台湾

台北西門町のグルメを堪能!おすすめの観光も行ってみた

もしかしてうさぎ

こまたろ君、すぐに西門町に行って。

こまたろ

ずいぶん藪から棒ですね、なんでですか?

もしかしてうさぎ

台北の人気観光地といえば西門町は外せないだろう?
沢山のグルメがあるようだが、どの店にいくのがいいのかわからない。
だから君が調べてよかったところに私が行くからだ。

こまたろ

自分でいくのがめんどうなんですね。。。( ;∀;)

もしかしてうさぎ

とにかく早く調べてこい。
もしもやらなかったら。。。わかるな???

・・・

・・・

こんにちわ!こまたろです(;゚Д゚)

ということで、管理人の経っての希望で、

人気観光地『西門町(シーメンディン)』に行ってきました!

今回はおすすめのグルメを中心にご紹介しますっ!

西門町って?行き方は?

西門町は地下鉄板南線と松山新店線の2つが通っている大きな駅です。

西門町も「日本の渋谷や原宿」として、

よく観光雑誌に取り上げられています。

台北駅の隣なので行きやすいのがポイントで、

気軽に観光できるのがいいところですね(*’▽’)

町はとっても賑やかで、休日にはたくさんの人で溢れています。

お店は飲食店、ファッション、デパートなどなど。

まさに渋谷や原宿って感じです。

西門町おすすめのグルメは?

西門町の観光の仕方は色々あると思いますが、

やっぱりグルメを堪能したい!という方も多いのではないでしょうか?

西門町といえば阿宗麺線が有名ですが、

個人的には士林の阿宗麺線のほうが落ち着いて食べれるのでおすすめ。

なので、それ以外の店で地元の人に評判のお店を周ってみました!

ガチョウロースト、ラーメン

いきなり変化球ですが(笑)

西門町にはガチョウ専門の評判が良い料理店があります。

鴨肉は馴染みありますが、ガチョウってめずらしい。

これは行くしかないです。

お店はこちら。

鴨肉扁(ヤーロゥピェン)です!

西門で40年以上続く老舗店だそうで。

はてなマン

???ガチョウなのに鴨肉なのですか??

こまたろ

あ?やっぱり思った?
どうもはじめは鴨肉を出してたらしいけど、
お客のニーズを踏まえてガチョウに変更みたいだよ。

地元人気は確かなもので、この日もほぼ満席。

ただ席数は多いので、待っていればすぐに入れるとおもいます。

お店の雰囲気はマクドナルドみたいな感じで入りやすいです♪

 

メニューですが、席には置いてありません。

席に着くと店員さんが口頭で聞いてきます。

中国語なので、何言ってるかわかりません(;^_^A

なのでメニューあるか聞きましょう。

「You have Japanese menu(日本語メニューありますか)?」とか

「menu(メニュー)?」だけでも通じると思います。

すると上記のような簡単なメニューが。

写真が載っているのでわかりやすい(*’▽’)

ただ周りを見たのですが、このメニュー以外の料理もあったので、

本当はこれだけではないのでしょうね。

でも『観光客ならコレ食ってくれ!』ということでしょう。

・・・

それにしてもサーフェスってなに???(笑)

・・・

オーダーするとあまり待たずに料理が来ました♪

まずはメインのガチョウのロースト。

こちらは一番小さいグース脚(300元)です。

食べてみると(´~`)モグモグ

うん、うまい♪

ジューシーさはそこまで無いけど、

程よい塩味で、何より柔らかくてイイ♪

そしてソースは言うなればそうめんの汁のような味。

これがガチョウにすごくあいます。

骨があるので食べ方は大変ですが、

お肉といってもサッパリしてるから、すぐに食べ終わっちゃいました。

もっと食べたかったな~。

続いてはこちらのガチョウのビーフン♪

周りを見ると、かなりの人がこれをオーダーしていました。

麺は当然細い!

スープの優しい塩味がビーフンに良く絡んでうめ~!!(”ω”)

焦がし玉ねぎが少しだけ香ばしさを演出。

アクセントになっていい感じです♪

ガチョウの肉はやっぱり柔らかくて、おいしいです。

牛タンスープに入っている牛タンみたいな感じ。

 

地元で人気というだけあって、両料理とも大満足!

両方ともペロリです(`・ω・´)

量は2人ならビーフン麺が2つとグース脚1つで、丁度良い感じかな。

行き方は?

場所は西門町駅から徒歩5~8分くらい。

6番出口から行くのが一番近いです。

西門を通る大きい道路沿いに歩けば着くことができます。

おかゆ

台湾の朝のごはんというと豆漿や鹹豆漿が有名ですが、

おかゆも現地の人に愛されているそうです。

そして地元で人気のおかゆ屋さんがこちら。國賓鹹粥です!

