台湾

台北で人気の「シーザーパークホテル」を徹底検証して判明した事

こんにちは♡台湾在住のLuanaです。

旅行を楽しむためにはどのホテルに滞在するかが

とっても重要なポイント。

そして、ホテルがたくさんある台北を訪れる時には

「一体どこに泊まったらいいの?」と

ホテル選びに困る人もいるようです。

 

現地で暮らす私も、時にはホテルに宿泊することがあるのですが

最近「シーザーパークホテル台北」を利用したので

ホテル、周辺、お部屋を徹底検証をしてきました!

今回はその時の様子と、判明した “ある事実” を

皆さんにご報告します d( ̄  ̄)

 

シーザーパークホテル台北はどんなホテル?

シーザーパークホテル台北の外観

台北駅のすぐ目の前にあります。

駅から利用できる公共交通機関は

高鐵(新幹線)、台鐵(在来線)

MRT(主に台北市内を走る電車)

バスがあって非常に便利。

しかも周囲にはデパートやお店がたくさんあるので

ロケーションは抜群です   (*´∇`*)

だから、初めて台湾を訪れる人だけでなく

リピーターさんにも人気があります。

  

ホテルへの行き方

MRTの利用がおすすめです。

赤色の「信義淡水線」または青色の「板南線」を利用。

すでに書きましたが最寄り駅は台北で1番大きい台北駅ですよ。

シーザーパークホテル台北の行き方

駅構内の壁には出口案内の看板があちこちにあるので

どの出口を利用するのかが分かりやすいですね!

シーザーパークホテルは中国語で「台北凱撒大飯店」

読み方は「タイベイカイサーダーファンディエン」。

出口は “M6” です。

 

って説明したところで看板に書いてあるホテルの名前が

1文字足りないことを発見……

ここまで検証するつもりはなかったんですが (; ̄ェ ̄)

矢印に従って歩いて行くと……

駅から1歩も屋外へ出ずにホテルに到着。

とりあえず中に入ってみましょう。

ホテルの中と周辺の様子を検証!

ん?ここは??

地下街にはレストランやお店があって超便利

駅の出口からつながるドアを抜けると……

食べ物屋さんがいっぱい並んでいるっ ( ̄▽ ̄)

シーザーパークホテル台北の地下食堂街

ラーメン、和食、イタリアン……

ここはホテルの地下1階にあたるので

「飲んだ後はやっぱりラーメンでしょ!」

とか

「疲れて食べに行くの面倒くさぁ~い」という場合も

屋外に出ることなくお腹を満たせます♡

 

駅が近いだけでも相当便利だと思うんですが……

なんて便利なのっ (≧∇≦)

レストラン街の先には床屋さん、さらに帽子や傘を売るお店もあるので

思わぬ天気の変化にも臨機応変に対応できちゃいます。

 

ちなみに台湾人女性がよく夏に使っている傘は

一見雨傘のようにも見えますが

晴雨兼用傘なんですよ d( ̄  ̄)

 

日本で売られている日傘のように刺繍やフリルはありませんが

台湾の強い日差しもブロックしてくれて実用的。

見かけより中身で勝負ですっ。

さて。

エレベーターで上の階にあるホテルのロビーへ行きましょう。

さすが日本人に人気があるホテルだけあって

案内は日本語でも書かれています。

 

さらに進むと……

エレベーターの中にも日本語の表示が。

海外では日本語を見るだけで安心ですよね (´∀`)

ロビーの様子

シーザーパークホテル台北のロビー

1階でエレベーターを降りると、白を基調としていて

広々な印象のロビーに着きました。

右手にはフロントデスクがあり

円を描くように長~いんです。

上品な雰囲気がいいじゃないですか♡

おっ (´⊙ω⊙`)

便利な物を発見!

フロントデスクの左端のガイドブックなどが置かれた場所には

ホテル情報が書かれたカードがあります。

しかも嬉しい事に中国語で書かれている文章の意味は

「シーザーパークホテル台北に行きたいです」

 

だから、もし迷子になったとしても誰かにこれを見せれば

「あぁ、このホテルに行きたいのね?」って

すぐに分かってくれそう ( ̄▽ ̄)

お守りとしてポケットに1枚入れておきましょう。

ロビー奥には15人くらい座れそうなソファーがあって

さらに奥にある出入口はホテルの横側に位置しています。

スタッフは日本語が話せる

ロビーでは10人くらいのスタッフの方々を見かけました。

人によっては日本や韓国の国旗のバッジをしています。

こちらの陳さんにどんな人が付けるのか聞いてみたところ……

 

「日本の国旗のバッジを付けているのは日本語検定2級以上の人。

付けていなくても話せる人がたくさんいます!」

と教えてくれました。

 

確かに。

私がロビーでウロウロしていた時、声をかけてきたスタッフの方は

バッジを付けていなくても日本語がペラペラ!

