台湾

台湾の朝ごはん♪「劉媽媽飯糰」の具がいっぱいモチモチおにぎり

こんにちは♡台湾在住のLuanaです。

台湾を訪れる日本人からよく聞くのが「現地の人は朝から活気に溢れている!」という言葉。

確かに学校や職場は日本より早く始まる所が多く、早朝から行動するのが当たり前です。

では台湾で暮らす人々は、忙しい朝にどんなご飯を食べているのでしょうか?

そこで今回は、お店や屋台で手軽に買える、具だくさん&モチモチな食感の “台湾式おにぎり” をご紹介!

国内外のメディアにも取り上げられる人気のお店「劉媽媽飯糰」を取材してきました☆

太巻きに似てる台湾式おにぎりって?

ご飯に糯米を使い、中には具がたくさんの台湾式おにぎり“飯糰(ファントワァン)”。 

おにぎりと言うと日本人のイメージは三角形ですが、飯糰は太巻きの形をしています。

“おにぎらず” の要領で作る太巻き 

と表現する方が、ピンとくるかも知れません ( ̄▽ ̄)

こじんまりとしたお店ながら国内外のメディアが紹介

広い道路に面しているお店は、赤い看板とのぼりが目印。

劉媽媽飯糰の外観

こじんまりとしていて、店内で食べられるスペースはないためテイクアウトします。

日曜日の朝8時過ぎに訪れた時は、すでにお客さんが列を作って並んでいました!

店頭の歩道の端に置いてある、大きなおひつに入った熱々の糯米♡

作り立てが食べられる~♪
 

・・・あれ!?

お客さんが増えてるっ
( ゚д゚)

写真を撮っている場合じゃないみたいです、急いで並ばなきゃ!

これでもちょっと進みましたが、まだ前にはお客さんが何人も・・・。

順番待ちしながら屋台のすぐ傍に貼ってある、

こちらのメニューを確認しましょう。

なんと、25種類のおにぎり4種類の飲み物がありますよ!

こんなにメニュー豊富なおにぎり屋さんは初めてっ (≧∇≦)

しかもオーナーさんが手作りしている具も少なくないんです。

看板には、お店を強力推薦するテレビ局や雑誌の名前が書かれているのも発見。

日本のガイドブックに載るだけじゃなく、地元メディアも超おすすめしているのが分かります。

メニューを詳しくチェック

劉媽媽飯糰のメニュー

メニューは中国語だけで書かれているので、分かりづらそうな単語の意味を載せておきます☆

  • 起士(チーズ)
  • 海陸總匯(魚など海の物と、肉など陸の物のミックス)
  • 豬(豚肉)
  • 香腸(ソーセージ)
  • 玉米(コーン)
  • 香鬆(ふりかけ)
  • 蛋(たまご)
  • 柴魚(かつおぶし)
  • 奶茶(ミルクティー) 
  • 養生黑豆漿(黒豆乳) 
  • 健康紫米漿(紫米の飲み物) 
  • 招牌(看板メニュー)
  • 配紫米加10元(紫米は+10元)
  • 可做素食(ベジタリアン用も可)
オーダーする時のポイント
  • 紫米、白米、混合(紫+白)が選択可
  • 紫米、混合米にする場合は+5元、必ず先に言うこと
  • メインのトッピングは+1種類につき+10元
  • 全て辛味のプラス可

(。・ω・。)

ややこしそうなのでアレンジするのはやめて、メニュー通りにオーダーします!