ローカル感がパないお店です(笑)

この時はすでにお昼時を過ぎていたのですが、

お客さんでいっぱいでした。

座席は案内されるというより、勝手に座る感じ。

またメニューはテーブルにはなく、

カウンターにメニューがあるので、勝手に取りましょう(笑)

ローカル感たっぷりのお店ですが、日本語対応メニューがあります。

助かる~!!

おかゆがおいしい店だそうですが、ほかにもたくさんの料理があるようです。

オーダーは直接メニューに頼みたい料理を記載する感じ。

ルールは特に無さそうなので、わかるように書けばオッケー。

やはりせっかくなのでおかゆをオーダーです(`・ω・´)

シーフードとサバヒー????を頼みました!

まずはシーフードから。

具は油揚げ、イカや海老、牡蠣など具沢山♪

味は、、、、うん美味♪

優しい味を想像していたのですが、

結構しっかりと塩味と魚介の味を感じられます。

特に牡蠣の出汁がすごくよく出ていてそれがすごくイイ!

魚介の臭みはまったくなく、とても食べやすいです♪

それとお粥としてはご飯の粒がしっかりしていて、

どちらかというと雑炊って感じがするな。

続いてはサバヒー粥。

そもそもサバヒーって聞き慣れない言葉なんですが、

サバヒーは主にインド洋から西太平洋の熱帯及び亜熱帯水域に広く生息している。形態的には、ニシンやイワシの仲間に比較的近い。
wikipediaより

だそうです。

食べてみると、基本はシーフードと一緒。

ただこちらのほうが塩味がちょっと強い印象。

また牡蠣の出汁は感じられないので、単純な塩味って感じかな。

正直これは飽きがきてしまう感じ。

サバヒーはサーモンに近い味わいで、

ほのか~に泥臭さはあるかも。

中国圏にありがちな白身魚料理ですね。

僕は好きなのですが、

気になる方はサバヒーは避けたほうがいいかなあ。

 

おすすめはシーフード粥。

さらさらさら~♪って食べれちゃうので、

グルメを梯子したい観光客にはうってつけかも(*’▽’)

お値段も海鮮粥(シーフード)で80元くらいですから、

お手頃です。

行き方は?

場所は西門町駅から徒歩10~13分くらい。

6番出口から行くのが一番近いです。

西門の街中を歩く感じになるので、

色々なお店を見ながら行くのがいいかもしれません。

魯肉飯

台湾と言ったら欠かせないのが魯肉飯(ルーローファン)。

西門町にもたくさんのお店があります。

一口に魯肉飯といっても、お店によって特徴があるので、

自分好みの魯肉飯を探すのも楽しいです♪

僕はトロトロのコッテリ系が好きで、

西門町にもピッタリのお店があるとの情報を聞きつけ、

早速行ってみました!

それがこちら。

三代肉焿魯肉飯!

こちら肉焿湯という料理がメインなのですが、

魯肉飯もかなりおいしいとの噂。

台湾のローカルらしい、外でサッと座ってサッと食べる感じ。

これがまたそれっぽくてイイですね♪

ちなみにこちら少し離れたところに、

空調の効いた所もあって、食べ物を持ってきてくれます。

そしてこちらが魯肉飯♪

はあ~♪うまそう♪

今回は小盛りのほうですが、大盛りだと卵が付くようです。

早速食べてみると。。。(´~`)モグモグ

まさに俺が追い求めていた魯肉飯だわ

お肉はトロトロで、味は濃いめのコッテリ系。

日本の牛丼のような味付けなので、すごく食べやすい。

お腹の具合を見て小にしたんですが、ペロリ(`・ω・´)

食い足りなかった。。。

ここはかなりおすすめです!

行き方は?

場所は西門町の繁華街の逆側にあります。

なぜかgoogle mapだと漢字が違うのですが、同じお店です。

西門町の3番出口から行くのが一番アクセスが良いです。

徒歩で5~7分くらい。

とっても近いので、是非行ってみてください。

フルーツジュース

台湾のご飯処ではお水のサービスは基本無いので、

自分で飲み物を用意して周るのが良いですが、

せっかくなので台湾ではたくさーんあるフルーツジュースがおすすめ♪

西門にもいくつかジュース屋はありますが、

こちらはどうでしょう。

士林豪大大雞排です!

はてなマン

???おや??

こまたろ

おっと、なにか気づいちゃった?

はてなマン

「士林」と「Large Fried Chiken」いう文字が書いてありますが??

