マレーシア

ランカウイのファットキューピットで食事してみた!

ランカウイのリゾート地で一番有名なのが、

パンタイチェナン、パンタイテンガーのビーチです。

海で満喫した後はお腹が空きますよね!

今回はパンタイテンガーにあるファットキューピットというお店をレポートします。

ファットキューピットって?

パンタイチェナンの下側エリア、

パンタイテンガーという地区にあるカフェ&レストランです。

またのラパリパリというゲストハウスも併設しています。

気になる料理はウェスタン料理など色々な料理がありますが、

マレーシア特有のニョニャ料理も有名です。

ニョニャ料理は別名プラナカン料理と呼ばれ、

マレーシアに住む中華系の料理をマレーシア伝統の家庭に伝わる香辛料や味付けでアレンジした料理で、

昔からの伝統料理です。

 

最近ではニョニャ料理も食べれるところが減ってきたそうですが、

マレーシア料理とはまた違った伝統料理を楽しむという意味で、

是非チャレンジしたい料理の一つです。

ファットキューピットの行き方、営業時間

営業時間は火曜から日曜営業で9:00~15:00、18:00~22:30となっています。

場所ですが正直かなりわかりにくい場所にあります^^;

私たちは徒歩で向かったのですが、

『本当にここでいいのか。。。??』

っていう場所にあるので、基本はタクシーがおすすめです。

また日本人が運営しているなまこ石鹸で有名なお店、

ガヤミナミが近くにあるので、帰りはなまこ石鹸を買っていくという日程も組めますよ♪

ファットキューピット行き方1

 

ファットキューピット行き方2

道の目印としてはSUNMALLと呼ばれる、お店が複数連なったモールが目安になります。

人気のTULSI GARDENやSUN CAFEを検索すればもわかりやすいかもしれません。

ファットキューピット行き方3

SUNMALLの右にあるわき道を通っていきます。

どちらかというと農道に近く、こっちでいいのか??って気分になります(笑)

ファットキューピット行き方4

脇には牛ちゃんが普通に(笑)

のどかだなあ。

ファットキューピット行き方5

3~4分あるくと目の前に白いお店が見えてくるので、

その目の前の道を右に曲がります。

ファットキューピット行き方6

ちなみに白いお店の一つが有名なガヤミナミです。

帰りになまこ石鹸を歩いていくのもアリですね^^

ファットキューピット行き方7

白いお店の脇道を歩いていきます。

この日はスコールの後だったので道はこんな感じ^^;

徒歩は失敗かも。

ファットキューピット行き方8

ひたすらまっすぐいくと、さらにモーテルの看板がありますので、

それをさらに直進します。

ファットキューピット行き方9

するとこのような三又路にでます。時間にして4~5分くらい。

ファットキューピット行き方10

左側にファットキューピットの看板が出ていますので、

その建物に向かいましょう。

ファットキューピット行き方11

ファットキューピットに到着!

白を基調としたきれいなお店です。

それにしてもすごいところにあるなあ。

ファットキューピット行き方12

正面入り口です。

トリップアドバイザーでも紹介された人気のお店です♪

ちょっとしたお土産も買えるようですね。

お店の雰囲気は開放感たっぷり♪

お店の雰囲気はとってもいい感じです♪

壁が無く開放感がたっぷりで、白を基調とているのでさらに広さを感じます。

クーラーはないのですが吹き抜ける風が涼しく、暑くありません。

静かな時間が流れていて、すごくのんびーりとした空気が流れています。

かなりイイです^^

目の前にはプールがあります。

さすがに入ることはありませんが。

横にある建屋がゲストハウス。ホテルです。

ラパリパリという名前だそうで、ランカウイの中ではリーズナブルです。

早速ニョニャ料理を試してみた!

メニューは日本語はありません。英語のみになります。

微妙にキューピットが可愛くない(笑)

まずはジュースで乾杯です!

ジンジャエール(5リンギ)、レモングラスフリージー(13リンギ)をオーダーしました。

やっぱりマレーシアはフルーツ系のジュースがおいしいです♪

程よくショウガが効いたレモングラスで、すごくさっぱりしていました。

そして今回頼んだニョニャ料理がこちら!

