台湾

台湾の士林夜市の遊び方!おすすめのグルメは?

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)

台湾と言えば夜市!夜市と言えば士林夜市!

今回は、夜市の中で一番有名な士林夜市で遊び倒してきました!

その中でおすすめのグルメや見どころについてお話していきます(*’▽’)

士林夜市ってどうやって行くの?

士林夜市ではタクシーやバスで行く方法もありますが、

一番安くて簡単なのはMRT淡水線を使う方法です。

台北駅から赤のラインであるMRT淡水線で、劍潭(ジエンタン)駅の1本です!

移動の徒歩も含めると大体21分くらい。

注意したいのが一つ先の士林駅で降りるわけではないこと!

劍潭駅ですのでご注意を!

劍潭駅からはすぐなので迷うことはありません。

V字の分かれ道くらいから屋台が出ているので、駅を出ると見えますし、

観光客や地元の人がいつも多く、人の流れについていけば良いです。

ちなみにMRTの終電は24時台です。

トイレはある?

地上の屋台街にはありませんが、

B1美食区という地下街にはお手洗いが設置されています。

夜市の中心位置にあるので、どのエリアからも行きやすいです。

士林夜市のおすすめのグルメは?

士林夜市で気になるといえばやっぱりグルメですよね!

士林夜市は台湾の夜市の中でも一番大きく、グルメ屋台の数もかなりおおいです。

正直何を食べるかは実際に行ってみてその時の気分!がおすすめですが、

管理人が食べてみておいしかったもの、面白かったものをご紹介していきます^^

台湾ビール

台湾ビール

夜市ならではというわけではありませんが、

屋台めぐりのお供に台湾ビールを飲むのもおすすめです。

台湾ビールはくだものベースのビールもあり、

炭酸ジュースのような味わいもあるので、とっても面白いです♪

写真は左がぶどう、真ん中がはちみつ、右がパイナップル。

コンビニで売っているので、夜市をめぐる前に買い出ししましょう!

フルーツジュース

夜市のお供に、せっかく台湾にきたらなら是非フルーツジュースを飲んでほしい!

とにかく台湾はフルーツジュース天国

お店もたくさんありますし、安くてどこもレベルが高いです(*’▽’)

私は台湾にきたら1日に4杯は飲んでます(笑)

士林夜市にもフルーツジュース屋はたくさんありますが、

B1美食区の地下にあるフルーツジュース屋はかなりうまかった~♪

B1美食区は士林夜市では最も有名でメインとなる場所になります。

改装工事がおこなわれたので、中はとてもきれいなので、

清潔感がちょっと気になるという人でも安心して食べれるでしょう。

おみせの名前はよくわからなかったのですが^^;

地下1ろう?61番が目印。

ちなみに管理人おすすめのジュースはミルク割。

中でも木瓜牛奶(パパイヤミルク)

西瓜牛奶(スイカミルク)

芭楽牛奶(グアバミルク)

芋頭牛奶(サトイモミルク)

最強四天王です(`・ω・´)

スイカとグアバはさっぱり系

パパイヤとサトイモは甘くてコクがある感じかな。

サトイモとミルクって想像つきませんが、めちゃあいます。

またパパイヤは牛乳との酵素の関係で20分以上経過すると苦くなってくるので、

注意してくださいね。

 

 

麺線

台湾に行ったら絶対に食べたほうが良いのが麺線です!

麺線とは日本でいう素麺を使った素うどんのようなもの。

味はかつお出汁のようなものがベースで日本人に馴染みやすい味なので、

とってもおいしいのです♪

麺線は具材の違いでいろいろな種類があるのですが、

いちばんおすすめなのがこちら。

牡蠣麺線

牡蠣が入った牡蠣麺線です♪

麺線の一般的なものは腸モツを使ったタイプなのですが、

こちらは少し癖があるので、苦手な人には食べられないかもしれません。

その点、牡蠣麺線は癖が全くないので、初めての方でも安心してチャレンジできます。

日本の牡蠣と違い小ぶりで小さな牡蠣がたくさん。

麺は柔らかく煮込まれていて、細かく麺が切られているので、

吸うというより、蓮華ですくって食べる感じです。

とにかく味がおいしいので一度は試してほしい一品♪

ちなみに今回食べた場所はこちら。店の名前が読めません^^;

B1美食区の奥の方にあります。

 

ちなみにモツ系の麺線がいいなら阿宗麺線(アゾンミェンシェン)がおすすめ♪

こちらは麺線は台湾では1位2位を争うほど人気です。

はてなマン

たしかこの店は西門町が有名では??

