス!

格安であるのに、小皿にたくさん盛ってくれます!

魯肉飯のご飯の上にのせてみました♡

お肉の油っこさをさっぱりとさせてくれる、酸味が特徴の酸菜は、台湾のお漬物的存在!

ご飯が進む~♪

・・といいたいとこですが、肝心のご飯が(;’∀’)

いつもはそんなことないのかな?

と思いながら、ご飯は完食ならずでしたが、酸菜と魯肉で、ご飯のボソボソ感をごまかしながら、いただきました♪

歴史ある慈聖宮も見どころのポイント!

媽祖や天后と呼ばれる航海の守護神「天上聖母」が祀られている大稻埕慈聖宮!

台北の有名なお寺と言えば、龍山寺や行天宮といった厳粛且つ観光スポットとなるお寺ですが、

大稻埕慈聖宮も、規模は小さいけれど、拝拝(お祈り)をしたり、お供えをしたりといった、人々の心のよりどころである神社です!

この神社の歴史は深く、元々大陸との貿易を担った特別港の「対渡口岸」にありましたが、1910年日本統治時代に取り壊しが行われました。

その4年後、1914年に現在の場所(延平北路)に再建し、当時の姿を再現したまま、現在に至ります。

神社という人が多く集まる場所に、人情味あふれる屋台が生まれ、神様の庇護の元、美味しい食事ができるのだなぁ~と実感した筆者でした。

以前ご紹介した新北市にあるお寺「竹林山寺」も是非参考にしてみて下さいね!

廟口原汁排骨湯への行き方

台北市大同區に位置する廟口原汁排骨湯!

廟口原汁排骨湯の行き方

大橋頭站1番出口下車。

駅前には、大稻埕エリアの観光地図あり!

まずは、駅を出て、右側。看板が示す迪化街商圏と書かれた矢印に沿った方向へ歩きます。

足元に目を向けると、「大稻埕迪化街」が描かれたデザイン板があるので、記念にショット♡

延三観光夜市と書かれた案内板がある交差点を渡り、

延平北路沿いをまっすぐ歩きます。

交差点を渡って数メートル歩くと、地元民の台所!伝統市場が左手にあります! 

その先、太平国民小学校を通り越すと、

手前に日本統治時代の建物「仁安醫院」が見えます。

その交差点を渡って、仁安醫院前の道を左折。

約50mほど歩くと、

右側に屋台街があります!

野良犬だか、飼い犬だかわからないワンちゃんも屋台街をうろうろ~。

屋台街のちょうど中間地点に、公共トイレがあるので、トイレの場所に困ることもありません!

ただ雰囲気はちょっと怪しげ・・。

 

屋台街の近くには、台北最大の問屋街「迪化街」があります!

ご飯を食べた後のショッピング!そして、お土産探しは迪化街へ!

迪化街エリアおススメの朝ごはん「清粥小菜」もチェックしてみて下さい♪

更に!大橋頭駅の近くには、美食の宝庫「延三観光夜市」もあるので、夕方から夜市へ行くのもおススメです!

阿桂姨原汁排骨湯

住所:台北市大同區保安街49巷
電話:0928‐880‐015
営業時間:10時00分~16時00分(年中無休)

慈聖宮境内のガジュマルの木の下で、台湾らしい朝ごはんを体験してね!

広々とした境内で食べる朝ごはん!

台湾でしか味わえない至福のひと時♪

暑い陽ざしを遮るガジュマルの木の下で、空を眺めながら、排骨スープに台湾小吃、贅沢に朝からビール!

なんていう日常もありかもです♡

地元民に混じりながら、楽しくお食事!

慈聖宮の神様に「今日も明日もこれからも、楽しい時が過ごせますように・・」なんてお願いしながら、のんびりした時間をお過ごし下さい♪

台湾在住歴12年!フリーライター。
2006年に台湾人の主人との結婚を機に台北の隣・新北市に移住。
来台後、台湾師範大学語学センターにて中国語を習得。
日本語教師を経て、現在は、自営業である宝石店に勤務する傍ら、
台湾グルメ・観光情報・子育て・生活・美容などの記事をWebメディアで発信中!
趣味は、週末に台湾グルメを食べ歩くこととジムで身体を鍛えること!
ポーセラーツにもハマっています。
皆さまの為に役立つ台湾情報を発信したいと思います。

サイト責任者:こまたろ

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

関連記事

  1. 台北101近くのエモくて美味しい蛋餅店「軟食力」で蛋餅を食べる
  2. 台湾の寧夏夜市の遊び方!おすすめのグルメは?
  3. 台湾料理のパイオニア!滋味豊かな味わいが楽しめる台北「青葉」
  4. 24時間OPEN☆台北「雙城街夜市」はアクセス便利なグルメ天国
  5. 台北限定☆モチモチ皮&あっさり味「盛園絲瓜小籠湯包」が大人気
  6. 安くて旨い名店!迪化街「民楽旗魚米粉湯」のビーフン湯!
  7. もちもち系トッピングの台湾スイーツを堪能!台北の「大直粉圓」
  8. 台北で美味しい麺が食べたい!台湾人おすすめのお店「林文必涼麵」

カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。
PAGE TOP