マレーシア

ランカウイ、パヤ島シュノーケリングツアーのレビュー!

海のリゾートとして人気が出ているランカウイですが、

海はどちらかというと「見る」海で、あまり入るという感じではありません。

また砂の性質上、砂が舞ってしまい海は濁っているので、

シュノーケリングも適していないです。

『でも!透明の海でシュノーケリングしたい!』という方も少なくないはず。

そんな時に最適なのがパヤ島です^^

今回パヤ島のシュノーケリングツアーに参加しました!

パヤ島って?

パヤ島はマレーシアの北西部にある小さな島で、

ランカウイとペナン島の間にあります。

どちらからも高速船便船で行くことができますが、ペナン島が1時間45分程度、

ランカウイが1時間程度なので、ランカウイからのほうが行きやすい島です。

お店やホテルはなく、ダイビング、シュノーケリング専用として遊ぶ所です。

パヤ島への行き方、ツアーの参加の仕方は?

パヤ島は基本的にツアーで行くことになります。

人気の島なので現地のホテルや町中でツアーの申し込みができますが、

心配な方は日本から申し込むのが良いでしょう。

僕はよくVELTRAのサイトで、

海外ツアーの予約をしています。

日本語対応ですし、ほとんどのツアーが即日で確定

また予約変更も手数料はかかりませんので、かなり便利です。

ツアーの種類

パヤ島ツアーでは大きく分けて、

ダイビング&シュノーケリングとシュノーケリングだけにわかれます。

さらにパヤ島の砂浜に上陸して遊ぶか、

ポンツーンと呼ばれる人工の浮島を起点に遊ぶかにわかれます。

上の写真は浜辺から見たポンツーン。

特別な施設があるわけでもないので、どちらを選ぶかは好みの問題かも。

ツアーでは英語が基本ですが、日本語対応のツアーもあります。

ただし価格が倍くらい違うので、英語だけのツアーでもよいと思います。

私も英語のみのツアーでしたが、特に不自由はありませんでした。

またすべてのツアーでホテルまで、もしくは近くまでの送迎があります。

昼食も込み。

行き方

申し込みの段階でホテル名を伝えると、ロビーでの集合時間を連絡してくれます。

送迎バスに乗車して、マリンポートに向かいます。

FISHERMAN’S WHARFという場所。クアタウンの近くです。

ここから高速船が出航しています。

どのツアーに申し込んでもここ集合のようでした。

あとは指示に従って高速船に乗り込み、パヤ島に向かうだけです。

パヤ島に持っていく荷物は?

まず貴重品、特にお金は必要ありません。

買う場所もないですし、ロッカーは無いので不用心です。

一応ツアーの人がセーフティボックスという有料のボックス箱を用意してくれますが、

できるかぎり貴重品は持たないようにしましょう。

トイレ用品は?

お手洗いはありますが、トイレットペーパーはなくマレー式になるので、

気になる方はティッシュは持参したほうがよいです。

飲み物?

飲み物はお水を用意してくれるはずです。

私たちは500mlペットボトルとマレーシアのお茶が入ったタンクが用意されていました。

ただ気になる方は自分たちも少し持って行ってもよいです。

着替え、バスタオルは?

パヤ島では更衣室はありませんので、水着を着用して上から服を着るのが良いです。

また高速船の中はすごく冷えるので、上着があると便利です。

特に帰りは着替えるところも無く、体を乾かす余裕もないので、

身体が濡れていて寒くなります^^;

バスタオルは吸水性の高いものがあると便利。

ベンチがあるので、ビーチ用のバスタオルは不要です。

日焼け止めはマジで念入りに

シーズンもありますが、ランカウイって思ったよりも太陽の日差しが強くありません。

ですが、紫外線はバッチリ多いようで、日焼け止めをしていても焼けてしまいます。。。

事前に塗っておくのはもちろん、

定期的に塗りなおすために日焼け止めは持っていきましょう。

シュノーケリンググッズは?

