韓国

仁川国際空港からソウルへ!新幹線で行ってみました!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

いや~久々に韓国行きましたが、ほんと仁川国際空港って大きいですね。

さすがはハブ空港。

さてさて韓国に着て仁川国際空港だけで過ごす人ってまあいないですよね?

大体の人がソウルに向かうと思います。

仁川国際空港からソウル市内に向かう方法だと、

空港リムジンバスか空港鉄道 A’REXが主流です。

 

どっちを選ぶかは好みの問題だとは思うんですが、

僕は断然、新幹線派。

時間も比較的正確ですし、渋滞にはまる心配もありません。

それに乗り心地もバスよりも圧倒的にイイです。

ということで空港鉄道 A’REXに乗ってみます!!

旅のお役立ちツール

空港鉄道への乗り方は?

KTXの看板

仁川空港についたら、まずは上記のKTXという看板を探しましょう。

KTXとは超高速鉄道のことで、空港鉄道も属しています。

C付近を目指す

場所は大体空港の真ん中。Cを目印に向かいましょう。

目の前にエスカレータ

看板のすぐ横にはKTXへ続く地下エスカレーターが。

奥へ続くエスカレーター

エスカレーターを下ると、さらに奥へと続くエスカレーターが。

どうやら空港ゲートからはちょっとだけ遠いみたいですね。

広々とした広場

奥へ進むと広々とした建物へでます。

左手の奥へさらに進みましょう!!

こまたろ

ちなみにこの建物内あんまりお店なかったので、
飲み物とか買うなら空港ゲートで買ってね!

チケットカウンター

途中にチケットカウンターがあるんですが、

どうもここでは空港鉄道のチケットは買えないみたいです。

聞いてみたら、奥の券売機で買ってくれと。

チケットカウンターとは( ゚Д゚)????

ということで奥へすすむと・・・

てくてくてく・・・

てくてくてく・・・

・・・

券売機発見

券売機発見!!

左側と右側から奥へ進むルートがありますが、

どっちも同じなので、とにかく奥に進むと券売機が見てきます。

チケットの買い方は?

新幹線の券売機

対面の窓口は無かったので、券売機でチケットを買います。

日本語対応

とはいえそんなに難しいことはありませんでした。

仁川国際空港はとにかく日本語表記がしっかりしています。

たまに変な日本語ありますが、意味はわかりますので助かります。

というかハングル語だけだと呪文にしか見えないので絶望しますし( ;∀;)

まずは乗車券購入を押します。

目的地を選択

すると次に目的地を選ぶ画面に。

通常はソウル駅を選択することになると思います。

ちなみに明洞や東大門行きはなく、ソウル駅のみです。

人数を選択

次に人数を選択。

時刻表が表示される

すると直近の直通列車の時刻表が表示されます。

空港鉄道は途中の各駅と、一気にソウル駅へ向かう二つがありますが、

ソウル市内へ向かうなら迷わず直通列車を選択です!

空港鉄道のチケットが

乗りたい列車を選択すると、カード型のチケットがでてきます。

たったこれだけ。簡単簡単♪

日本語対応がマジでありがてえ。

こまたろ

ちなみにカードにはデポジット料金500ウォンがかかりますが、後ほどすぐに返金されます。

注意!座席番号は・・・

はてなマン

おや?カードに座席番号書いていませんが、自由席なのですか?

こまたろ

イイところに気付いたね!

そう、表も裏も座席番号らしきものが書いてないんですよね。

自由席なのかな?と思っていたのですが、、、

レシートに座席番号が

レシートに座席番号が書いてある( ゚Д゚)!!

こっち!?こっちに記載するの??

よくよく考えればこのカード再利用するので、

座席番号表記できないんでしょうね。

レシートを丸めてぽいっ!ってしてしまうそこの人!

注意してくださいね。

スイカみたいに

チケットを買ったら、後は近くにある改札口を通って、

4番ホームで(時刻によって違うかも)待ちましょう。

こちらも日本語あるので間違うことは無いとおもいます。

僕、座席に感動しました

こまたろ

しまったあああああああ!!!

もしかしてうさぎ

なんだ、どうした騒々しい。クビにするぞ。

こまたろ

座席の写真撮り忘れた。。。

いや別に座席なんかよくね?って感じなんですが、

韓国の空港鉄道の座席が、日本を含めた今までのどの国よりも快適だったんですよ。

普通、電車や新幹線の座席の背もたれって、

背筋がピンとなるように設置されていますよね?

でもこの空港鉄道は違うんですよ。

どちらかというと少し猫背になるように包みこんでいて、

しかもデフォルトで背もたれが結構倒されているんです。

つまり後ろを気にして、

『あ~、、、座席もっと倒したいけど、後ろの人に迷惑かな~』

とか考えなくていいし、

猫背気味のシート構成が寝やすさを加速させているんです。

僕電車とかで寝れないタイプなのに、グッスリ寝ちゃって。

ほんとこれ僕にとってはすごく感動なのです。

日本の新幹線の全席に導入してほしい。

あ~!この感動を伝えたかった!!

もしかしてうさぎ

うざいから次へいけ

到着したらカードを返却

カード返却機

ソウル駅についたら、改札口近くにあるカード返却機を使って、

新幹線チケットを返却します。

カードを差し込むだけでOK

余計な操作は不要で、カード差込口に入れるだけで、

500ウォンが返ってきます。

たまに何の反応もないことがあるんですが、ちゃんと待っていれば返されます。

こまたろ

カード返却機は明洞など主要駅にもあったので、見つけたら必ず利用してね!

どのくらいで到着?バスとの比較

電車は快適そのものですが、時間もすごく早いです。

ソウル駅まで約45分くらい。

車内にはトイレもありますし、Wi-Fiもつながりますから、

あっという間に到着です。

で、実際のところバスと比べてどうなの?ってことですが、

 空港鉄道リムジンバス
時間(ソウル駅)約45分約60~90分
料金9000ウォン10000~16000ウォン
時間間隔1時間に1~2本(直通)10~25分間隔

 

比較してみると運行間隔以外は正直リムジンバスのメリットってない気がします。

乗ってみると渋滞にハマることもありますし、

そもそも空港鉄道のほうが安いですし。

荷物もちゃんと置き場が設置されていますから、

僕は断然新幹線がおすすめです!

新幹線のパンフレット

関連記事

  1. パンチャンが豪華すぎて話題!韓国で行列必至の人気店【海鮮名家】
  2. 韓国ならではの行事!トルジャンチってどんな感じ!?
  3. オーナーが親切!サムギョプサルの雄、韓国ユクチョン食堂を堪能!
  4. 韓国旅行の必需品Tmoneyカード。好きなアイドル写真も作れる!…
  5. 韓国で親世代から大人気の健康食!メギ鍋って一体どんな料理?
  6. インスタ映えするピンス特集☆次のブームは軟雲堂で決まり!
  7. 35年伝統の「サメチッ」でヘルシーな豚肉料理”牡蠣ポ…
  8. 丸ごとスイカのかき氷!ソルビンのピンスを食べずに帰らないで!!

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。

旅行に役立つツール

PAGE TOP