ちなみに紫米は胃腸の機能を改善し、中に含まれるアントシアニンが老化を遅める嬉しい効果あり♡

これは絶対に食べた~い。

モチモチな食感のボリューム満点な飯糰

店員さんがおにぎりを作るスピードが速く、意外とあっさり順番がやってきました。

待つのが嫌いな私でも余裕なくらい。

オーダーするのは、下のおにぎり4種類と飲み物2種類。

美味しいと評判の看板メニュー “招牌紫米飯糰”“招牌白米傳統飯糰”

朝からでもいけそうな “鮪魚飯糰”“起士飯糰”

台湾の朝ごはんに付き物の “養生黑豆漿” と、初めて見る紫米で作った “健康紫米漿”

店員さんは皆さん非常に忙しいにも関わらず、優しくて親切。

簡単な日本語も通じるのでオーダーは心配ありません。

Luana

長さ約15cmとボリューム満点の飯糰!
でもお願いすれば半分に切ってくれるので、シェアしやすいですよ。

栄養価の高い紫米がおすすめ!招牌紫米飯糰

それでは、お店を訪れたら食べて欲しい看板メニューの “招牌紫米飯糰” からご紹介します。

劉媽媽飯糰の招牌紫米飯糰

中に入っている具は5種類。

  • 油條(香ばしい揚げパン)
  • 菜圃(たくあん)
  • 肉鬆(甘じょっぱい乾燥肉)
  • 酸菜(酸っぱい青菜のお漬物)
  • 滷蛋(お醤油味の煮卵)

かなりの量の肉鬆がご飯全体にまぶしてあるので、味を一言で表現すると甘じょっぱいです。

そして食べる箇所によって具が異なるため、「味が染みた滷蛋が美味しい~」とか変化が楽しめます。

台湾式おにぎりの特徴でもある、油條のカリカリ感&菜圃のコリコリ感がいいアクセント♪

45元(約160円)

昔ながらの味を試したい人に。招牌白米傳統飯糰

昔ながらの台湾式おにぎりが味わえる “招牌白米傳統飯糰”。

劉媽媽飯糰の招牌白米傳統飯糰

最初の紫米と違うのは何かなぁ~?

って思ったら・・・

お米でした (。・ω・。)

中に入っている具は上の招牌紫米飯糰と全く同じ。

でも紫米は独特な風味と甘みがあるのに比べ、それが控えめな白米の方が具の味が引き立ちます。

だから気付いた事は・・・

おにぎりの味をほとんど牛耳ってる、甘じょっぱい乾燥肉の肉鬆は甘さが控えめ!

これなら甘い味のお肉に慣れない日本人でも食べやすいです。

35元(約125円)

台湾式ツナおにぎり。鮪魚飯糰

次は日本でもお馴染みのツナおにぎり “鮪魚飯糰”。

劉媽媽飯糰の鮪魚飯糰

中に入っている具は、

  • 油條
  • 肉鬆
  • 鮪魚
  • 玉米
  • 煎蛋(卵焼き)

オーダーの時「お米は白で」とは特に言わず、また、店員さんにも聞かれませんでした。

そしたらコレが出てきたので基本は白米で作るってことですね。
 

色々な具が混ざり合うため、食べた瞬間にツナの美味しさを楽しめないのが残念!

どちらかと言うと、

ツナも入ってるよね (。・ω・。)

みたいなオマケ的存在です。

ただツナは水煮のものを使っているので、油っこくなくさっぱりしていました♪

45元(約160円)

とろけるチーズと糯米の名コンビ☆起士飯糰

先ほどのツナの代わりに、チーズが入っているのがこちらの “起士飯糰”。

劉媽媽飯糰の起士飯糰



その他の具は全部一緒です。

買ってから少し経つと、コーンの隣にあるオレンジ色っぽいチーズがトロ~リ溶けます♪

それが口の中で、モチモチした甘みのある糯米と混ざり合って美味しい。

チーズ好きな私は量を追加して、次は紫米と一緒に食べてみたいです!

45元(約160円)

焦げた味がせず飲みやすい♡養生黑豆漿

朝ごはんを売るお店で見かけることが少ない、黒豆で作った豆乳 “養生黑豆漿”。

骨粗鬆症や貧血の予防効果もあるので、特に女性は嬉しいですね♡

劉媽媽飯糰の養生黑豆漿

知っている人もいるかと思いますが、台湾には焦げた香りがする豆乳もあります。

何故なら昔は豆乳を作る時、忙しさのあまりお鍋を焦がしてしまう事がしばしば。

そして今でもその味を懐かしむ人が多いため、お店によっては、わざわざその風味を付けているんですよ!

