台湾

台北で美味しい麺が食べたい!台湾人おすすめのお店「林文必涼麵」

こんにちは♡Luanaです。

台北に来たら、やっぱり美味しいものが食べたいですよね?

実は私、すごく美味しい麺が食べられるお店を知っているんです。

その名も「林文必涼麵(リンウェンビーリャンメェン)」。

まだ旅行者には見つかっていない隠れた名店です。

しかも大学近くのアクセスしやすい場所にあるので

特に美味しい麺が食べたい人にご紹介します。

台北の「林文必涼麵」で食べられる美味しい麺とは?

お店の名前にもありますが、「涼麵(リャンメェン)」と呼ばれる

日本の冷やし中華のような麺が食べられます。

その他にも、日本ではなかなか食べられないような麺やご飯類、

小皿料理なども充実しています。

台北でおすすめの「林文必涼麵」の場所と行き方

お店は、学校がや住宅が建ち並ぶ「大直(ダーズー)」というエリアにあります。

そこに「實踐大學」という大学があるので、学生さんやお店が多いんですよ。
 

行き方ですが、台北市内を走るMRTという電車を利用するのが便利

路線図が簡単で見やすい上に色でも分かれているので

台北に初めて来る人でも分かりやすいです。

茶色い路線の「文湖線」に乗って「大直駅」で降ります。

「松山機場=松山空港」駅から1つ先です。

駅の1番出口から外に出たら、目の前には可愛い小学校があって

右には果物屋さんがあるので、その方向へまっすぐ進みます。

食堂、パン屋さん、コンビニなどの前を通って歩くこと数分……

図書館が見えてきました。

その辺りで左を見ると道路の向かい側にお店が。

なんて便利なロケーション ( ̄▽ ̄)
 

でも残念ながら、丁度良いところに横断歩道がないので、

右からも左からも容赦なくやってくる

車やオートバイに気をつけて

道路を渡って下さい。
 
無事に渡る自信がない人や、「横断歩道しか渡らない!」という人は

そのまま歩き続けると少し先にあるセブンイレブンの所に

信号付きの横断歩道があります d( ̄  ̄)

可愛いくて明かるいお店☆

お店の外観は明るくて清潔な感じ

「暗くて怪しい……」

みたいな雰囲気はなく女子も安心です。
 

入り口のドアには有名人が訪れた時の写真がたくさん貼ってあるので

現地で暮らす人の間では人気があることが分かります。

中に入ってみると、だいたい50人くらいは座れそうな広さ。

雰囲気的には涼麵のお店というよりも

手頃な値段のイタリアンを出してくれそうな

ちょっと可愛い感じの店内です (・∀・)

頼もしそうな大きいエアコンも完備。
 
台湾の夏は湿気が多くて暑いですからね!
 
席は自分の好きな所に座って大丈夫です。
 

あ、お客さんがいなくてガラガラに見えるのは

お食事時間になると満席になる人気店なので

私がわざとこの時間帯(14:00~16:00)を狙って行ったからですよ。

並んだりするのが嫌いなんで ( ̄(工) ̄)

中国語しかないけどオーダーしてみよう!

出入り口の所のカウンターには、オーダー表と鉛筆が置いてあります。

その隣の調味料がある低いテーブルにもあります。
 
お箸、スプーン、ティッシュもこちらにあるので
 
自分で席まで持って行って下さい。

ローカルなお店なので、
 
もちろん日本語なんて書いてありません!
 
英語も……
 
ありません!!

 
だから人によっては、漢字の意味から味を推測して

賭けに出るしかなさそうです d( ̄  ̄)
 

ちなみに、注意事項として書かれている内容はコレ。

★印が付いているものは辛い

●印が付いているものはスープに入った麺

オーダー表の上のところには

「第     桌」という箇所があるので、

テーブルの角にある番号を記入しましょう。

記入し終えたらカウンターの店員さんに渡します。

お会計はお店を出る時に。

待っている間に食べる準備

さてと。
 

オーダーし終えたら、厨房の入り口付近にあるステンレスの樽の所へ。

お店で作っている無料の紅茶があるんです。

ほんのりした甘みに癒されます。
 

真ん中が閉めるって注意書きがあるんですが

毎回うまくレバーの調節ができなくて

下のバケツに紅茶がジャーっとこぼれちゃいます。
 

う~ん、難しいなぁ (; ̄ェ ̄)

置いてある調味料は、酢やドロっとしたお醤油とか

ラー油や「食べる唐辛子」みたいなのもあります。

でも、日本の唐辛子と辛さのレベルが違うので

心の準備をしてから口にする方が身のためです。

安くて美味しい!麺、滷肉飯、おかずを食レポ

待つことほんの数分で……
 

来ましたー o(≧▽≦)o

原味涼麵

写真で見ても分からないかも知れませんが

こちらのお店の麺は、日本で売られている

「棒ラーメン」のような白い麺なんです。
 

自分で炒めて作る焼きそばみたいな黄色っぽい麵と違って、

コシがあって美味しい!
 