こまたろ

あ、そうそう。観光雑誌だと西門町が良く載っているね。
でも西門町と違って士林夜市点は座って食べれるのでおすすめなのよ♪

おいしさは文句なし。かつおだしベースにちょっとにんにくを聞かせたスープと、

そうめんのちゅるちゅる感がたまらない♪

モツもほとんど臭みは感じないはずです。

蚵仔煎

こちらも定番の台湾グルメ蚵仔煎(オアジェン)。

いわゆる牡蠣オムレツです。

牡蠣オムレツもたくさんのお店がありますが、

一番有名店がこちらの阿婆之家。こちらもB1美食区

基本的に牡蠣オムレツがおすすめ有名ですが、ほかにも色々あります。

こちらが牡蠣オムレツ♪

台湾の牡蠣は日本と違って親指ほどの大きさです。

卵と牡蠣オムレツ、ネギなどの野菜が入っています。

ソースはスイートチリ系なのですが、微妙にちがう。

日本には全くない味です。

少し甘辛い感じですが、ソースほどコッテリしていません。

おそらくほとんどの日本人の味に合う味です。

魯肉飯

台湾に行ったら絶対に外せないのが魯肉飯(るーろーふぁん)です!

煮込み豚肉がご飯にかけられた牛丼に近い感じの料理ですが、

台湾の国民食といっても過言ではないでしょう。

お店によって味が全く違うので、自分好みの魯肉飯を探すのも楽しいですが、

士林夜市で食べるならここ。

忠誠號蚵仔煎

忠誠號蚵仔煎というお店で、B1美食区という地下街に入る手前に店舗があります。

魯肉飯

そしてこちらが魯肉飯。

とろっとろの豚肉がたっぷりとかかっていておいしい!

魯肉飯は八角が入っているのですが、

こちらの魯肉飯はあまり八角が強くないので、

初めての方でも食べやすい味にまとまっています^^

お値段も小なら25元、大でも40元なのでとっても安いですよ♪

炒米粉

同じお店ですが、もう一つおいしいのが炒米粉(チァォミィーフェン)。

炒米粉

いわゆる焼きビーフンみたいな感じですが、

もう少し麺が太めで焼きそばに近い感じです。

魯肉飯と同じとろとろ豚肉のかかっていて、こちらも美味^^

ご飯じゃなく麺を食べたいなら、こちらもおすすめです。

ベーコンチーズじゃがいも

台湾ぽいっというわけではないのですが、

B級グルメ的なものでおすすめの食べ物です(*’▽’)

