台湾

世界のグルメ屋台が集結!台湾MAJIMAJI集食行樂へぶらり散歩♪

こんにちは!

ローカル屋台をぶらぶらするのが大好きなチッヒーです。

台湾といえば夜市ですが、MAJIMAJI集食行樂の国際式豊かなグルメ屋台もおススメです!

夜市とは違った雰囲気の熱気溢れるMAJIMAJI(通称:マジマジ)は、

グルメだけでなく、台湾の良いものが集まっているマーケット街も多数あり。

花博公園とも隣接しているので、自然景観、お散歩も楽しめる一押しスポットです。

 

MAJIMAJI集食行樂の行き方は?

中山区玉門街1号に位置するMAJIMAJI。

台北駅から、談水行きのRライン台北信義線に乗って、4駅目。

MRT圓山駅が最寄駅です。

所要時間6分。片道20元(約70円)

1番出口を出ると、右側に花博公園の緑溢れる素敵な看板が目に入ります。

その通りをまっすぐ歩くと、MAJIMAJI集食行樂に到着!

 

国際グルメ屋台が楽しめる!フードコートをチェック

MAJIMAJI集食行樂の内観

MAJIMAJI集食行樂に入ると、ずら~っとローカル屋台が並びます。

台湾フードを代表する臭豆腐・海洋天婦羅

牛肉麺・古早味(昔ながらの味)・麺線

などのお店はもちろん、

インド料理・メキシカン料理・アメリカン料理・日本料理等・・

世界各国のお店が立ち並びます。

ここへ訪れる度、何を食べようか・・迷ってしまう筆者。

屋台を行ったり来たり・・

悩んだあげく、今回のお店で食べたメニューはこちら!

厚夾麵食:港點

まずは、台湾ならではの麺を食べるべし!

鮮蝦雲呑湯麵(シィエンシャーユントゥンタンミィエン)

ここでは、プリップリの海老が入ったワンタンをオーダー!

スープは、鰹出汁の効いたやさしい味。

それにしっかりと味のついた蝦入りワンタンに、

麺、空心菜、カラッとあげたオニオン、青ネギが入っています。

ワンタンがけっこうたくさん入っているので、女性にとっては、ちょっとボリューミィー。

でもさっぱりしているので、お腹にどんどん入ってしまう。

1椀150元(約540円)で、このクオリティー!

台湾式の麺はやっぱり美味しい!

更に、台湾夜市の定番メニュー

MAJIMAJI集食行樂・厚夾麵食の葱抓餅

葱抓餅(ツォンゾアビン)

表面はパリパリ、中身はモチっとした食感の台湾式クレープ!

台湾を代表するB級メニューの葱抓餅ですが、お店によって、味が異なります。

こちらで食べた葱抓餅は、見た目蛋餅(ダンビン:中に卵を巻いた台湾式クレープ)にも似ていますが、

お味はまさしく葱抓餅でした。

1皿50元(約190円)

Js American style buger J’s美式漢堡

お次は、American Foods!

MAJIMAJI集食行樂・J’s美式漢堡のBBQ漢堡套餐

BBQ漢堡套餐(バーベキューハンバーガーセット)

ハンバーガーの中身は、牛肉・チーズ・オニオン・レタス・トマト・ベーコンといった具材が盛沢山!

ポテトとお好きなドリンク(コーラ、サイダー、オレンジソーダ、檸檬紅茶から一つ選ぶ)がセットで、160元(約580円)

店員さんは、チャイニーズ系フィリピン人。

中国語が話せなくても、英語でオーダーOK!

地元のマックよりお値段するので、期待したものの・・

お肉がややちょっと硬めなのが残念。

焼きすぎたのかな??

という感じ・・

でも、BBQのお味がしっかりついてるので、満足です。

非凡越式食堂



台湾にてベトナム料理は当たり前⁉

お目当ては、なんといってもフォー!