そうこちら、士林夜市では有名なグルメ、「でっかいフライドチキン」のお店です。

実は最近の士林にあるでっかいフライドチキンのお店って赤なんですよねえ。


↑士林夜市の現在のフライドチキン屋

元祖って士林豪大大雞排のはずですし、

そもそも名前も変わっちゃってるので、士林のお店って実は違う店なのかな?

士林豪大大雞排も「Large Fried Chiken」と書いてあるわりには、

フライドチキン売ってません。

うーん、事業譲渡したのかなあ?

 

まあいいか!

とにかく今はジュースを販売しています。

ここの売りはバラエティに富んだジュースですが、

特に沢山の果肉入りなのがポイントです♪

こちらはマンゴーミルク。

わかりにくいかもしれませんが、

マンゴーの果肉がタップリ入ってます(”ω”)

飲む前にシェイクすることで、こんな感じに。

おもしろい♪

味ももちろんおいしい!

甘ったるくなく、マンゴーの程よい甘さとさわやかさ、

ミルクのコクが上手にあわさっています♪

そしてボリュームもすごい(笑)

お値段は少し高めですが、大満足のジュースです。

行き方は?

また場所が行きやすいところにあるのも利点。

西門町繁華街のど真ん中にあります。

西門町の6番出口から徒歩3分くらい。

是非是非飲んでみて!

フルーツ

ご飯食べた後はデザートですね!(`・ω・´)

台湾スイーツといわれるくらい種類がたくさんありますが、

せっかくなので果物を食べるのはいかかでしょう?

台湾は果物天国といわれるくらい豊富に果物があります。

季節ものも多いですが、だからこそレアな果物があれば絶対食べるべし

西門町には果物屋さんはほとんどありませんが、

繁華街にひとつ。

こちらの橘子工坊です!

ちなみに橘子はマンダリンオレンジらしい。

もうとにかくたくさんのフルーツが並んでいます♪

フルーツはカラフルなのがいいですよねえ。

プラスチックパックに2種類の果物が任意に入っていて、

1つで200元、2つで300元という売り方になっています。

またここの店主の方も親切で、

気になるスイーツの組み合わせが無かったのを伝えたところ、

その場で切ってつくってくれました。

 

さてたくさんの種類のフルーツがありますが、

ぜーったいに!ぜったいに食べたほうがいいのがコレ。

釈迦頭(しゃかとう)です。

釈迦頭とは、

英語ではsugar apple(シュガーアップル)。原産地は西インド諸島、ペルーなど中南米。樹木は多年生半落葉性の小高木で6-8mに成長する。
果肉は白いシャーベット状、クリーム状。
wikipediaより

となっており、暖かい地域で育つ果物らしいです。


↑ちなみに切る前はこんな感じ。

そしてこの釈迦頭、とてつもなくうまいです。

もう誇張ではなく僕の人生の中で一番うまいスイーツです(”ω”)

密かにその味に魅了された日本人の間でも話題になることも。

いやほんとそれくらいおいしいんですよ。

味はパイナップルとアップルを感じさせ、水分タップリ♪

感触はモモのように柔らかく、食べるとじゅわ~♪っと果汁が口いっぱいに広がるんです(”ω”)

あ~、もう書いてるだけでまた食べたくなってきた。

 

特に台湾の釈迦頭は他国に比べレベルが高いらしく、

「太麻里地区」で栽培されている、

鳳梨釋迦頭と呼ばれるスーパーハイレベル釈迦頭がとにかくうまい!

普通の釈迦頭よりも果汁も柔らかさも格別♪

もうほんとすごいです。

鳳梨釋迦頭は11月~2月が収穫時期らしく、この時期にしか食べれません。

もし台湾に行くタイミングが合えば、必ず食べてください。

これは命令です(*’▽’)

 

もしかしてうさぎ

わたしも食べたい。いますぐ食べたい。買ってきて。

こまたろ

無理ですよ~( ;∀;)
果肉が傷つきやすいため運搬に向かないらしく、
日本ではなかなか食べられないそうですから。

もしかしてうさぎ

いいから何とかして。

こまたろ

(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)

行き方は?

繁華街の中にお店があります。ジュース屋さんとしても営業しています。

徒歩で5~6分くらい。

西門町の6番出口がよいでしょう。

西門町おすすめの観光は?