こちらの起司馬鈴薯はチーズじゃがいもの専門屋台。

士林夜市の入り口近くにあります。

いつも行列ができているので、おそらくすぐにわかるはず。

チーズじゃがいもをベースに色々な具材のパターンがあるので、

好きなものを選ぶとよいと思います。

ちなみにこちらは一番おすすめなベーコンチーズじゃがいも。

じゃがいもはすごーくなめらかなマッシュポテトで、

チーズはとろとろ♪

でもこってりしてないチーズで、

ベーコンと塩コショウ味があいまって、不思議とどんどんっ!たべれちゃいます♪

炸鮮奶

ごはんを食べたら次はデザートですよね♪

炸鮮奶

炸鮮奶(チャーシンナイ)と呼ばれるもの。直訳するとミルクを揚げる。

その通りで、ミルクセーキを揚げた感じのおやつです♪

炸鮮奶2

中はとろとろの熱々で、お店の人が『とても熱いから気を付けてね』と言っていました。

食べてみると甘さ控えめなんですが、濃厚でミルク感たっぷり♪

日本にはあまり見かけない食べ物なので試してみてほしい一品です。

糖葫蘆

糖葫蘆

炸鮮奶(たんふーるー)は果物を砂糖漬けしたもの。

日本だとリンゴ飴が一番馴染み深いかもしれませんが、

台湾ではトマトが飴になっているものがメジャーです。

糖葫蘆2

こちらが糖葫蘆。

一番下がプチトマトで上の2つはイチゴになります♪

全部プチトマトもあるのですが、あまり慣れ親しんでいないので、

無難なイチゴありを選択しましたw

味はまさにリンゴ飴と同じですが、飴の量は台湾のほうが多い気がします。

これを食べながら夜市を周るのもありですよ♪

芋圓

台湾にもたくさんのスイーツがありますが、

昔から台湾で親しまれているスイーツに芋圓(ユーユェン)があります。

日本人に有名なのが人気観光地の九份にある芋圓ですが、

もちろん夜市でも気軽に食べることができます。

士林夜市で三又路を右側にいったところに、

芋圓食べれるお店が(ごめんなさい、店の名前が見当たらず。。。)

色々なメニューがありますが、大まかに黒蜜汁とかき氷に分かれ、

芋圓は黒蜜汁と一緒に食べます。

組み合わせは、豆花のいわゆる豆腐かあずき。

おすすめは豆花^^台湾らしいから♪

黒蜜の甘さが丁度良くて、芋圓のもちもち感とあうあう♪

豆腐とも抜群です。

私は台湾に行ったら必ず食べるスイーツですね。

 

 

チャレンジしてみる!?台湾食文化を味わうなら

以上が士林夜市で是非食べてほしいおすすめの食事ですが、

ここからは上級者向け、ちょっと癖のある食べ物、

台湾のディープな食文化を味わう一品をご紹介します。

臭豆腐

臭豆腐

台湾ではいたるところで独特の香りがしますが、

その主な原因がこの臭豆腐です。

台湾の人はとても大好きな食べ物で、日本だと納豆みたいな位置づけかと思いますが、

日本人は苦手な人も多い珍味です(笑

正直う〇この香りがするという人もいるので、

食べるのにはチャレンジ精神が必要です^^;

ハマるとおいしいという人もたくさんいるので、食べてみてはいかが?

(ちなみに私は平気なほうでした)

豚の脳みそ

もうタイトルだけで強力ですが、

豚の脳みそを煮込んだスープが台湾にはあります。

豚の脳みそを煮込んだスープ

え!?脳みそ食べるの?って感じですよね?

日本人の我々からは信じられませんが、

台湾では昔から食べられている食材のひとつなのです。

台湾ではその部位を食べると、自分の同じ部位がよくなると信じられていて、

脳みそを食べると頭がよくなると信じられています。

台湾や中国では内臓や血、脳みそなど余すとこなく食べるのが文化なので、

まさにTHE台湾!といえる食べ物です♪(本当かよ・・・)

 

とはいえ最近台湾でも食べられなくなったのか、

士林夜市が観光用に整備されたためかわかりませんが、

豚の脳みそを食べれるところはほとんどありません。

以前はB1美食区の地下街で食べれたようですが、

今は先ほど魯肉飯と炒米粉を紹介した忠誠號蚵仔煎でしか食べれないようです。

忠誠號蚵仔煎

私は気になりませんでしたが、

食べてみると腸モツのような独特な風味がします。

ただ間食はまさに白子って感じで、とろとろ♪

スープは日本人好みの味付けなので、味はおいしいです。

あとは見た目を克服できるかどうかでしょう(笑

はてなマン

これは食べて大丈夫なものなのですか??

こまたろ

中華圏では骨も臓器も血も余すところなくいただくという文化があるからね。
っと思ってたんだけど、食べているとき現地の人?
らしき中華系の人に「信じられねえ」って表情で見られたけどね

花枝羹

花枝羹はイカのとろみスープというものをさします。

台湾ではポピュラーな食べ物のようです。

今回食べたのは先ほどの牡蠣オムレツのお店、阿婆之家。

こちらは花枝羹も有名なようです。

最初魚介ということで、

魚出汁の感じだろうなあと思ったらビックリ(;゚Д゚)

なぜかソース味がしました。

正直なところ慣れてないせいもあってかビミョーかも(笑)

