韓国

韓国最大級のイルミネーション!ソウルクリスマスフェスティバル

こんにちは!ヒヨコです。
 
12月も下旬になり、世間はすっかり年末ムード。
 
忘年会の予定などで大忙しの方も
いらっしゃるのではないでしょうか?
 
しかし、ここ韓国ソウルでは、
お正月は旧暦でお祝いするため
年末年始の祝日は1月1日だけ
なんです(´;ω;`)
 
大晦日、そして1月2日からも普通に仕事ですから
日本のような年末気分が味わえないんですよね。。
 
しかもクリスマスも、
11月頃から何となくツリーが飾られ始め
2月頃まで飾ったまま放置ですからね。。(-_-;)
 
ツリーの数も日本に比べて少ないので
本当に寂しい年末年始なんです。
 
しかーし!
そんなソウルでもド派手なイルミネーションで
年末年始が楽しめるスポットがあるんですよ♪
 
今回は、韓国で12月の初旬ごろから年始にかけて
毎年開催されるソウルクリスマスフェスティバルについて
詳しくご紹介します!

ソウルクリスマスフェスティバルとは!?

ソウルクリスマスフェスティバルとは、
ソウルの中心を流れる清渓川沿いで
毎年開催されている(今回で4回目)
イルミネーションのお祭りです。

写真の一番左に写っている
渦巻き状の清渓広場からはじまり、
清渓川沿いが約1.2kmにわたって
イルミネーションで埋め尽くされ、
その景色は圧巻!
 
入場料が無料なのに加え、
人気観光地である明洞からも近いので、
旅行がてら立ち寄りやすいのも魅力的♪
 
2018年のソウルクリスマスフェスティバルは
12月8日~2019年1月1日
17:00~19:00で開催されています。

イベント会場(清渓広場)への行き方

地下鉄1.4号線の市庁駅4番出口を出て
そのまま真っすぐ歩きます。

5分ほど歩くと、右側に渦巻き状の
大きいオブジェが見えます。
ここが清渓広場です。

なお、地下鉄5号線の光化門駅5番出口からも
清渓広場が見えますので、
行きやすい方で行くようにしてください。

清渓広場の様子

清渓広場では、大音量でクリスマスソングが流れ
四方八方が色とりどりの電飾で覆いつくされています。

そして、写真スポットとなる巨大ツリーが
飾られており、見学に来ている人たちで
ごった返しています。

開始直後の17時に到着したときは
まだ空に明るさが残っていましたが、
17時半にもなるとあたりは真っ暗。
 
電飾の色が空の暗さで引き立てられ
イルミネーションがより綺麗に見えました♥
 
清渓広場には階段があり、その階段を下りれば
清渓川沿いに行くことができます。
 
清渓川には約1.2キロにわたって
イルミネーションが施されているため、
清渓川沿いを歩くだけで
クリスマスの電飾が十分堪能できるんですよ。

清渓川のイルミネーション

清渓川には、サンタクロースや雪だるま
クリスマスの靴下などをイメージした
数々のイルミネーションがあり、
辺り一面を明るく照らしています。

もともと清渓川は関西で例えると鴨川のような
デートスポットです。
 
このシーズンに限らず、普段から散歩をしたり
ジョギングをしたり、デートをしている人が多く、
人々に愛される河川(人工河川)なんですよ。

しかしこの年末年始にかけては
ライトアップが綺麗ということもあり、
いつもより多くの家族連れやカップルが
仲良く清渓川沿いを歩いていました。

堤防にもイルミネーションが!

ちなみに、ソウルクリスマスフェスティバルは
清渓川に電飾されたオブジェが
置かれているだけではありません!
 
川の中だけでなく、堤防にまでしっかり
イルミネーションが施されているのがポイントです♪

清渓川の中に入って写真を撮ることはできませんが、
堤防ならかなり近づいて写真を撮ることができますよね。
 
そのため、堤防にひっつきながら
堤防のイルミネーションとともに
自撮りをしている人がたくさんいましたよ( *´艸`)

綺麗な写真が撮りたい方や
大きく写真を撮りたい方は
堤防のイルミネーションを撮影するのが
オススメです!