まぁ・・・私は苦手ですけどね (。-_-。)

でも、こちらのお店の豆乳は、焦げた風味やクセがなく飲みやすくて美味しい!

豆乳好きな人も、そうではない人も1度試してみては?

小20元(約71円)大25元(約89円)

健康紫米漿のはずだったのに・・・

豆乳と一緒にオーダーしたお米のドリンク “米漿”。

通常は紫米ではなく普通の白米で作る、ピーナッツ味の甘い飲み物です。

台湾ではスーパーやコンビニでも売られていて、子供も大人も大好き!

店員さんから受け取った、初めて見る紫米漿(左)。

紫色っていうか薄い茶色なんですね~。

劉媽媽飯糰の奶茶

自宅に戻りウキウキしながら一口飲んでみたら・・・

ミルクティーじゃん ( ゚д゚)

初めて飲む紫米漿が本当に楽しみだったので残念でした。

この少し甘いミルクティーも美味しいですけどね~。
 

そう言えばこちらのお店は、オーダー表に書き込む方法ではなく口頭で伝える方式。

こんな痛恨のミスを防ぐため、紙に書いて店員さんに渡す方が良いかも。

小20元(約71円)大25元(約89円)
 

お店がある場所

 

台北市内で比較的早い時期に開発された中正區という所に位置し、有名な観光スポットの1つである「中正記念堂」があります。

また、お店が面する同じ大通り上を歩いて7,8分の所には、以前取材した「杭州小籠湯包」の本店が。

そのすぐ近くには「盛園絲瓜小籠湯包」もあります!

お店の行き方

台北市内を走る電車のMRTで行くのがおすすめです。

駅からたったの徒歩3分とアクセスも便利!

最寄りの駅は「古亭駅」

6番出口から出たら真っすぐ歩きます。

こちらの大きな通り「杭州南路」の横断歩道を渡ったら右へ。

そのまま歩いて行くとお店があります。

(以前は近くにもう1店舗ありましたが、現在はご紹介したこちらの店舗のみ営業)

劉媽媽飯糰の1番のおすすめは招牌紫米飯糰!

4種類のおにぎりの中では、やはり看板メニューの “招牌紫米飯糰” が1番美味しいと思いました。

台湾式おにぎりを食べ慣れているなら別の味もアリかなと思いますが、そうでなければコレです!

台北を訪れたら、紫米で作った安くてボリューム満点のおにぎりと、飲みやすい豆乳を買いに、

ぜひ皆さんも劉媽媽飯糰へ行ってみて下さいね☆

劉媽媽飯糰

住所:台北市中正區杭州南路二段88號
電話:02-3393-6915
営業時間:火~日05:00-11:30
定休日:月曜日

 

学生時代はハワイで楽しく留学。
日本に帰国後、航空会社で働き
2003年の結婚を機に台北市へ移住。

現在は中学生の息子2人を相手に
日々奮闘する生活を送りながら、
自由奔放で魅力にあふれる台湾の
HOUBOUレポーターとして息抜き中.。.:*☆

サイト責任者:こまたろ

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

関連記事

  1. 台湾のネット投票1位の実力!點水樓の小籠包を食べてみた!
  2. 夜市No.1!?台北の下町情緒溢れる南機場夜市で食べまくりの夜♪…
  3. 1DayTripで行く台中!アート&グルメ旅で観光夢気分♪
  4. 台湾南部にあるもう一つの故宮博物院「故宮南院」とは?
  5. 台北で美味しい麺が食べたい!台湾人おすすめのお店「林文必涼麵」
  6. 城隍廟と、嘉義城隍廟の厄除け行事「夯枷」にて台湾文化を感じる
  7. 台北駅に近くて便利!スカイ19ホテルの旅行記レビュー
  8. 本場の味がココにあり!絶品上海小籠包と香港式飲茶の「福粵樓」

カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。
PAGE TOP