Luana

日本語で案内がされているだけでなく

皆さん日本語が本当にお上手なので

とっても心強いです。

  

周辺にはお店がいっぱい

エレベーターホールから出て左手にはホテルの正面玄関があり

「忠孝西路」という大通りに面しています。

外からホテルを見るとこんな感じ。

そしてホテルの目の前にある台北駅は

夜になるとライトアップされてとっても綺麗です♡

ホテルの玄関の右側には、ショウガを使った化粧品を扱う

台湾ブランドのお店「薑心比心」があります。

使い心地がとっても良いので、自分で使っても

誰かにお土産で渡す場合にもおすすめです。

左側には台湾の有名なお茶屋さん「天仁茗茶」もあります。

ドリンクスタンドも併設されているので

看板にも書いてあるように「激うま!」な

台湾ドリンクが味わえちゃいますよ♡

さらにホテルから右へ約250m歩いた先にあるのは

新光三越デパートやファミリーマート。

ホテルの後ろ側にもご紹介できないほど

たくさんのお店があります。

Luana

ここまで便利だと台北に滞在中の

“ 食べる・買う ” に関しては

ホテル周辺で済ませられそうな

最高のロケーションです。

セキュリティも安心☆

それではエレベーターに乗って

お部屋に向かってみましょう。

カードキーを使ってお部屋に行こう

お部屋に行くにはカードキーを差し込むと

その階が押せるようになっています。

これは安心 (・∀・)

2階から上にはレストラン、会議室、宴会場、

ジムやスパがありますね。

 

ちなみにレストランへ行くにはカードキーは不要ですが

ジムとスパは必要です。

会議室や宴会場へはフロントデスクで声をかける必要があります。

今回宿泊する19階に到着。

部屋番号の表示は大人な雰囲気のロビーとは違い

可愛いらしい感じ♪

廊下の壁は灰色で落ち着いた雰囲気ですね。

お部屋はどうかな?

広くて快適に過ごせる部屋の中

シーザーパークホテル台北のデラックスルーム

お!

結構広いです (・∀・)

こちらはデラックスルームというお部屋で

大きさは33㎡あります。

全体が写るように写真がうまく撮れないので

部分ごとに細かくチェックしていきましょう♪

ベッドルームの設備

まず入り口のドア付近にはクローゼットがあります。

スリッパがちゃんと付いていて金庫もこちらです。

下の引き出しには浴衣がありました!

パジャマを持ってくる必要がないから

荷物が減るじゃないですかっ ( ̄▽ ̄)

 

必需品しか持って来ていないはずなのに

なぜか荷物が多くなってしまう私には

本当にありがたいサービス♡

その左側には飲み物、湯沸かしポット

冷蔵庫が隠れていて

無料サービスの飲み物はお水が2本と

有名なメーカー品ではないですが

ティーバッグ(緑茶・紅茶)と

コーヒーがあります。

ポットの脇に1か所目のコンセントを発見。

110Vなので日本から持ってきた電化製品は

変圧器なしで使えます。

日本と台湾は電化製品の世界でも

仲良しなんですね (・∀・)

引き出しの中にはドライヤーが袋に入っていました。

マイナスイオンが出るとか女子が喜ぶタイプではなく……

ひたすら髪を乾かす仕事に専念 ( ̄(工) ̄)

みたいなやつです。

冷蔵庫の中に有料のお水とソフトドリンク

台湾ビール1缶を発見。

窓際にあるソファーは見て分かるように

フカフカしているタイプではないので

ちょっと座る程度だったら良い感じ。

ベッドは適度に固めのスプリングで

個人的には寝やすいと思いました。

幅は一般的な大きさの枕が2つ並べられる位です。

枕元には残念ながらコンセントがないので

充電するには湯沸かしポットの所にある

コンセントを使うしかないようです。

携帯を充電しながら寝たいという人にとっては

不便かも知れないですね……。

 

まぁ、私は充電中に爆発するのが怖いので

寝る時は離れた所に置くから

全く問題なしでした (。・ω・。)

その下に隠れている懐中電灯も見逃しません。

バスルームの設備

日中は窓から自然の光が入って気持ちいいバスルーム。

窓から外を眺めてみると少しだけ緑が見えますが

都会のど真ん中なんでお隣のビルも見えます。

もちろん窓にはブラインドカーテンが付いていますよ。

湯舟は西洋スタイルで日本のように深くはないんですが

160cmの私が足を伸ばしても、まだ余裕があるくらい。

とっても広いのでお風呂にゆっくり浸かれます♡

そこから5歩ほど離れた所にあるのはシャワールーム。

気になるシャワーの強さですが……

ばっちり ( ̄▽ ̄)V

 