クリスマス、お正月まで何でもあり!

ソウルクリスマスフェスティバルは、
クリスマスという名がつくものの、
年始まで開催されているイベントです。

そのため、クリスマスらしい電飾が多めですが、
中には新年をお祝いするオブジェも飾られています。

そして、サンタクロースやクリスマスツリーなど
西洋のクリスマスをイメージした電飾の中に
いきなり韓国らしい風景の電飾が現れたりと、
もう何でもあり!な雰囲気がまた楽しいんです!

単調なイルミネーションではなく、
エリアによってテーマが異なっており、
見に来る人を飽きさせない工夫がされていると
感じました♪

イルミネーション以外の楽しみ方

ソウルクリスマスフェスティバルには、
見に来る人たちを長く楽しませるための工夫が
他にもありました。
 
まず、イルミネーションの中間地点では、
清渓川青年イラスト公募展の入賞作が
展示されているスペースがありました。

清渓川をテーマとした数々の作品は、
プロ顔負けの本格的なものが多く、
観光客の方々も足を止めて、
真剣に絵画に見入っていました。
 
また、写真好きの韓国人のために、
より美しい写真を撮るための
グッズを販売する専用コーナーまで設置!

写真のような薔薇の形をしたライトに、
トナカイのカチューシャなど、
思わず手に取って写真を撮りたくなるグッズが
たくさん売られているところが
さすがといった感じでした♪

イベント会場近くの観光スポット

ソウルクリスマスフェスティバルが開催されている
清渓広場からあたりを見渡すと
ひと際大きな銅像が2体並んでいるのが見えます。
 
それが光化門広場です。
 
広場には、韓国の英雄2人の銅像が飾られており
観光スポットとして有名な場所なので、
イルミネーションを堪能した後は
ぜひ、足を運んでみましょう。
 
まず、こちらはイ・スンシンの銅像です。

イ・スンシンは豊臣秀吉が朝鮮半島を攻め込んだ
文禄・慶長の役において、
朝鮮側の将軍であった人物です。
 
日本との戦いで将軍として活躍したことから
韓国では英雄になっています。
 
次にこちらは、世宗大王の銅像です。

世宗大王は、ハングル文字をつくったとされる
朝鮮王朝の第4代目の王であり、
韓国で知らない人はいないほど有名な人物です。
 
光化門広場は清渓広場から見える場所にありますので、
クリスマスのイルミネーションを見学する際は
一緒に見学していくことをオススメします。

まとめ

今回は、年末年始にかけてソウルの中心部で開催されている
ソウルクリスマスフェスティバルの様子を
詳しくご紹介しました。
 
ソウルクリスマスフェスティバルは
清渓川をゆっくり散歩しながら
無料で綺麗なイルミネーションを見ることができる
またとないチャンスです。
 
年末年始に韓国旅行をする予定がある方は
是非、清渓川の方に足を運んでみるのは
いかがでしょか。

2015年10月に韓国人の主人と結婚し、
韓国在住歴が4年目に突入しました。
韓国独自の文化や習慣に面喰いつつも
毎日楽しく暮らしています。
主人との共通の趣味が『食べ歩き』なので
韓国の美味しいお店をたくさん紹介していきます!

関連記事

  1. タッカンマリならココ!東大門No.1「陳玉華ハルメ元祖タッカンマ…
  2. サクサクでジューシー♪本当に美味しい韓国チキンの4ブランドを紹介…
  3. オーナーが親切!サムギョプサルの雄、韓国ユクチョン食堂を堪能!
  4. いつもと違う韓国旅行の楽しみ方!峨嵯山で登山に初挑戦!
  5. 本当においしい!?韓国チーズタッカルビ「パンダッパンダッ明洞店」…
  6. パンチャンが豪華すぎて話題!韓国で行列必至の人気店【海鮮名家】
  7. 仁川国際空港からソウルへ!新幹線で行ってみました!
  8. インスタ映えするピンス特集☆次のブームは軟雲堂で決まり!

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。

旅行に役立つツール

PAGE TOP