マレーシア

ランカウイの行き方!直行便は?乗り換えの方法は?

最近マレーシアのリゾート地として注目されているのがランカウイです。

島全体が免税なのでお買い物にも最適♪

そんなランカウイは日本からどのように行けばよいのでしょうか?

ランカウイの行き方は?価格は?

ランカウイ行きは現在日本からの直行便はありません。

クアラルンプールからのトランジットになります。

クアラルンプールから約1時間でランカウイに到着します。

 

空港会社は他会社の組み合わせであればいろいろありますが、

荷物のやり取りや手間の少なさを考えると、同会社のほうがよいでしょう。

現在は、JAL、マレーシア航空が日本からランカウイまで運行しています。

価格はJALが7万円前後、マレーシア航空が6万円前後なので、

安さ重視ならマレーシア航空がおすすめです。

ただ安く手に入れるなら公式サイトより、格安航空券検索サービス経由のほうが見つかりやすいです。

最近では色々な航空券検索サービスが増えていますが、

僕はよくエアトリを使って探しています。

なおマレーシア航空の雰囲気は下記記事で紹介しています。

ランカウイへの乗り換え方法

さてランカウイで一番気になるのが乗り継ぎ方法ではないでしょうか。

日本国内ならまだしも、異国の地での乗り換えは不安が募るものです。

そこで乗り換え方法についてできる限り記載したいと思います。

今回はマレーシア航空にて成田10:30→クアラルンプール16:45→ランカウイ19:15着を利用しました。

 

飛行機が遅れても心配いらない

まずは成田からクアラルンプールへ行くわけですが、

到着時刻を1時間ほど遅れていました。

元々乗り換えの時間は1時間半あるわけですが、すでに1時間遅れなので残り30分!?

この時は結構やべえとおもいましたが、杞憂で終わりました。

ちゃんとランカウイ行きの飛行機は待っててくれます。

とはいえ、クアラルンプール空港でのんびり買い物~♪という時間はないので、

早めにトランジット手続きをしましょう。

日本語の案内板、人の波、案内の人たち

詳しい乗り換え方法に入る前に、基本的にそこまで心配する必要がないというのが個人的意見です。

というのも、クアラルンプール空港の案内板には日本語で書かれているところも結構あり、

その通りに進めばいいからです。

 

また同じくランカウイやペナンなど国内線乗り換えの人たちが必ずいますので、

その人たちについていくのもよいでしょう。

この時ランカウイはシーズンオフでしたが、それでも日本人観光客をちらほら見かけました。

 

さらに加えて現地空港の方が所々でランカウイやペナン行きの飛行機の場所を案内しています。

声と案内版を出していますので、迷うことはほぼないかと思います。

乗り換えの方法

乗り継ぎ方法1

1時間遅れでようやくクアラルンプールに到着です。

ボーディング・ブリッジを抜けていきます。

すると早速乗り継ぎカウンターという日本語の案内表示が見えてきます。

またこの時現地の空港職員が、ランカウイ、ペナンなどの搭乗窓口の案内版を出していますので、

確認してみてもよいでしょう。

 

到着した場所と国内便の乗り場は別のターミナルになるので、

ひとまずエアロトレインをめざすことになります。

 

なお手荷物は基本ランカウイまで運んでくれるはずですので、ここでは受け取りません。

こちらに関しては航空チェックイン時にしっかりと確認してください。

案内版通りに進むと、ところどころに上記のような看板を見ます。

ここから案内板のアルファベットが乱立しますが、

とにかくA&Bを目標に進めば大丈夫です。

また到着ゲートも同じ方面なので、とにかく一緒に搭乗した人たちの流れについていきましょう。

ちなみに通る道の周りはこんな感じにお店がちらほらと。

とはいえゆっくり見ている余裕はありません。。。(´;ω;`)

しばらくあるくと写真のような開けた場所に到着します。

それとこのような十字路の案内板出てきますが、これは無視してください。

奥にある、

こちらを参考に。エアロトレインの電車のマークがあります。

さらに奥へ進むとようやくエアロトレインの乗り場に到着です。

ホームがいくつかありますが、どこでも国内便乗り場に向かいますので、

人混みがあるほうにいきましょう。

とにかくゲートと書いてあるA,Bに向かえばOKです。

しばらくエアロトレインに乗っていると、見えてきました国内線の飛行機が。

ひとまずホッとします^^;

人の流れはあるとはいえ、合っているのかこの時は確証がありませんでしたからね。

さてエアロトレインを降りますが、ここが一番の注意点です。

国内線乗り継ぎとクアラルンプールへの入国者に道がわかれます。

案内版のA,Bをめざしてください。

電車の進行方向について逆向きすぐに

このような看板があるはずです。

日本語で国内線出発ゲートと書かれています。

そして奥にあるエスカレーターを下ります。

エスカレーター降りてすぐに案内版が。

その案内に沿って行くと、すぐにイミグレーションがあります。

ここでようやく入国審査です。

乗り継ぎの人はクアラルンプール入国者に比べて数は少ないですが、

それでもある程度行列になっています。

この時空港職員が『ランカウイ~?』『ペナン~?』と乗り継ぎの人を確認しています。

既に飛行機が待っている状態なので、人数を確認したかったのでしょう。

イミグレーションが終わるとすぐに案内板があります。

ここでも空港のお姉さんが、ランカウイはこっち~、ペナンはこっち~と案内していますので、

そちらに従ったほうが安心でしょう。

あとは搭乗口をめざすだけ。ようやく乗り継ぎ完了です。

ちなみにここまで結構歩きます。。。

買い物や換金する時間は?

基本的には難しいと考えたほうがよいです。

空港のお店やコンビニなどいくつかありますが、

乗り継ぎの波から外れると迷う可能性もあるので、おすすめできません。

ここで通るお店は、帰国時でも見ることができる場所になるので、

今は見る必要はないかな~と思います。

 

換金については、いくつか場所があります。

行列ができていなければ、サッとやってしまうのもありです。

ちなみに私はここで少し換金しましたが、

他と比較するとレートはそんなに良くなかったので、無理にやる必要もありません。

ランカウイ空港でも換金所があるので、急いで換金することもありません。

 

ランカウイのツアーも忘れずに

ランカウイとなると行き方だけに注目しがちですが、

電車やバスなど公共機関がそろっていない島なので、現地の移動は大変です。

またパヤ島、マングローブカヤックなど有名観光地は自力で行くのはかなりレベルが高いので、

もし行きたい観光地があるならツアーに申し込んでおくことをおすすめします。

私はVELTRAの海外オプショナルツアーサービスを使ってパヤ島ツアーに申し込みました。

自力で行くよりは高くなってしまいますけどね。。。

でも代わりに予約が保証されるので便利です。

VELTRAのランカウイツアーを探す

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

関連記事

  1. ランカウイのナイトマーケット、パダン・マシラッ(日曜)のレポ!
  2. クアラルンプールのシャングリラホテルに宿泊!朝食がすごいっ!
  3. ランカウイのファットキューピットで食事してみた!
  4. ランカウイ、カーサデルマールホテルは最高だった!
  5. ランカウイのパレードメガモールはなんだか懐かしい感じだった
  6. ランカウイ、パヤ島シュノーケリングツアーのレビュー!
  7. マレーシア航空クアラルンプール行きを体験!機内はどう?
  8. ランカウイのウォーターガーデンホーカーへ!ローカル感がすごい!

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。
PAGE TOP