香港

香港の街中はアートな空間?インスタ映え必須なグラフィティを紹介!

こんにちは!michikakuです。

今回は、香港にあるマル秘スポットを紹介します。

 

「香港ディズニーランドとかもっとメジャーな場所を教えてよ!」

気持ちはわかります。

東京ディズニーリゾートへは行ったことのある私も、香港ディズニーランドに行ったことありません。

死ぬまでには、一度訪問してみたいです。

 

ともかく、今回紹介する場所へ行ってみてください。

後悔はしません。

金融街・中環

香港の観光スポットの多くは、香港島や九龍半島に存在しています。

香港最南部の香港島の北部は、ビジネスの中心街ですね。

ロンドンやニューヨークに並ぶ金融街としても、知られています。

中環には銀行などが立ち並んでいますが、少し内地へ進むとバーや住宅街があるんですね。

日本でもビジネス街にタワーマンションが建ったりしているので、ビジネス街と住宅街の境目はなくなりつつあります。

しかし香港は狭いので、ビジネス街からちょっと歩いただけで雰囲気が変わります。

そこが、香港の魅力のひとつと言えるんじゃないでしょうか。

中環をぶらりと歩くと発見したモノ

私も中環を歩いていてたまたま発見しました。

中環というと、「ヴィクトリア・ハーバー」や「ランカイフォン」、「ヴィクトリア・ピーク」までのケーブルカーなど、

観光スポットも目白押しです。

ヒルサイド・エスカレーター」という長いエスカレーターを登っていて、何かに気づいたんですね。

「落書きが多いよなぁ。」

海外旅行で、たまたま面白いモノに出会うことはほとんどありません。

だいたい、『地球の歩き方』や『Lonely Planet』で見た場所に行くんですね。

で、観光スポットに訪問して、楽しんで終わり。

 

それも、海外旅行の楽しみ方のひとつです。

しかし、初級から中級へと、海外旅行の楽しみ方を変えてみるのもいいんじゃないでしょうか。

ガイドマップに頼らずに、面白いモノを探してみる。

きっと、新しい発見に出会うでしょう。

 

今回は、たまたま香港で遭遇したときの感動を伝えたいと思い、記事にします。

What is “Graffiti”?

ニューヨークのマンハッタンで生まれたグラフィティ


これなんだかわかりますか?落書きですね。

日本でも落書きは多いですが、凝っていますよね。

グラフィティ」ですね。

落書きなんですけど、一部のモノは美術館の絵画を見ているようです。

1970年代前半にニューヨークのマンハッタンで生まれたのが、このグラフィティです。

壁だけでなく、地下鉄の車体に描かれたグラフィティを見た方も多いでしょう。

アーティストたちが表現の場所を求めて壁に描いたのは始まりで、ストリート文化とも結びついて独特のアートを作ったわけですね。

いまではマンハッタンだけでなく、日本でも見かけるようになりました。

グラフィティのある場所

香港島中環から上環にかけて、そんなアートなグラフィティがたくさんあります。

私が見つけた限り、アートなものだけで30~40ありました。

中環付近を歩き回りましたが、この辺坂だらけなんですよ。

イメージとしては、神戸や横浜でしょうか。

海沿いがあってすぐ山がある感じですね。

グラフィティが坂の部分にあるんで、探すだけでも大変なんです。

私が見つけた以外にもたくさんあるかもしれませんが、どれもインスタ映えしそうでしたので、

私のiPhoneにはグラフィティの写真がいっぱいです(笑)

なぜ香港中環付近にグラフィティが多いのか?

非常に不思議なのは、「どうしてこんなにグラフィティが多いのか」ということですね。

実は、中環から上環にかけて、小さなアートギャラリーが多くあります。

世界中から、アーティストが香港で活動しているんですね。

アートバーゼル香港」というアジア最大級の展示会も、ここ香港で行われます。

つまり、香港在住のアーティストが中心となって、グラフィティを描いているわけですね。

でも、どうして中環や上環なのか。

ランカイフォン」という夜に遊ぶ場所があったり、高級住宅街があったりと、中環は欧米からの居住者に馴染みのあるエリアなんですね。

もともとイギリスの植民地ですから、外国人が多いのは当然なんですね。

またグラフィティには政治活動の意味合いもあります。

中環で学生がデモを行ったことを記憶している方もいるでしょう。

「中環」で自由に落書きを描くというのは、ある種の反発なわけですね。

香港のグラフィティというのは、政治やら歴史やらアートやらが融合した特殊な文化なんだな、と私は思います。

香港のグラフィティの一部を一挙公開!

ヒルサイド・エスカレーター周辺

 

中環の「グラハムストリート」近くに、「ヒルサイド・エスカレーター」というのがあります。

山に向かって、エスカレーターが走っています。

高低差150m、全長800mなんですね。

このヒルサイド・エレベーター周辺にいくつかグラフィティがあります。

なかには、子供たちが描いたと思われるグラフィティもありますね。

ランカイフォン周辺

 

ヒルサイド・エレベーターのそばには、「ランカイフォン」と呼ばれるバー街があります。

この周辺にも、グラフィティが多くあります。

グラハムストリートにも有名なグラフィティがあり、観光客がたくさん写真を撮っていました。

ハリウッドロード周辺

 

グラハムストリートを超えて、上環に向けて歩くと、至るところにグラフィティがあります。

それと同時に、アートギャラリーも点在しています。

大体ですがハリウッド・ロード公園くらいまで、ずらっとグラフィティがあります。

まだ公開されていないグラフィティが香港に眠っているかも

いかがでしたか。

中環や上環だけでなく、湾仔や銅鑼湾も歩きましたが、中環周辺にグラフィティが多いですね。

とはいえ、私が見ていないグラフィティが香港に眠っているかもしれません。

香港に訪れた際には、ぜひグラフィティを探してはいかがでしょうか。

インスタ映えしそうなグラフィティが目白押しです。

アメリカからヨーロッパ、アジアに至るまで30ヵ国以上の訪問があります。ロンドンにも住んだ経験があり、フィッシュ&チップスやイングリッシュ・ブレックファストを懐かしく思う今日この頃。現在は国内の怪しいスポットや温泉巡りが趣味です。

instagramのアカウントはこちら

関連記事

  1. 香港の竹園海鮮飯店でコース料理を食べてみた!
  2. 香港のおとなり深センにある電脳街・華強北がイマ熱い!
  3. 香港の魔境・重慶大厦でインド料理が食べられるって知ってる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ

当サイトの真の管理人。
来なくて良いのに旅には必ずついてくる。
基本的にサイトのことは副管理人に任せて自分は遊んでいる。

■副管理人

名前:こまたろ

当サイトの副管理人。
もしかしてうさぎにこき使われている。
WEBサイト運営やマーケティングなどを専門にフリーランスとして活動中。

趣味の一つが旅行♪
このサイトは、同じ目的地に旅行を考えている人に少しでも役に立てればと思い立ち上げました。

■はてなマン

名前:はてなマン

疑問に思ったときに突如として現れる。
PAGE TOP