ツアーで無料レンタルがあるので、持参しなくても大丈夫です。

フィンに関してはパヤ島は禁止なので使用できません。

マレーシアではライフジャケット着用が義務なので、浮輪も必要ありません。

船酔いする人は酔い止めも

高速船ですが結構揺れます。

船酔いが心配な方は酔い止めを忘れないようにしましょう。

ツアーに参加してみたよ!

ということでパヤ島ツアーに参加してみました!

今回はシュノーケリングのみ、浜辺上陸、英語のみのツアーに。

ポンツーンも興味惹かれましたが、やっぱり浜辺に上陸したいっしょ!ということで、

最もシンプルなツアーを選択。

1人260リンギ(約7,000円)なので、他の海外と比べると安いよな~。

まずは高速船乗り場へ!

この日はカーサデルマールホテルというパンタイチェナンビーチに宿泊。

ロビーに8時にむかえにいくよ!とのこと。

正直海外は時間にルーズなので、8時来ねえだろと思っていたら、

きっちり8時にきた。

マレーシア人をなめてすみませんでした。。。

そしてそのままマリーンポートへ。マイクロバスに乗車して1時間くらいで到着。

建物内に入るといきなりコンクリートむき出しの廃墟状態で、

大丈夫かよ?って感じだったのですが、

急におしゃれなフロアが。ここはヨットクラブなのね。

中はきれい。

たくさんのヨットがあるな~。

お金持ちがここで優雅に遊ぶのかな~。くっ~!!



テラス席があったり。

なんかプールがあったりします。

でもプールに入っている時間は無いです。

というかこれから海入るしね。

ちなみにこちらはマリンポートの360°画像です!

ここで高速船が来るまで待機。

 

1時間くらい。結構待ちました^^;

他の日本人の参加者もいたので、

ソファで無料のコーヒーを飲みながら談笑して待ちます。

高速船へ乗船

しばらく待つと、ようやく高速船到着とのこと。

ようやく乗船だ~。

途中で渡された乗船券を見せます。

ちなみに右とカードは「ツアー参加者だよ!」という証らしい。

高速船内はよくある感じ。

ここで座る席で、今後1時間の命運がきまります。

右側の座席に座るとくそ寒い・・・(´;ω;`)

座席の後方にクーラー口があって、そこからの風がすげえ寒い。

途中でみんな左側に移動してました(笑)

そしてしばらくすると・・・

見えてきたぜ!パヤ島!

早くシュノーケリングしたい~(*’ω’*)!!

島付近に着くと、高速船から小さなボートに乗り換えて上陸へ。

既にエメラルド感がハンパないっ( *´艸`)

晴れてよかった~。

パヤ島の海は素敵だった!

見てくれ!この見事なグラデーションの海をっ!!

いや~、やっぱりきれいっ( *´艸`)

口コミ通り、海のきれいさが全然ちがいます。

海の透明度も高い。

ランカウイと違って砂がサンゴ交じりで舞っていないので、

透明度が違うのだろう。

これはシュノーケリングに最適^^

ちなみに右を見ても、

左を見ても、何にもありません。

ベンチとターフがあるくらい。

砂浜も正直大きくはなく、かなり小さめ。でもそこがイイ^^

ただ11月以降の乾季シーズンだとかなり参加者が多いらしく、

カオスな状態になるらしいので、シーズンオフで良かったかも。

それなりに参加者はいましたが、ゴミゴミしてないし、

雨季といってもちゃんと晴れるのがランカウイなので問題なし。

 

砂浜以外は森のみ。

勇気があれば森林浴もいいかもしれないが、

何に喰われるかわからないのでおとなしく海で遊ぶのがおすすめ。

360°画像も。動画もおとどけ。

いや~!マジで最高(”Д”)!!

生きててよかった!!

シュノーケリングへ!

眺めているだけでも最高だけど、やっぱりシュノーケリングしにきたので、

海へレッツゴー!!

