韓国

豪華なのに予約困難!韓国で話題のロブスタービュッフェを調査

こんにちは!ヒヨコです。
 
韓国に住むと、楽しいことも多いですが
文化の違いなどで疲れることもたくさん。
 
そんな在韓日本人ヒヨコのストレス発散方法は
豪華なランチを食べながら思う存分喋ること!
 
そこで今回は、韓国人から大人気で
予約を取るのも困難だという
とあるビュッフェに行ってきました♪
 
そのビュッフェの特徴は、何とあの高級食材
ロブスターが食べ放題なことなんです!!
 
今回は、年末の贅沢として友人を誘って
韓国人から大人気のVIKING’S WHARFという
高級ビュッフェに行ってきましたので、
その様子を詳しくご紹介します♪

旅のお役立ちツール

VIKING’S WHARFとは!?

VIKING’S WHARF(バイキングスワーフ)とは、
ロブスターの食べ放題をメインとして
海産物のグリル、刺身、寿司などが堪能できる
韓国の高級ビュッフェ店です。

VIKING’S WHARFのメニュー

値段は平日も休日も変わらず、
大人1人100ドルで統一!
 
ネットで一生懸命探してみましたが、
割引チケットなどもありません。
 
そんな強気なビュッフェなのに、予約困難なことでも
有名なんです。
 
そのため、必ず事前に電話予約をしてから
訪問することをオススメします。

事前予約について

平日のランチなら予約なしで入れたという人もいますが、
基本は大人気店なので予約したほうがおすすめ。
電話予約をするか自信が無い人は、手数料がかかりますが、
グルヤクの予約代行サービスを利用すると簡単です。

VIKING’S WHARFコエックス店の行き方

地下鉄2号線の三成駅6番出口の方向に進みます。

すると、スターフィールドCOEXモール
到着します。
 
VIKING’S WHARFはCOEXモールの
コンベンションセンター(展示場)の
2階
にあります。

展示場の2階へのエスカレーターを上ると
お店への案内看板が出ているので
その方向に進みます。

お店の外観はこんな感じです。

VIKING’S WHARFの外観

目に飛び込んでくるロブスター!

VIKING’S WHARFの営業開始は11時半ですが、
10分前に到着したところ、すでに大勢の人が!
 
休日は2部構成で2時間ずつの交代ですが、
平日ランチはまるまる4時間楽しめるので、
オープン直後から閉店まで
4時間粘り続ける人が多いようです。
(もちろん私たちも…)
 
11時半の入店とともに、全員一斉に向かうのが
このロブスターのコーナー!!!

VIKING’S WHARFのロブスター

大量のロブスターが並べられており、
すごい迫力です!
 
このロブスターを、列に並んでいる人たちのお皿に
1人1匹ずつ入れてくれるんです。
 
これぞインスタ映え!な見た目に大興奮!!

フォークでスルッと身が取れるロブスターは
プリっとした歯ごたえで甘味もあり!
 
スイートチリソースにつけても美味しいですが、
レモンをかけたり、バターにつけても
美味しいんですよ!
(これもすべてロブスターコーナーにあります)

これが食べ放題だなんで豪華すぎますし、
まるで夢のようです( *´艸`)

グリルコーナーはカルビが美味しい!

来ていた人たちが一目散にかけつけたのは
ロブスターコーナーでしたが、
さすがは100ドルの高級ビュッフェ。
 
その他のコーナーももちろん充実しています。
 
まずはこちらのグリルコーナー!

VIKING’S WHARFのグリルコーナー

カルビ、アワビ、サーモンに
ハニーバターロブスターなど、
たくさんのグリルメニューの中から
好きな商品を3品まで選ぶことができます。
 
ちなみに、1回に注文できる商品が3品なので
何度も並べば全種類制覇も可能!
 
今回は、アワビ、カルビに加え、
ハニーバターロブスターを選択。

グリルコーナーのロブスターは小さめでしたが、
甘く味付けされたロブスターも
とても美味しくいただきました♥
 
しかし、何と言っても1番のオススメはカルビ!
 
お肉が柔らかく、甘さも絶妙です。
 
グリルコーナーに行ったときは、
カルビは絶対に食べるべきです!!