でも、シャワールームは湯舟の傍にある方が使いやすいと思いました。

シャワーを浴びた後にお湯に浸かる場合

体を多少拭いてからでないと

床が濡れて滑りやすいんで。

洗面台の辺りはこんな感じ。

写真では小さくて分かりづらいかも知れませんが

鏡の左下あたりに2か所目のコンセントを発見。

洗面台の右手には石鹸が

左手には一般的にホテルに備わっているアメニティーグッズの

シャンプー、コンディショナーなどがあります。

コンセントはちょうどこの上の辺りです。

トイレは

1931年に創立されたHCGという台湾のメーカーのもの。

TOTOと同様に、なかなか良いと評判です。

お部屋を検証して判明したある事実とは!?

実は、2012年の改装工事の後にこちらのホテルに

数回滞在したことがあるんですが

今回は何かが違う……。

 

あっ (´⊙ω⊙`)

過去に泊まったお部屋みたいに新しくてモダンなデザインじゃなく

お部屋が改装されていない感じがする!

 

この件についてホテルの方に聞いてみたところ

こんな事実が判明しました。

 

「8~10階にあるお部屋は全て改装済みです。

その他の階は改装しているお部屋と

していないお部屋があるんですよ」

 

な、なんですってぇっ    ( ゚д゚) 

台湾のガイドブックにだってそんなこと書いてなかったから

てっきり全部屋の改装工事をしたのかと思っていて

家族、親戚、友人、仕事関係のお客様み~んなに

そう言いふらしていました(←嘘つき)。

 

ちなみに私が今回滞在した “デラックスルーム” と同じタイプで

改装済みのお部屋というのは “メトロポリスツイン” 。

ホテルのサイト上にあるお値段を確認すると……

 

デラックスルーム  
9,500TWD(約34,770円)

メトロポリスツイン  
14,000TWD(約51,240円)

 

新しく生まれ変わったお部屋の方が

やっぱり高いですね。

 

とは言え、改装されていないデラックスルームでも

写真でも分かるようにとっても綺麗なんで

私は満足でしたよ (・∀・)

シーザーパークホテル台北のおすすめポイント

ホテルの目の前には台北の主要駅である台北駅、

周辺にはお店やデパートが立ち並んでいるので

滞在中はとにかく便利で行動しやすいですね。

 

それに日本語が話せるスタッフがたくさんいるので

いざという時にも安心です!

 

またお部屋は改装の有無に関わらず綺麗。

 

日本人に人気があるのが納得できる「シーザーパークホテル台北」。

これからは台北で滞在するホテルの選択肢の1つに

ぜひ入れてみてくださいね。

  

シーザーパークホテルを予約するなら

日本から予約するならエクスペディアやagoda経由がおすすめです。

両者とも価格は同じくらいですが、公式経由よりも割引されていることが多いのでお得ですし、

ポイントもゲットできるので、他の旅行に行く際に活用することもできます。

時期によってセールをやっていることもあるので、どちらもチェックすると良いですよ(^o^)/

エクスペディアでシーザーパークを予約する

agodaでシーザーパークを予約する

ホテル情報

  • [ホテル名] シーザーパークホテル台北(台北凱撒大飯店)
  • [住所] 台北市中正區忠孝西路一段38號
  • [電話] 02-2311-5151 
学生時代はハワイで楽しく留学。
その後は日本に帰国して航空会社で働き
十数年前、結婚を機に台北市へ移住。

中学の息子2人を相手に日々奮闘しつつ
自由奔放で魅力にあふれる台湾の
HOUBOUレポーターとして息抜き中.。.:*☆

サイト責任者:こまたろ

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

関連記事

  1. 龍が宿る伝説の橋!?「内湖白石湖吊橋」でスリリング空中散歩!
  2. 台北101近くのエモくて美味しい蛋餅店「軟食力」で蛋餅を食べる
  3. 夜市No.1!?台北の下町情緒溢れる南機場夜市で食べまくりの夜♪…
  4. 台湾の人気B級グルメ!「金峰魯肉飯」の魯肉飯を食す♪
  5. 白粥&台湾小菜に舌鼓!迪化街「清粥小菜」の朝ごはん♪
  6. 台湾再発見!台北・華山1914へ行こう!!
  7. 台湾式朝ごはん☆台北の人気店「味鼎」で食べる手作りサクサク蛋餅
  8. 栄養満点モーニング!台北「秦小姐豆漿」のおススメメニュー5選!

カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。
PAGE TOP