海外旅行

マンガにしてみました!海外旅行の面白ろ、あるある、感動したこと☆1

第1話:トイレットペーパー




到着してすぐにトイレットペーパー無くならいでしょ!?

ジョグジャカルタのホテルについてチェックインし、ホテルで休憩していたときのこと。
紙を流していいんだろうかと悩み、フロントへ部屋から電話をしたのですが、
英語が得意ではないので出てくれた方と意思疎通が図れず、「部屋に行くよ」的なことを言われました。
すると満面の笑みでトイレットペーパーを2つ持ったボーイさんの姿が。
いやいや、今チェックインしたばかりでトイレットペーパーなくならないから!と爆笑してしまいました。

第2話:粋なはからい

うまく通じなかったけど♪

ハネムーンで主人とフロリダに行った時のこと。二人とも英語は中学生レベル。
主人がホットドッグを買おうと、店員さんに「ホットドックプリーズ」と言ったらなぜかコーラが(笑)
必死に「違う、ホットドックが欲しいんだ」と訴えと何とか無事買うことができました。
ところがコーラは頼んでないので置いていこうとすると「持ってけ!」と差し出してきました。
仕方ないのでお金を払おうとすると、『いらないよ!』とカッコよくジェスチャーで言ってくれたんです!
なんともアメリカ人らしい、おおらかで気さくな店員さんに楽しい旅の思い出をもらいました♪

第3話:誰かの親切がまた誰かに

1時間以上も一緒に探してくれたんです

トルコのイスタンブールに行った際に、グランドバザールで観光していたのですが、帰りにホテルに向かっているときに迷子になってしまいました。
その際にトルコ人の男性の人にどうしたの?ときかれ、ホテルの戻り方がわからなくなったというと、地図を見て一緒に探してくれました。
それでもわからないと思ったのか、一生懸命その辺にいる人にホテルについて聞いてくれて、聞くたびに5、6人は集まってきてくれてどうしたのと声をかけてくれて
なんて親切な人たちなんだろうと驚きました。
結局ホテルまでの道のりは10分少々だったはずなのに、その男性は1時間以上かけてホテルを見つけ出してくれました。
どうしてそんなに親切にしてくれるのかを聞いたら、彼は日本で働いていた事があったそうで、そのときに日本人にとてもよくしてもらったそうです。
なので困ってる日本人を見つけたら、必ず助けようといつも思っていたようで、誰かの親切がこんなところの親切として返ってくるものなんだなと感動してしまいました。

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するポメ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。

関連記事

  1. ビバノンノン温泉旅行記♪北投〜紗帽山エリアをタイプ別でご紹介!
  2. 台北101近くのエモくて美味しい蛋餅店「軟食力」で蛋餅を食べる
  3. 台湾南部にあるもう一つの故宮博物院「故宮南院」とは?
  4. 35年伝統の「サメチッ」でヘルシーな豚肉料理”牡蠣ポ…
  5. 嘉義市で一番有名な夜市、文化路夜市美味しいもの巡り

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ

当サイトの真の管理人。
来なくて良いのに旅には必ずついてくる。
基本的にサイトのことは副管理人に任せて自分は遊んでいる。

■副管理人

名前:こまたろ

当サイトの副管理人。
もしかしてうさぎにこき使われている。
WEBサイト運営やマーケティングなどを専門にフリーランスとして活動中。

趣味の一つが旅行♪
このサイトは、同じ目的地に旅行を考えている人に少しでも役に立てればと思い立ち上げました。

■はてなマン

名前:はてなマン

疑問に思ったときに突如として現れる。
PAGE TOP