お店の看板メニューフォーをいただきます。

MAJIMAJI集食行樂・非凡越式食堂の牛肉河粉

牛肉河粉(ニョウロウフーフェン)

河粉(フォー)は、牛肉か豚肉が選べます。

今回は、牛肉河粉(牛肉フォー)をオーダー!

プラスで、カットレモンととうがらしをトッピング。

鶏ガラと牛骨の効いた出汁に米粉麺のフォー。

これに絞ったレモン&とうがらしをいれることで、

酸味と辛味がマッチして、やみつきになるお味に!

最後の一滴まで飲み干したいスープで、お腹が満腹になります。

1椀135元(約490円)。

月亮蝦餅(ユエリャンシャービン)

MAJIMAJI集食行樂・非凡越式食堂の月亮蝦餅

タイ料理みたいですが、なぜか台湾の居酒屋(熱炒=ルーツァオ)では、よく見るメニュー。

そしてベトナム料理店にもほぼ必ずあるメニューです。

月亮蝦餅は、日本語で表現するならエビトースト。

食感は、葱抓餅と似たような、外はカリカリサクサク、中はエビをすりつぶしたモチッといった感じです。

特性の酸味と辛味のあるソースをつけて食べるんですが、けっこういけます!

一皿(8枚入り)はちょっと多いので、半份(半分)でオーダー。

90元(約330円)

萃茶風Cueicha

MAJIMAJIフードコート内のドリンクスタンド

MAJIMAJI集食行樂・萃茶風の柳芒養楽多

柳芒養楽多(台湾オレンジ+マンゴー+ヤクルトのミックスジュース)

台湾オレンジとマンゴーのフルーティーな甘みとヤクルトの甘みがMIXされた絶妙な美味しさ。

ストローで吸っていると、途中で、なにやらズズズ・・

よく見てみると、ドリンクの中にマンゴーの果肉が入っていました。

喉も潤って、フルーツも食べれたような満足感!

WOW豆花

台湾のデザートとしてかかせないヘルシースイーツ「豆花」(トウファ)

牛奶豆花(soybean pudding with milk)

MAJIMAJI集食行樂・WOW豆花の牛奶豆花

大豆イソフラボンがた~っぷり!女性に嬉しいスイーツです。

牛乳ベースの豆花に好きな素材を3種類トッピング!

豆花を食べる時にマストな素材、タピオカがこの日は売り切れ~涙。

なので、粉粿(ゼリーのようなもの)と桂花醸(キンモクセイのシロップ)をトッピング!

甘さ控えめで、喉越しが良いので、お腹がいっぱいでもペロッと完食できちゃいます。

 

さてさて、

暑~い暑い台湾!

現在MAJIMAJI内では、こんなスクリーンが登場!

世足直播嘉年華派對(FIFA世界ワールドカップ中継祭)が行われているので、サッカー熱も熱いですよ!

屋台で食事をしながら、ワールドカップ中継で盛り上がる!

サイコ~です!!

こちらのローカル屋台、夏場の日中は暑すぎるので、訪れるなら夕方から夜にかけてがおススメです。

 

MIJIMAJI内のマーケット

神農市場(MAJI FOOD&DELI)

良い食材、良い雑貨が台湾全土から集まったお洒落スーパー!

ちょうどフードコートが並んでいる目の前に位置します。

日本人がお土産で喜ぶドライフルーツ各種。

豆板醤や辣椒醤(とうがらしソース)等の調味料。

無添加茶葉の阿里山紅茶や烏龍茶。

顔が描かれた無添加石鹸!

この表情に癒しを感じてしまうのは、私だけでしょうか・・?

マンゴー、パイナップル、ドラゴンフルーツなどの台湾フルーツ。

コンパクトでかわいい且つリーズナブルなお値段がお財布に嬉しい蒸篭。

などなど・・

宝物探しをするような、ドキドキ・ワクワクがつまったスーパーです。

台北好禮(台北おみやげ)

神農市場の横にあるお土産店。

こちらも台湾ならではのものを買うことができます。

薑心比心(ジャンシンビーシン)

すべての商品に薑(ジャン=しょうが)が使われている、台湾で大人気のジンジャーコスメブランド!