具材のイカは申し分なくおいしいのですが。

でっかいフライドチキン

この食べ物は夜市を調べた人なら知らない人はいないかもしれません。

観光ブック、TVなど必ずといってよいほど取り上げられます。

定番じゃねえか!という感じですが、

個人的には味に衝撃をおぼえました。

でっかいフライドチキンは士林夜市の入り口にあります。

かなり行列ができているので、すぐにわかるでしょう。

注文すると、辛いパウダーは付けるかと聞かれます。

ちなみに写真はかけた状態。

で本題ですが、私はケンタッキー・フライドチキンのような味を想像していたのですが、

実際はすごく甘い(;゚Д゚)

いやこれはこれで無くはないのですが、

日本に全くない味だったので、正直びっくりしてしまいました。

これは好き嫌い分かれる味じゃないかなあ。

量もかなりあるので、個人的には余裕があったらという感じ。

最初に食べちゃうとほかのおいしい食べ物が入りません。

お腹がいっぱいになったら、いろいろ遊んでみよう♪

夜市はグルメがメインですが、ほかに日本の屋台にもあるような、

景品をかけたゲームがたくさんあります♪

ゲーム1

こちらはバケツにボールを投げ入れ、

見事バケツにボールが留まれば景品がもらえるゲーム。

見た目は簡単にみえるのですが、ボールがバウンドしやすいので、

バケツから出ちゃうんです。。。

ちなみにお店のお兄さんは100発100中って感じで、

ただただ関心してしまいました(笑

ゲーム2

こちらは風船をダーツのような矢で割るゲーム。

割った数で景品がかわります。

ダーツが得意な人はこのゲームがおすすめです♪

ちなみに参加を渋れば、本数をおまけしてプレイさせてくれるので、

すぐにプレイするのはやめましょう(笑)

ゲーム3

こちらはボールを投げて、数字の板をぶち抜くゲーム。

日本のストラックアウトで一番馴染みの深いゲームかもしれません。

海老釣りしてみたよ

そんな数あるゲームの中で有名なのが海老釣りです。

日本では金魚釣りが定番ですが、台湾では海老を釣るようです(笑)

ゲームは1回100元。写真のようなタコ糸につるされた釣り竿を7本プレイできます。

タコ糸が切れたら交換という流れですね!

おっちゃん曰く、小さい海老を狙えとのこと。

実際大きい海老を釣ろうとすると針が取れてしまうか、

タコ糸が切れます。

私は計9尾釣りましたが、コツとしてはやはり小さい海老。

そしてしっぽあたりをひっかけることです。

ちなみに大きい海老を釣ったところで得がありません。

このように釣った本数に応じて焼かれた海老がもらえるのですが、

釣った海老を焼くのではなく、

あらかじめ焼かれていた海老が代わりに配られます(笑)

なのでどんな海老を釣ろうが関係なく、何尾釣ったかが重要です。

味はシンプルな塩味。ビールによく合う♪

 

 

食って遊んだあとはマッサージはいかが?

夜市でたくさん食べて!遊んだら!!

疲れます!!!(;゚Д゚)

歩きまくるし、もう足は棒状態です。

ですが安心してください。

ご存知のように台湾はマッサージ天国ですっ!

でもわざわざ遠くのマッサージにいくのは面倒。

ということでせっかくなら夜市にあるマッサージ屋はどうでしょう。

士林夜市にはマッサージ屋もいくつかありますが、

こちらの萬年青足体養生館が地元の人にも大人気店のようです。

実際いつも混んでいて、立地も三又路近くなのですぐに見つかります。

店の雰囲気は大衆的で、若干外の臭豆腐のニオイが入ってくることがあるんですが、

マッサージはマジで気持ちイイっ!(”ω”)

足裏45分、全身45分をやったのですが、

強さが丁度良く、すごく痛いということがありません。

台湾だとよく痛すぎてつらい!というマッサージがあります。

もちろん悪い部分のツボを押させるといたいのですが、

簡単な日本語が通じるので、弱くしてくれます。

マッサージ中に飲む温かいお茶の配膳もマメで、

ホスピタリティが他のマッサージ屋よりも高い印象でした。

また全身マッサージもすごいです。

私日本も海外でもかならずマッサージをするのですが、

まじで全身の隅々までケアしてくれます。

足、脚、おしり、お腹、胸、うで、手のひら、

頭、顔、首を気持ちよくマッサージしてくれます。(女性と男性では有無があるようです)

ここは本当におすすめ。

24時間営業なので、終わりを気にしなくてよいのもgoodです。

もしかしてうさぎ

ふう・・・やはりマッサージは気持ちいいな

こまたろ

あれ!?隊長いつのまに!!