上に載っている具は千切りのきゅうりだけ。

かかっている胡麻ソースは甘酸っぱいので

シンプルな日本の冷やし中華みたいです。
 

小40TWD(約145円)大45TWD(約163円)

韓式泡菜涼麵

汁っぽさが全くなく、キムチときゅうりしか載っていません。

だから最初は「調味料入れないの?」と思ったんですが

混ぜるとこんなに真っ赤!
 

まぁ、ビックリするほど辛くはないです  (。・ω・。)
 

逆に、キムチだけで味付けをしてしまうシンプルさに

キムチ好きな人はハマります。
 

小50TWD(約182円)大55TWD(約200円)

泰式涼麵

「泰式」というのはタイ風の意味。

甘酸っぱい中に辛さもあって、あ~まさにタイの味!

でも、韓式の麺より辛いので

見た目で判断しちゃいけないって事です。
 

小40TWD(約145円)大45TWD(約163円)

湯粄條

お米で作った麺なのですが

ここのお店のものは本当に絶品です

モチモチ感とツルツル感がものっすごい

お箸でつまむとプニっとしてます。
 

カツオだしのような味がするスープも

台湾らしい薄味で美味しいですよ。
 

小40TWD(約145円)大60TWD(約218円)

滷肉飯

ご飯類もあります♪
 

滷肉飯(ルゥーロウファン)のそぼろ肉は濃い目のピリ辛味。

今まで食べてきたものは甘めの味付けばかりなので

ちょっと新鮮な感じがしました。
 
小25TWD(約91円)大35TWD(約127円)

炸雞排

麺やご飯だけじゃ栄養が偏っちゃうので  (。・ω・。) 

店員さんに人気の小皿料理を聞いたら

おすすめされたのが鶏の胸肉のから揚げ。
 

胡椒味の衣はカリッカリ、お肉は柔らかくてジューシーです。
 

この胡椒の味は「五香」が入っているようなので

嫌いな人がいるかも知れませんが、 

これが台湾の味ですよ d( ̄  ̄)
 
60TWD(約218円)

嘴邊肉

豚のほほ肉なので、すごく柔らかい (´∀`)

上にかかっている甘酸っぱいタレは
 
甘い……
 

砂糖の甘さです。

タレをかけずに、お醤油で食べた方が

日本人好みだろうなぁ~と思います。
 

50TWD(約182円)

燙青菜

この日お店にあった茹で野菜3種類の中から、

シャキシャキな歯ごたえの

空心菜を選びました。

かかっているのは、ほんの少し甘いお醤油ベースのタレに

ニンニクや豆板醤が入っているのでピリ辛味です。
 

30TWD(約109円)

涼拌小黃瓜

台湾の食堂によく置いてある、ニンニク入りのきゅうりの酢の物です。

サッパリしているからお口直しにちょどいいですよ。
 
30TWD(約109円)

味贈貢丸湯

最後は、豚の肉団子が入っているお味噌汁でしめますね。

個人的には、味の濃いお味噌汁のほうが好みですが

台湾人はこの薄い味が好きなようで。
 

肉団子がプリプリで美味しいです (´∀`)
 
30TWD(約109円)

台北の「林文必涼麵」でおすすめのメニューは?

 

「韓式泡菜涼麵」と「湯粄條」は本当におすすめです!
 

大きさが大小で分かれているので、店員さんにどのくらいの差があるのか聞いたら

「すこ~し、ね♡」

と、すごく曖昧な返事をされましたが、色々なメニューを食べてみたいのであれば

やはり、小さいサイズをおすすめします。
 
台北で暮らす人に人気の隠れた名店に、ぜひ足を運んでみて下さいね。

店舗情報

  • [店舗名] 林文必涼麵  
  • [住所] 台北市大直街38號
  • [電話] 02-8509-2716 
  • [営業時間] 月~土10:00~22:00
学生時代はハワイに留学。
帰国して航空会社で働いた後、
結婚を機に台北市に移住。
台湾の自由奔放さに魅力を感じる
息子2人のママ&Webライターです。

関連記事

  1. 城隍廟と、嘉義城隍廟の厄除け行事「夯枷」にて台湾文化を感じる
  2. 九份(九分)を観光してきた!行き方、おすすめグルメは?
  3. 淡水の対岸!台湾「八里」のご当地グルメ&サイクリングを楽しもう!…
  4. コンパクトながらも美味しいものがたくさん!遼寧街夜市へ行ってきま…
  5. 台北の鼎泰豐 (新光三越A4)に行ってみた!本店より空いている!…
  6. 台湾で人気の仙草って?美味しいお店「來點」とおすすめ品を教えます…
  7. 台湾入国直後に役立つ「桃園国際空港」第1ターミナルの施設紹介
  8. 龍が宿る伝説の橋!?「内湖白石湖吊橋」でスリリング空中散歩!

カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ

当サイトの真の管理人。
来なくて良いのに旅には必ずついてくる。
基本的にサイトのことは副管理人に任せて自分は遊んでいる。

■副管理人

名前:こまたろ

当サイトの副管理人。
もしかしてうさぎにこき使われている。
WEBサイト運営やマーケティングなどを専門にフリーランスとして活動中。

趣味の一つが旅行♪
このサイトは、同じ目的地に旅行を考えている人に少しでも役に立てればと思い立ち上げました。

■はてなマン

名前:はてなマン

疑問に思ったときに突如として現れる。
PAGE TOP