筆者はここのハンドクリームがお気に入り!

滑らかなテクスチャーで、手の血行がよくなり、すべすべになります。

自分用、友人のお土産にお買い物しました。

GLASS HOUSE MARKET 玻璃屋市集

MAJIMAJI商店街の真ん中に位置する玻璃屋市集。

台湾デザイナーさんのユニーク溢れる雑貨、ファッション、アクセサリー、アンティークなどが揃ったマーケット。

レトロでカラフルなお弁当箱。

昔ながらの形が、なんともたまらない!

こんなお弁当箱をもって、ピクニックしたら、気分絶好調!

小籠包の形の芳香剤。

お部屋に飾りたい!

ホームメイドチャイナドレス

90㎝~140㎝まで。

子供に着せたら絶対可愛い!

手作り感あふれるチャイナドレスがあります。

 

食×買を満喫した後は、公園でお散歩しよう

広大な花博公園が目の前に。

花博公園は2010年台北国際花博覧会の跡地として、公園になりました。

園内は、3つのエリア(圓山・新生・美術)に分かれており、

多年生の観葉植物や花々をみることができる解放感あふれる公園。

園内の歩道橋の上からは、格式漂う老舗ホテル圓山大飯店をみることができます。

日本ではみることのできないガジュマルの木は、亜熱帯地域ならでは。

101の景色を遠目から眺めることも・・

また、公園のすぐ近くに松山空港があるので、頻繁に旅客機が下降してくる光景を見ることができます。

その距離、目と鼻の先。

飛行機好きにはたまらないスポットです。

 

何度でも訪れたくなる「MAJIMAJI集食行樂」へLet’s Go!!

レトロな国際グルメ屋台、クリエイティブなマーケット、緑あふれる公園。

昭和の雰囲気が漂い、懐かしさがこみあげてくる場所。

そんな場所が大好きな筆者は、何度も足を運んでしまいます。

週末には、アマチュアミュージシャンによる演奏会やマジックパフォーマンスなどのイベントが開催!

他、台湾各地の農産物展も開かれるので、より賑やかになりますよ!

混雑を避けたい方は、平日に!

台湾ならではのエネルギッシュな感じを体感したい方は、休日に訪れてみて下さい。

台湾在住歴12年!フリーライター。
2006年に台湾人の主人との結婚を機に台北の隣・新北市に移住。
来台後、台湾師範大学語学センターにて中国語を習得。
日本語教師を経て、現在は、自営業である宝石店に勤務する傍ら、
台湾グルメ・観光情報・子育て・生活・美容などの記事をWebメディアで発信中!
趣味は、週末に台湾グルメを食べ歩くこととジムで身体を鍛えること!
ポーセラーツにもハマっています。
皆さまの為に役立つ台湾情報を発信したいと思います。

サイト責任者:こまたろ

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

関連記事

  1. 【台北東区】旨さ満点!とろ~っとチーズが魅力☆阿琪師小籠包
  2. 台北「蘇杭餐廳」の人気メニュー☆ミシュランおすすめのグルメとは?…
  3. 台北から電車で行くことができる海水浴場、福隆へ行ってきました!
  4. ディープな鉄道の世界へ!彰化・扇形車庫に行こう!
  5. 行列は当たり前!台湾人が押し掛ける「景美夜市」の屋台グルメ8選 …
  6. ミシュランガイド台北のお店「杭州小籠湯包」4種の味を食レポ!
  7. 台北西門町のグルメを堪能!おすすめの観光も行ってみた
  8. 台北で美味しい麺が食べたい!台湾人おすすめのお店「林文必涼麵」

カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。
PAGE TOP