西門町は台湾の風情を味わう場所というよりは、

おしゃれなお店がたくさんあるので、

正直なところ日本にもあるショップもおおいです。

ですが台湾ならではの観光地ももちろんあります。

西門紅楼

西門町といえばかならず紹介される観光地が西門紅楼。

ここは日本の台湾統治の時代に、

近藤十郎という方の設計で建設された建物だそうです。

雰囲気はまさに神戸や函館、横浜の赤レンガ倉庫という感じですね(*’▽’)

日本と同じようにお店がたくさん入っているようです。

どれどれ覗いてみましょう。

中は結構近代的でかなりおしゃれな雰囲気です♪

ローカル感はないけど、これはこれで楽しい。

台湾に行き慣れてきたら、

こういったところで面白い雑貨をお土産にするなんてのもいいかも。

ちなみに一見可愛いキャラグッズを売っているお店を発見したので、

Tシャツや小物入れ、ステッカーを購入♪

なんでも猫と魚を合体させたキャラらしい。

店員さんは日本語が堪能で、買いやすかったです(*’▽’)

藍染だそうですよ。

場所は西門駅でてすぐ。

1番出口から行くのがよいでしょう。

デパートでお買い物

台湾のお土産を安く購入するのにうってつけなのが、

地元のデパートやスーパーですよね。

でも台湾って百貨店はみるのですが、

デパートやスーパーってほとんどみないような気がします。

基本家では料理をせず、外食中心という文化だからなのかなあ?

 

なんにせよ台湾のデパートといえば「カルフール」。

西門駅だと桂林店が一番近いです。

とはいえ徒歩だと結構あるきます(笑)

15~20分くらいかかったような。

西門駅からだと1番出口を出て、

中華路一段通りを行くと迷わずいくことができます。

いや~、この時は旧正月準備もあったのかすごい人(笑)

カルフールはまさにデパートで、

食品他、家電、家具、日用品、フードコートなど色々入ってます。

ありました。

オレンジをその場で絞ってジュースにしてくれる自動販売機

日本ではみたことない(笑)

台湾パイナップルケーキのような定番お土産も、

カルフールで買うことができます。

もちろん地元のローカル食品も。

ただ日本のように単体売りというよりは、

沢山をまとめて買う、アメリカスタイルが多かったので、

量のコントロールはむずかしいです。

はてなマン

ところで、買い物するとビニール袋はもらえますか???

こまたろ

あ、ちゃんともらえました(*’▽’)

おすすめのお手洗い

変なタイトルですが(笑)

観光地でとても重要なこと。それはお手洗い。

日本のようにどこにもかしこにもトイレがあって、

しかもキレイな国って少ないです。

台湾は他国に比べると非常に多いですが、

西門町はトイレが少なめだとおもいます。

おすすめはこちらのFE2T『遠東百貨 (寶慶店)』。

百貨店のようなのですが、

地元の人?も観光客?もあんまり利用しないのか、

あんまり人がいません(経営大丈夫か?)

なのでお手洗いは比較的空いていますし、

また綺麗に清掃されているので、安心です(*’▽’)

西門の繁華街の逆側ですが、

駅から近いので行きやすいのもポイント。

もしお手洗いに困ったら利用してみてください。

西門町はどんな人におすすめ?

個人的意見としては初めての台湾の場合は、優先度は下げてよい場所かなと思います。

ローカル感が少ないので、まずは台湾らしい観光地を周るのがよいかと。

ただ飛行機まで時間があって、台北駅周りを観光したい!

台北の主な観光地はもう周った!という人は西門町は丁度良い場所♪

グルメやショッピングなど色んなことが終結していますので、

楽しいことは間違いなしです!

・・・

・・・

・・・

してはしごをドロップ?????(;゚Д゚)

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するポメ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。

関連記事

  1. カラフル小籠包で人気の台北、楽天皇朝はおいしい!?
  2. MRT搭乗レポ☆超簡単!台湾・桃園国際空港から台北駅への行き方
  3. 世界のグルメ屋台が集結!台湾MAJIMAJI集食行樂へぶらり散歩…
  4. 古跡もあるよ!台湾の老屋を利用したスターバックスが雰囲気◎
  5. 台湾人気の阜杭豆漿へ!場所や行列、待ち時間はどうなの?
  6. 台北から車で1時間のダイビングスポット、龍洞を満喫してきたよ!
  7. 台北で美味しい麺が食べたい!台湾人おすすめのお店「林文必涼麵」
  8. 九份(九分)を観光してきた!行き方、おすすめグルメは?

カテゴリー記事一覧

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ

当サイトの真の管理人。
来なくて良いのに旅には必ずついてくる。
基本的にサイトのことは副管理人に任せて自分は遊んでいる。

■副管理人

名前:こまたろ

当サイトの副管理人。
もしかしてうさぎにこき使われている。
WEBサイト運営やマーケティングなどを専門にフリーランスとして活動中。

趣味の一つが旅行♪
このサイトは、同じ目的地に旅行を考えている人に少しでも役に立てればと思い立ち上げました。

■はてなマン

名前:はてなマン

疑問に思ったときに突如として現れる。
PAGE TOP