やっぱり海の中もきれい♪

サンゴ礁やロクセンスズメダイ、謎の小魚、

オーキッドリアシーフードで売られていた魚など。

泳いでいて気持ちよい^^

でも思ったより魚が少ないな~。もっとわんさかいるイメージだったのだが。。。

いたっ!(*’ω’*)

写真に収めきれませんでしたがたくさんいました。

しかも何を思ったか、私の指を餌と勘違いされたのか、

魚ちゃんに指かまれました。

頼む。痛いからやめてくれ。

そして更なる魚ちゃんを求めて、昼食のシフォンケーキで餌付け作戦を敢行。

砂浜なのにめっちゃきた(笑)

んっ・・?

あれっ・・?

今のって・・・もしかして・・・

サメっ!???(;゚Д゚)

そう、パヤ島の海にはサメがいるんです。

しかも一匹じゃない。たくさん。

でももちろん、危険なサメだったらもう私はこの世にいなく、

この記事もかけないわけで。

安全なサメちゃんです。

でもさっきの魚のように自分の手を餌と勘違いして噛まれないともかぎらないので、

近づくのはやめよ。

ということでたくさんの魚とサンゴがいっぱい♪

ランカウイ本島では中々こうはいかないので、やはりパヤ島に来た甲斐がありました!!

ランチ~♪

海を泳ぐとやっぱお腹すきますよね~。

ということでランチタイム!

申し込んだツアーは弁当が用意されていて、好きな時間に食べる感じです。

パヤ島シュノーケリングツアーのお弁当

こちらがお弁当。

シンプルですが、総じてうまかった^^

というか腹減ってるからよりうまかった。

パヤ島シュノーケリングツアーの唐揚げ

唐揚げです。少しカレー風味が。

肉はありがてえ。

パヤ島シュノーケリングツアーのウインナーとシフォンケーキ

ウインナーとシフォンケーキ。

シフォンケーキは魚の撒き餌さとして最高に役立った(笑)

味はほのかに甘くておいしいです^^

ご飯はパラパラ系。

臭みもなく、固すぎずグッド。

こちらはコンソメベースのポトフに近い感じのもの。

これとご飯が結構あいました。

お手洗いは?

こういう無人島に来ると気になるのが、トイレ事情。

パヤ島にはトイレがありますが、果たしてどんな感じなのか??

みんながいるベンチの脇に階段があるので、そちらへ。

森沿いにつくられた道を突き進むと、

少し離れたところに小屋が見えてきて、

こちらがトイレになります。

まあ海にあるトイレって感じですね。

でも想像してたよりも汚くないというか、むしろかなりキレイでした。

いわゆる汚れがついていないし、しっかりと清掃されている感じ。

ありがたい♪

ただし、ほとんどがマレー式で水を流すのは蛇口のホースから。

トイレットペーパーは無いので、自分で持参しておくのがベター。

パヤ島ツアーはどんな人におすすめ?

海でのんびーり、買い物だけしたい!ならランカウイ島で十分ですが、

シュノーケリングやダイビング、お魚ちゃんを見たい!ということであれば、

パヤ島がおすすめです。

ランカウイ島から比較的近いのと、ツアーが多いので簡単に行くことができます。

ガイドさんたちも気さくな人たちがおおいので、とてもエンジョイできます^^

日程が許すなら是非行ってみてください。

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

関連記事

  1. ランカウイのファットキューピットで食事してみた!
  2. ランカウイの行き方!直行便は?乗り換えの方法は?
  3. ランカウイのイーグルスクエアへ!ワシはなんだか可愛い♪
  4. ランカウイのウォーターガーデンホーカーへ!ローカル感がすごい!
  5. ランカウイのパレードメガモールはなんだか懐かしい感じだった
  6. 成田からマレーシア航空クアラルンプール搭乗記!食事は乗り心地は?…
  7. ランカウイのナイトマーケット、パダン・マシラッ(日曜)のレポ!
  8. ランカウイ、カーサデルマールホテルは最高だった!

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。
PAGE TOP