もしかしてうさぎ

日頃から私はがんばっているからな。
自分へのご褒美だ。

こまたろ

(おめえは何もしてねえだろ・・・)

もしかしてうさぎ

ん?なんだね?

こまたろ

い、いえ・・・

夜市に行く前の準備

士林夜市の説明に入る前に、ぜひ持参してほしいアイテムをご紹介します。

ティッシュ、ウエットティッシュ

海外では多いですが、基本お店に拭くものがありません。

手が汚れたりすることもあるので、ティッシュやウェットティッシュは必ず持参しましょう。

テーブルが汚れていても、サッと拭いちゃうこともできます。

またお手洗いにいくときも紙切れの可能性もあるので、

持参しておくと便利です。

飲み物

屋台はもちろん、テーブルのあるお店でもお水はありません。

お店なら飲み物はあるのですが、屋台は無いので、

事前にコンビニなどで飲み物を買い出ししておくとよいでしょう。

お水やお茶、あとはお酒なのですね♪

ゴミを捨てる袋

夜市に行って困るのがゴミです。

串や紙袋、商品を入れてくれるビニール袋や紙箱、

飲み終わったペットボトルなど。

食べ終わったあとに邪魔になるものが夜市では結構出てきます。

夜市ではゴミ箱の数が少ないので、

これらのごみをひとまとめにできる小さなビニール袋があると便利です。

台湾のコンビニで買い出ししても袋は基本もらえませんので、

日本や台湾でビニール袋をもらったときはしっかりとキープしておきましょう。

ちなみに夜市のゴミ箱は、

こんな感じであります。

私が確認したなかでは下記2か所に設置されていました。

はてなマン

ゴミ箱があるなら袋いらないのでは??

こまたろ

いや、夜市って歩き回るでしょ?
ビニール袋がないと、手が塞がっちゃうし、
いちいちゴミ箱のところまで戻るのもめんどうだから。
持っていくと便利だよ(*’▽’)

マスク

こちらは臭いが苦手な人向けですが、マスクがあるとよいかもしれません。

夜市というか台湾は臭豆腐というとても臭いの強い食べ物があって、

この臭いがかなりの広範囲で漂っています。

苦手な人も多い臭いなので、マスクがあると少し楽になります。

士林夜市はどんな人におすすめ

いかがでしたでしょうか?

士林夜市は夜市の中でも最大級の広さで、たくさんのお店があるので、

台湾のいろいろな屋台を見ることができます。

初めて台湾の夜市にいく!という方は、まずはここに行くのがおすすめです。

ただ観光客で混んでいて、ローカル感という雰囲気ではないので、

もっと台湾の地元の感じを味わいたい!という人は、

他の夜市にチャレンジしてもよいかもしれませんね^^

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するポメ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。

関連記事

  1. 5つ星のエバー航空で台北から成田へ。エコノミーの機内と食事は?
  2. 虎山渓流が美しい☆都会の桃花源ユートピア「虎山親子歩道」へハイキ…
  3. 夜市No.1!?台北の下町情緒溢れる南機場夜市で食べまくりの夜♪…
  4. 台北西門町のグルメを堪能!おすすめの観光も行ってみた
  5. 台北駅で何しよう!?おすすめのグルメ、施設について
  6. 台北から電車で行くことができる海水浴場、福隆へ行ってきました!
  7. 24時間OPEN☆台北「雙城街夜市」はアクセス便利なグルメ天国
  8. 台湾101の欣葉食藝軒のコース料理を食べてみた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ

当サイトの真の管理人。
来なくて良いのに旅には必ずついてくる。
基本的にサイトのことは副管理人に任せて自分は遊んでいる。

■副管理人

名前:こまたろ

当サイトの副管理人。
もしかしてうさぎにこき使われている。
WEBサイト運営やマーケティングなどを専門にフリーランスとして活動中。

趣味の一つが旅行♪
このサイトは、同じ目的地に旅行を考えている人に少しでも役に立てればと思い立ち上げました。

■はてなマン

名前:はてなマン

疑問に思ったときに突如として現れる。
PAGE TOP