刺身コーナーは本当に日本風

次にお刺身コーナーに向かいます。

VIKING’S WHARFの内観

ここでは新鮮な魚介類がたくさんあり、
注文した魚で刺身盛り合わせを作るだけでなく
何とお寿司もその場で握ってもらえるんです。

私が注文したのは、サーモン、鰤、
ヒラメに生エビ♪

VIKING’S WHARFのお寿司

見た目からも伝わると思いますが、
本当に日本風で美味しかったです。
 
お寿司のシャリが小さめだったので
ビュッフェに来た身としては
その配慮も嬉しかったですね。

その他のおかずも充実

VIKING’S WHARFはその他にも、韓国料理、
パスタ、スープにお粥、ユッケに揚げ物など、
色んな食べ物がたくさんありました!

しかし、ロブスターやグリル、お寿司などで
かなりお腹が膨れますので、
このあたりのメニューまで全制覇するのは
かなり難しそうです(;^_^A
 
個人的には、ユッケが良いお肉を使っている感じで
気に入りました♪

デザートで外せないのはマンゴー!

ビュッフェが好きな人の中には、
デザートメニューを楽しみにしている方も
多いと思います。
 
VIKING’S WHARFのデザートコーナーも
もちろん充実。
 
まずは果物コーナーです!

VIKING’S WHARFの果物コーナー

ここでは、メロンなどに加え、
なんとマンゴーが食べ放題!!

VIKING’S WHARFのマンゴー

注文したその場でカットしてくれるマンゴーは
甘くてジューシーで何個でも食べられそうでした。
 
そしてケーキについては、狎鷗亭という地域の
3代ベーカリーのひとつであるNOAH BAKERYのケーキが
並べられています。
 
キャロットケーキ、チョコムース、紅茶シフォンなど
どれも本格的!!

VIKING’S WHARFのケーキ

私はチョコムース、友達は紅茶シフォンが
お気に入りでした♪
 
それだけでなく、ジェラートの種類も豊富であり、
甘党な人でも満足すること間違いなしです!

VIKING’S WHARFのジェラート

VIKING’S WHARFはドリンクもすごい!!

もちろん、豪華なのは食べ物だけではありません!
飲み物だって複数のミネラルウォーターや
炭酸飲料が飲み放題!
 
ちゃんと瓶やペットボトルをそのまま1本くれるんです。

VIKING’S WHARFの炭酸飲料

そしてコーヒーも素敵♪
 
なんと、有名なカフェチェーン店である
Paul Bassettのアメリカーノやカフェラテなどが
飲み放題なんです!!

VIKING’S WHARFのコーヒー

紅茶なんて何と何と!!
シンガポールの高級紅茶店TWGのブラックティーが
飲み放題ですから驚きです!!

VIKING’S WHARFの紅茶

VIKING’S WHARFは、お腹がいっぱいになった後も
ゆっくりドリンクを飲みながらおしゃべりできる
優雅な雰囲気が漂っていました。

まとめ

今回は、韓国人から人気の高いロブスタービュッフェ
VIKING’S WHARFを詳しくご紹介しました。
 
お店のウリであるロブスターを集中的に攻めるもよし
全メニューを少しずつ食べるもよし、
サラッと食べてデザートをゆっくり堪能するもよし
すべてが豪華なので色んな楽しみ方ができる高級ビュッフェです。
 
皆さんも韓国に来られた際は、
韓国で人気のロブスタービュッフェに
いちど足を運んでみるのはいかがでしょうか。




関連記事

  1. タッカンマリならココ!東大門No.1「陳玉華ハルメ元祖タッカンマ…
  2. 韓国で親世代から大人気の健康食!メギ鍋って一体どんな料理?
  3. パンチャンが豪華すぎて話題!韓国で行列必至の人気店【海鮮名家】
  4. 韓国の人気番組で話題!ペク・ジョンウォン絶賛のPICCOLO
  5. 辛ラーメンの10倍?韓国の超激辛!新吉洞メウンチャンポンへ(涙)…
  6. 韓国ならではの行事!トルジャンチってどんな感じ!?
  7. 本当においしい!?韓国チーズタッカルビ「パンダッパンダッ明洞店」…
  8. 35年伝統の「サメチッ」でヘルシーな豚肉料理”牡蠣ポ…
2015年10月に韓国人の主人と結婚し、
韓国在住歴が4年目に突入しました。
韓国独自の文化や習慣に面喰いつつも
毎日楽しく暮らしています。
主人との共通の趣味が『食べ歩き』なので
韓国の美味しいお店をたくさん紹介していきます!

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。

旅行に役立つツール

PAGE TOP