台湾

台湾101の欣葉食藝軒のコース料理を食べてみた!

台湾の観光名所のひとつに台湾101がありますが、

そのビルの85階に台湾で有名な高級レストラン【欣葉食藝軒】があります。

食費がとにかくやすい台湾ですが、

欣葉食藝軒はなかなかお値段のはる高級料理店。

でもせっかくだからスペシャルな台湾を味わいたい!

ということで今回は人気のコース料理を頼んでみました。

予約方法や行き方、料理の感想をまとめています。

欣葉食藝軒は予約必須!

台湾のお店は基本現地に行って順番待ちが基本ですが、

欣葉食藝軒は時間帯で席が区切られているので、

順番待ちはできません。

そもそも入場する際のエレベーターに乗るときに、

係員の人に【予約はありますか?】と聞かれてしまいます。

またかなり前から予約が埋まるので、

行く予定が決まったらなるべく早めに予約するのがおすすめです。

 

簡単に予約するなら日本の海外レストラン予約サービスを使うと便利です。

私はグルヤクを良く利用します。

日本語対応ですし、しっかりと予約が取れたことを確認できるので安心できます。

また予約日変更も手数料無料なので、

予定が決まっていなくてもひとまず席が埋まる前に確保しておくこともできます。

なお席予約の際、窓際が良い場合はしっかりとリクエストしましょう。

欣葉食藝軒への行き方

まずは台北101をめざします。

欣葉食藝軒の行き方1

台北駅から赤い地下鉄淡水線で台北101/世貿駅で下車します。

乗り換え無しなので簡単♪

そこから徒歩で3分程度でつきます。

欣葉食藝軒の行き方2

台北101は本当にでかいので迷うことはまずないでしょう。

こちらが台北101。たっ!高い!

欣葉食藝軒の行き方3

欣葉食藝軒の行き方3

台北101に行ったら看板に従って、

高層階にあるレストラン専用エレベーターにいきます。

載る前に係員に予約のひとか?と聞かれるので、

そうですと答えるとエレベーターまでエスコートしてくれます。

専用といっても60階で乗り換えが必要です。

欣葉食藝軒の行き方4

その後60から85階のエレベータで欣葉食藝軒へ向かいます。

欣葉食藝軒の行き方5

こちらが欣葉食藝軒のエントランス。

うーん♪素敵な雰囲気が漂ってますね^^

欣葉食藝軒の行き方6

席は大きく窓側とそうでないテーブルにわかれます。

窓側だと台北市街を一望できます♪

欣葉食藝軒のコース料理を食べてみた!

欣葉食藝軒では当日単品もしくはコース料理から選ぶことができますが、

コストパフォーマンスが良いのはコース料理です。

基本的には3つのコースが用意されています。

欣葉食藝軒のコース料理

1200、1500、2000台湾ドルのコースがありますが、

今回は奮発して2000台湾ドルのコースにしてみました!

ここに+10%のサービス料が加わります。

コース料理1

まずは前菜から。

もうおしゃれな感じが♪

どれもおいしいですが、ホタテが特においしかった!

コース料理2

こちらはサラダ。

酸味のきいたさっぱりした味わいです。

コース料理3

いきなり出てきましたアワビです♪

日本でこの大きさは食べようなら、結構なお値段がするはずですが、

台湾ではかなりやすい!

少し甘みのあるソースがあわびとよく合います。

歯ごたえもイイ♪

コース料理4

ある意味今回これを目当てに食べに来たといっても過言ではない一品。

台湾では【ぶっとびスープ】という愛称で有名なスープです。

あわび、フカヒレ、干し貝、まつたけなど、

高級食材がたくさん盛り込まれたスープで、

「あまりの美味しそうな香りに修行僧ですらお寺の塀を飛び越えて来る」

というところからぶっとびスープといわれているそうです。

本当に具材が贅沢で、あじも出汁に深みがでていておいしい^^

これも日本で食べたらすごい金額になりそうです。。。

コース料理5



こちらはメインディッシュのお肉です☆

ガーリックソースなので日本人にも食べやすいお味。

お肉も普通においしいです♪

コース料理6

デザート前のごはんは中華ちまきです。

突出すべき料理ではありませんが、

とってもおいしいです。

ただもうこのころにはお腹がかなりいっぱいになっていました。。。

コース料理7
コース料理8

デザートはフルーツと杏仁豆腐♪

お口をさっぱりとさせてくれます。

これにてフィニッシュ

コスパが半端ない!おすすめの人は?

見てわかるようにコース内容がとてつもなく豪華です。

これでサービス料込みで1人2200台湾ドル。

日本円で約7900円という驚き価格!

日本ではなかなかこの値段で、アワビやお肉、ふかひれを同時には食べれません!

台湾の食事としては高価ですがコストパフォーマンスは最高。

台湾で特別な食事を楽しみたい!という方はぜひおすすめです。

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

関連記事

  1. 安くて旨い名店!迪化街「民楽旗魚米粉湯」のビーフン湯!
  2. 【2019年版】台湾の士林夜市の遊び方!おすすめのグルメは?
  3. 世界のグルメ屋台が集結!台湾MAJIMAJI集食行樂へぶらり散歩…
  4. 【台北西門町】コスパ良し!隠れ家的小籠包の名店「梁山泊小籠包」
  5. 台北通おすすめ☆有名店越え!?「黄龍荘」での海老まるまる小籠包
  6. 城隍廟と、嘉義城隍廟の厄除け行事「夯枷」にて台湾文化を感じる
  7. カラフル小籠包で人気の台北、楽天皇朝はおいしい!?
  8. 虎山渓流が美しい☆都会の桃花源ユートピア「虎山親山歩道」へハイキ…

カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。
PAGE TOP