ビーフレンダン(BEEF RENDANG、35リンギ)と、

ナシアヤポンテイ(NASI AYAM PONTAY、25リンギ)です。

ポンテイはチキン料理になります。

両方ともお店の人におすすめを聞いて、現地料理ならこの2つがおすすめとのことでオーダーしました。

まずはビーフレンダンから。

見た目はカレーかな?という感じなのですが、

味付けは中華系に近く、八角が効いた料理。

台湾のルーローファンを食べた方ならその味に近いのですが、

日本料理ではあまり例えられない味付けです。

正直なところ好き嫌いが分かれる味かなあという印象。

私はルーローファン好きなのでおいしくいただきました。

中に入ってたビーフは柔らかく、ジャガイモのしっかり味が染みています。

あとは椎茸が入っています。

ナシアヤポンテイは見た目通りというか、カレーにかなり近い味付けです。

若干ウスターソースのような味もするのですが、

結構スパイシーでカレー感覚で食べれます。

どちらかというとこちらの料理のほうが日本人受けしそうです^^

中のチキンも柔らくておいしいですよ♪

こちらはいわゆるピクルスですね。

日本のお漬物と同じ意味かな。

ウリ、ニンジン、パプリカ、玉ねぎが入っています。

味は酸味が効いているので、箸休めに最適。

こちらは何の野菜かわからないのですが、にんにく風味の炒め物です。

アジアはとにかくこういう菜っ葉系のニンニク炒めがおいしいのですが、

こちらもやっぱりおいしい♪

食欲が刺激されて、どんどんたべれちゃいます。

ご飯はパラパラしているので、

こうしたカレー状の食べ物にはほんと良く合いますね♪

臭みもなく、癖もないのでおいしくいただけます。

 

ニョニャ料理は初めて食べましたが、

印象としては確かに中華料理がベースになっている感じです。

中華料理にインド料理を合体させたと言えばイメージしやすいでしょうか。

間違いなく日本ではあまり食べれない味付けなので、

一度は食べてみる価値アリです^^

味付けも八角などが苦手でなければおいしく食べれると思います。

お店の対応は?価格は?

お店のホスピタリティはかなり良い印象でした♪

実はこの日ラストオーダーの時間過ぎての入店だったのですが、

無理を言って食べさせてもらったのですが、気持ちよく対応いただけました。

お店の方の笑顔も素敵で、

帰りは雨が降っていたのですが『タクシー呼ぶ?』とケアいただき、

気遣いがすごくよかったです^^

メニューが日本語での対応でなく、

料理の写真もないのでイメージできないのだけ難点かもしれません。

 

価格としてはマレーシアの中では高級料理店の分類になるかと思います。

とはいえ、日本円に換算すれば料理と飲み物で1人1200円ぐらいなので、

格別高いわけではありません。

どんな人におすすめ?

海外旅行に行ったら、現地の色々な料理を食べてみたい!という人におすすめなのが、

ファットキューピットです。

ニョニャ料理はペナンやマラッカなどで食べれるところが多いそうですが、

ランカウイであればこちらが良いと思います。

お店の雰囲気もバッチリですし、料理もおいしいです。

ランカウイに行った際は訪れてみてはいかがでしょうか?

WEBマーケティングを専門にフリーランスとして活動するうさぎ?みたいなやつ。
趣味は海外旅行でローカル感があるところを好む。
中に入っている人のプロフィールはこちら

関連記事

  1. ランカウイのナイトマーケット、パダン・マシラッ(日曜)のレポ!
  2. ランカウイ、パヤ島シュノーケリングツアーのレビュー!
  3. ランカウイの行き方!直行便は?乗り換えの方法は?
  4. ランカウイのイーグルスクエアへ!ワシはなんだか可愛い♪
  5. 成田からマレーシア航空クアラルンプール搭乗記!食事は乗り心地は?…
  6. ランカウイのウォーターガーデンホーカーへ!ローカル感がすごい!
  7. ランカウイのパレードメガモールはなんだか懐かしい感じだった
  8. ランカウイ、カーサデルマールホテルは最高だった!

Twitter

HOUBOUレポーター!

サイト運営者

■隊長(管理人)

名前:もしかしてうさぎ(こまたろ)

当サイトの管理人。中に入っている人のプロフィールはこちら
趣味は旅行。主に東南アジアが多い。憎めないフォルムをしているが、基本的に偉そうにしている。

旅行に役立つツール

PAGE TOP